お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP 2021-09-17
10:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 自分と他人の声の境界は変化するか
中川優奈田中章浩東京女子大HIP2021-26
私たちは,自分の顔や声を知覚すると「自分のものである」という所有感を感じる。他人の顔を自分の顔のように感じる錯覚があるよ... [more] HIP2021-26
pp.25-30
MVE, IPSJ-CVIM
(連催)
2021-01-21
14:10
ONLINE オンライン開催 Phantact:実世界におけるプロテウス効果生起システムの提案
鹿内裕介磯山直也酒田信親清川 清奈良先端大MVE2020-30
自身の見た目を変えることで,態度や行動が変容するプロテウス効果がVR環境にて知られている.
心的障害や社会問題の解決に... [more]
MVE2020-30
pp.1-6
NC, NLP
(併催)
2021-01-22
13:55
ONLINE オンライン開催 視覚的注意が作用する脱抑制神経回路モデルの同期発火変調とその解析
我妻伸彦下村 遥東邦大)・信川 創千葉工大NC2020-39
近年、トップダウン的注意が抑制性細胞を通じて、視覚野の神経回路に作用する可能性が報告された。本研究では、2種類の抑制性細... [more] NC2020-39
pp.40-44
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 自己の身体の外から自分を見る仮想非現実体験による認知の拡張に関する研究
花島 諒大山潤爾産総研/筑波大
身体を外から見る3人称視点を利用することで、通常では把握できない全身の動作を把握することを可能にし、VRと組み合わせるこ... [more]
NC, MBE
(併催)
2020-03-04
15:45
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
脱抑制の神経回路に起因するBorder Ownership選択性細胞の発火率と同期発火の変調
下村 遥東邦大)・信川 創千葉工大)・我妻伸彦東邦大NC2019-86
物体とその位置の理解には、物体(図)と背景(地)の分離が不可欠である。この図決定の機能を担う中高次視覚野V2のBorde... [more] NC2019-86
pp.61-64
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2019-03-07
13:25
徳島 グランドエクシブ鳴門 有事のパーソナルデータIoTサービスのための合意形成の要件
北村 浩摂南大SITE2018-71 IA2018-63
あらまし クラウドサービス下のデータの管理基準は国・地域が定める法ではなく, ISO/IECの仕様や業界の規制ルールに... [more] SITE2018-71 IA2018-63
pp.67-72
HCS 2018-08-26
13:00
大阪 関西学院大学・大阪梅田キャンパス エージェントの所有欲求の表出に向けた内部モデルと行動モデルの設計
上野 楓吉田直人米澤朋子関西大HCS2018-32
本研究では,エージェントやロボットと人間がモノを扱いコミュニケーションをとる際に,所有という概念やその欲求を持たせ行動さ... [more] HCS2018-32
pp.1-6
HIP 2018-08-02
14:20
東京 東京女子大学 VR-HMDを用いた身体錯覚実験における自己所有感の検討
東井千春石口 彰お茶の水女子大HIP2018-44
私たちが当たり前に思っている「自分の身体が自分のものである」という感覚=自己(身体)所有感は、与えられる情報が操作される... [more] HIP2018-44
pp.27-29
IN 2018-01-22
13:25
愛知 愛知県産業労働センター15F 愛知県立大学サテライトキャンパス ブロックチェーン技術を用いたメディアコンテンツ管理基盤システムの提案
佐藤友哉金子晋丈慶大IN2017-75
近年,メディアコンテンツをインターネット上に流通させるため,そのコンテンツの所有権や作成者,タイトルといったメタ情報をブ... [more] IN2017-75
pp.31-36
MBE, NC
(併催)
2016-03-23
15:35
東京 玉川大学 Border Ownership計算問題の電磁気学定理による定式化とモデル化
ザエム アリフ ザイナル佐藤俊治電通大NC2015-88
我々は,「境界帰属方向Border Ownership (BO)」と「物体の遮蔽/被遮蔽に関わる重なり順序の関係」が数理... [more] NC2015-88
