お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AI 2016-06-27
10:40
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 筋電位センサを用いた全方向車椅子ロボットのファジィ走行制御
前田陽一郎ものつくり大)・石橋正次兵庫県立大AI2016-2
近年、障害者や高齢者を対象とした介護ロボットや福祉ロボット、デバイスやシステムの研究開発が進んでおり、老人福祉施設や障害... [more] AI2016-2
pp.7-12
CNR 2015-12-18
10:30
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎 長距離歩行能力評価のための歩行計測ロボット
萬 礼応高橋正樹慶大CNR2015-24
高齢者の転倒予防のために地域保健活動において,数メートル歩行など歩行能力評価のための歩行試験が実施されており,歩幅などの... [more] CNR2015-24
pp.49-54
MVE, ITE-HI
(連催)
2010-06-30
13:15
東京 東京大学山上会館 作業者視点映像の全方位レンジデータへの投影による遠隔協調作業支援システム
森島茂貴間下以大清川 清竹村治雄阪大MVE2010-46
本研究では,広範囲な環境で頻繁に移動を伴うような作業において,指示を出す熟練者と作業を実施する作業者が遠隔地間でインタラ... [more] MVE2010-46
pp.131-136
MVE 2008-03-23
09:45
福岡 北九州学術研究都市 産学連携センター 全方位視覚センサを用いた指先動作検出による円筒型ユーザインタフェースの提案
林 豊間下以大阪大)・小川剛史東大)・清川 清竹村治雄阪大MVE2007-88
近年,カメラなどの光学系デバイスを用いてユーザの身体動作を認識し,コンピュータへの入力に応用するジェスチャインタフェース... [more] MVE2007-88
pp.43-48
IE, ITE-BCT, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
2007-11-29
16:30
佐賀 佐賀大学 全方位カメラを用いた人物追跡
今 栄一郎小杉 信向井信彦武蔵工大IE2007-98
周囲360度の視野情報をもつ全方位カメラを用い,極座標映像のまま人物の追跡を試みた.まず影の影響を受けにくいHSV値を用... [more] IE2007-98
pp.47-52
MVE 2007-03-23
13:50
愛知 中京大学 名古屋キャンパス 遠隔ロボット操縦のための全方位映像・形状情報の複合提示手法
齋藤研作清川 清竹村治雄阪大
遠隔ロボット操縦においては,操縦者が遠隔地の環境把握に要する負担が大きいため,効率的な情報提示手法が求められる.本研究で... [more] MVE2006-80
pp.13-18
MVE 2006-09-12
15:45
北海道 北海道大学 遠隔ロボット操縦のための映像・形状情報の複合提示手法の提案と評価
齋藤研作町田貴史清川 清竹村治雄阪大
遠隔ロボット操縦において重要な遠隔地の環境把握を効率的に行うため,操縦者に対する様々な情報提示手法が提案されている.我々... [more] MVE2006-51
pp.49-54
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会