お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 185件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2020-04-27
13:55
ONLINE 電気通信大学 局所的非線形音響相互作用に基づく遠隔3次元スポット音場計測
中西正寛長谷川圭介奈良高明東大US2020-2
音場計測手法として主なものにマイクロフォンアレイの利用があるが,大きさを持つ有限個の素子による計測であることから,空間的... [more] US2020-2
pp.7-12
COMP 2020-03-01
16:50
東京 電気通信大学 Online Learning for A Repeated Markovian Game with 2 States
Shangtong WangShuji KijimaKyushu Univ.COMP2019-55
 [more] COMP2019-55
pp.65-68
RCC 2020-01-27
14:10
大阪 大阪市立大学文化交流センター 不平衡有向グラフ上における分散オンライン劣勾配降下法
山下誠人林 直樹畑中健志高井重昌阪大RCC2019-72
本稿では強連結な不平衡有向グラフで表される通信ネットワーク上において,目的関数が時間と共に変化し得る状況を考慮した,制約... [more] RCC2019-72
pp.13-18
SIS 2019-12-12
16:55
岡山 岡山理科大学 [フェロー記念講演]適応信号処理と画像処理,線形か非線形か
棟安実治関西大SIS2019-30
画像は局所的な性質が強いため,その性質に応じた処理が必要となる.そのため,適応処理の適用が有効と考えられるが問題点も多い... [more] SIS2019-30
p.37
AP, SANE, SAT
(併催)
2019-07-17
16:50
宮城 東北大学 線形・非線形歪みを同時補償する適応等化方式の性能評価
能田康義上橋俊介谷 重紀内田 繁有賀 博三菱電機SANE2019-23 SAT2019-10
衛星通信の大容量化に対応するため,通信帯域の広帯域化が進められている.広帯域伝送を行う際には,送受信機のアナログ特性によ... [more] SANE2019-23 SAT2019-10
pp.25-30(SANE), pp.13-18(SAT)
OCS, PN, NS
(併催)
2019-06-20
13:00
岩手 MALIOS(盛岡) PRBSを用いた信号品質評価におけるニューラルネットワーク及びボルテラフィルタの過学習の比較
生田 海大塚優太福本悠太中村守里也明大OCS2019-13
光ファイバ伝送の非線形補償に用いるボルテラフィルタ(VSTF)とニューラルネットワーク(ANN)について、PRBSを用い... [more] OCS2019-13
pp.17-20
RCS 2019-04-19
10:55
北海道 登別グランドホテル Blind Source Separation in Nonlinear Mixture: Separation and a Multi-Subspace Representation
Lu WangTomoaki OhtsukiKeio Univ.RCS2019-16
 [more] RCS2019-16
pp.73-78
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-17
10:30
東京 電気通信大学 機械認識を用いたオンライン手書き数式解答の自動採点システムの改善
梁 秀宇佐々木進亮グエン トゥアン クーン中川正樹東京農工大BioX2018-31 PRMU2018-135
 [more] BioX2018-31 PRMU2018-135
pp.13-18
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]MVDRビームフォーマの時間周波数スイッチングによる劣決定音声強調
山岡洸瑛筑波大)・小野順貴首都大東京)・牧野昭二山田武志筑波大EA2018-124 SIP2018-130 SP2018-86
本稿では,ステレオマイクロフォンから利用可能な新たな劣決定音声強調手法を提案する.我々は以前,時間周波数点毎に事前構成し... [more] EA2018-124 SIP2018-130 SP2018-86
pp.149-154
CAS, CS
(共催)
2019-03-09
15:00
神奈川 湘南工科大学 人間の外乱入力に基づくパワーアシスト装置の予測軌道の計算
藤田幸之輔森 貴彦湘南工科大CAS2018-155 CS2018-123
著者らはこれまでに人の単関節動作支援を目的に,Maciejowskiのモデル予測制御を用いて,人間の操作力を外乱入力とみ... [more] CAS2018-155 CS2018-123
pp.93-96