pp.107-112
HCS 2015-08-21
13:30
京都 立命館大学朱雀キャンパス 複数の人間の所有状態を推測するエージェントの設計
上野 楓吉田直人米澤朋子関西大HCS2015-42
本研究では,人間の視線行動やしぐさから,各自のモノの所有状態をエージェントに推測させることで,適切な第三者として人・モノ... [more] HCS2015-42
pp.7-12
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2015-05-20
12:55
沖縄 沖縄産業支援センター 身体形状認識の変形を伴う身体像拡張手法の提案
松井和輝古川正紘安藤英由樹前田太郎阪大HCS2015-29 HIP2015-29
失った身体部位の補綴としての義手ではなく,新たな身体部位として活用可能な装具を用いることで,多人数が必要とされた複雑な共... [more] HCS2015-29 HIP2015-29
pp.187-192
HCS 2013-11-09
15:40
大阪 大阪大学(豊中) ぬいぐるみロボットの身体動作によるオブジェクト所有表現の有効性
吉田直人荻野正樹米澤朋子関西大HCS2013-64
我々は日常的に,あらゆるオブジェクトを所有し使用しながら生活している.ま... [more] HCS2013-64
pp.79-83
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2013-07-19
09:35
北海道 札幌コンベンションセンター 証明可能安全なRFID所有権譲渡プロトコルの解析と改良
森山大輔NICTISEC2013-36 SITE2013-31 ICSS2013-41 EMM2013-38
RFID はワイヤレス通信により低コストで認証を行うデバイスである.バーコードの代替としての有力候補であるが,ライフサイ... [more] ISEC2013-36 SITE2013-31 ICSS2013-41 EMM2013-38
pp.255-261
DC, CPSY
(併催)
2012-08-03
10:45
鳥取 とりぎん文化会館 [招待講演]クラウドセンタのディペンダビリティと省電力化
横田治夫東工大DC2012-20
近年のクラウドの動向は、仮想化技術の導入によってコンピューテーションの資源を集中化することで、それらを効率的に運用し、コ... [more] DC2012-20
pp.19-22
MBE, NC
(併催)
2012-03-14
15:25
東京 玉川大学 図方向知覚を生起する周辺変調構造のSVMによる数理的解析
中田悠介酒井 宏筑波大NC2011-133
任意の点でBorder-Ownership(図方向)を決定することは、図地分離において重要なステップである。BO選択性を... [more] NC2011-133
pp.69-74
CQ, CS
(併催)
2011-04-22
11:15
鹿児島 屋久島環境文化村センター Mobile IPv6においてDoS攻撃を考慮した効率的なIPアドレス保持証明
豊田健太郎上口優太井上慎一郎笹瀬 巌慶大CS2011-7
近年,VoIP(Voice over IP)やストリーミングメディアの普及に伴い,ネットワークを移動してもセッションを維... [more] CS2011-7
pp.39-44
NC, MBE
(併催)
2010-03-09
16:25
東京 玉川大学 初期視覚野におけるBorder-ownership信号の確率論的解釈
細谷晴夫東大NC2009-100
 [more] NC2009-100
pp.71-76
NC, MBE
(併催)
2010-03-10
09:25
東京 玉川大学 ゴム手形状や手姿勢を変化させた場合のRubber Hand Illusionの解析
山本耕資郎福村直博豊橋技科大NC2009-117
触覚情報と視覚情報の統合による身体イメージを調べる実験として,Rubber Hand Illusion (RHI)と呼ば... [more] NC2009-117
pp.173-178
NC, MBE
(併催)
2010-03-11
14:35
東京 玉川大学 特徴に基づく注意が果たす図方向知覚変調効果
我妻伸彦理研)・沖 めぐみ酒井 宏筑波大NC2009-152
特徴に基づく注意が、図方向知覚に重要な役割を果たすborder-ownership選択性細胞の反応変調に果たす役割を検討... [more] NC2009-152
pp.379-383
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会