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-06
10:55
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク Performance Analysis for Nonlinear Separation Model with a Flexible Approximation
Lu WangTomoaki OhtsukiKeio Univ.RCS2018-292
 [more] RCS2018-292
pp.61-66
IN, NS
(併催)
2019-03-05
15:40
沖縄 沖縄コンベンションセンター IoTデバイスごとの最適なポリシールール適用方式
栗田佳織岩橋宏樹西原英臣松尾和宏NTTNS2018-292
近年,ネットワークへ接続されるIoTデバイスの多様化により,IoTデバイスごとの柔軟な通信サービスの制御が求められている... [more] NS2018-292
pp.569-574
SANE, SAT
(併催)
2019-02-13
12:40
鹿児島 JAXA種子島宇宙センター 線形・非線形歪みを同時補償するメモリ多項式に基づく適応等化方式の演算量削減効果
上橋俊介能田康義谷 重紀内田 繁岡村 敦三菱電機SAT2018-68
衛星通信の大容量化に対応するため,通信帯域の広帯域化が進められている.広帯域伝送を行う際には,送受信機のアナログ特性によ... [more] SAT2018-68
pp.63-68
CAS, ICTSSL
(共催)
2019-01-25
15:40
東京 機械振興会館 離散力学と非線形最適化の融合による分布定数力学システムに対する軌道追従制御
八住拓利甲斐健也東京理科大CAS2018-137 ICTSSL2018-56
本研究では,離散力学と非線形最適化を融合させることによって,分布定数力学システムに対して目標軌道に追従するような制御手法... [more] CAS2018-137 ICTSSL2018-56
pp.101-106
NLP, NC
(併催)
2019-01-24
11:00
北海道 北海道大学 百年記念会館 非線形方程式における問題の分類と解の数理構造
金光秀雄北海道教大NLP2018-113
非線形方程式の解法において,一般に1個あるいは複数個存在する前提で検討されることが多い.しかし,数学的にはまず零解が存在... [more] NLP2018-113
pp.91-96
COMP 2018-12-12
10:50
宮城 東北大学 Minimization of an M-convex Function under L1-distance Constraint
Akiyoshi ShiouraTokyo Inst. Tech.COMP2018-33
本論文では,L1 距離制約の下でのM凸関数最小化問題(MML1) を考える.L1 距離制約は,実行可能解と与えられた「中... [more] COMP2018-33
pp.15-20
ET 2018-11-10
15:00
東京 東京工芸大学 (中野キャンパス) e-TestingにおけるSVMを用いた逐次的筆記認証法
林 大介赤倉貴子東京理科大ET2018-61
Web上で試験を行うe-Testingにおける個人認証の多くが,試験開始時のIDとパスワードのみであるため,なりすましが... [more] ET2018-61
pp.43-46
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]多段階学習Echo State Networkによる非線形時系列予測
秋山貴則田中剛平東大IBISML2018-83
リザバーコンピューティング(RC)は,高速学習可能な脳型情報処理として,近年注目されている.RCは,様々なタスクに適用さ... [more] IBISML2018-83
pp.293-299
CAS, NLP
(共催)
2018-10-19
10:20
宮城 東北大学 非線形回路の直流動作点解析のための効率的な可変利得ホモトピー法
山村清隆島田 巧中大CAS2018-51 NLP2018-86
回路シミュレーションにおける直流動作点解析の非収束問題を理論面・実用面の両方から解決する方法として,ホモトピー法に関する... [more] CAS2018-51 NLP2018-86
pp.75-79
SIS 2018-03-09
11:50
愛知 名城大学天白キャンパス 非線形射影に基づく異なるカメラ間の色調整法の一提案
植田祥明山田和毅山口大)・田中 豪名古屋市大)・三澤秀明宇部高専)・古賀崇了徳山高専)・末竹規哲内野英治山口大SIS2017-67
一般に,同一機種のカメラであっても異なる個体であれば,撮影された画像の色再現性は異なる.近年,異なるカメラ間の色再現性を... [more] SIS2017-67
pp.57-62
 185件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会