電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 91件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, MSS
(併催)
2019-03-14
13:45
福井 福井大学 文京キャンパス Duraczらの操作的意味論に基づくハイブリッドシステムの高信頼シミュレータの実装
小嶋翔太石井大輔福井大
ハイブリッドシステムの解析において, 状態の保守的近似に基づく高信頼な数値シミュレーションが役立つ.
しかし, 既存の... [more]
MSS2018-84
pp.19-22
EMT, IEE-EMT
(連催)
2018-11-16
10:25
鳥取 皆生グランドホテル天水 Plane Wave Scattering from an Axially Periodic Array of Hollow Noble Metal Circular Cylinders of Finite Length
Hongchang AnDaichi Yahata・○Akira MatsushimaKumamoto Univ.
中空の有限長貴金属円筒を軸方向に周期配列した格子による平面電磁波の散乱問題に対して有効な数値解法を与えている.インピーダ... [more] EMT2018-51
pp.59-64
EMT, IEE-EMT
(連催)
2018-11-16
13:00
鳥取 皆生グランドホテル天水 FDTD法を用いた厚い導体アイリスによる周期構造導波路の数値計算
大澤千尋柴崎年彦都立産技高専)・木下照弘東京工芸大
筆者らは,周期構造導波路を数値解析する方法として,フロケの定理に基づく FDTD 法を提案し,導体ア イリスの周期構造の... [more] EMT2018-56
pp.95-99
SANE 2018-11-09
09:30
海外 中国(許昌市) Evaluation of Aircraft Electromagnetic Field Propagation Characteristics at 4 GHz Wireless Avionics Intra-Communication Band -- Numerical Analysis Based on Airbus A320-200 model and Field Measurement Using Beechcraft B300 aircraft --
Shunichi FutatsumoriNorihiko MiyazakiENRI)・Tetsuya SekiguchiTakashi HikageToshio NojimaHokkaido Univ.
 [more] SANE2018-83
pp.137-140
EMT, IEE-EMT
(連催)
2018-05-25
10:55
東京 機械振興会館 座標変換法による表面レリーフ型回折格子の電磁波散乱解析に関する一考察
渡辺仰基福岡工大
表面レリーフ型回折格子による電磁波散乱問題の数値解析に広く用いられている手法の一つに、座標変換法がある。この手法は、回折... [more] EMT2018-1
pp.5-9
EST 2018-05-18
13:05
東京 機械振興会館 6階6-65会議室 電気双極子を用いた心電図生成モデルの構築に関する一検討
中根辰仁伊藤孝弘平田晃正名工大
近年,計算機性能の向上によって,心電現象を数値シミュレーションによって再現する研究が行われている.しかしながら,既存研究... [more] EST2018-1
pp.1-6
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2018-03-05
15:20
栃木 鬼怒川温泉ホテル DTNにおける抑制的エピデミックルーティングの提案
佐藤裕真川端奈津子山崎康広大崎博之関西学院大
DTN ルーティングを高速化・高効率化するためには、メッセージを迅速に宛先
ノードに配送するとともに、配送が完了したメ... [more]
SITE2017-69 IA2017-80
pp.127-132
MBE, NC
(併催)
2017-12-16
11:20
愛知 名古屋大学 背景揺れを伴う立体映像視認時における体平衡系の数値解析
天野 直高田宗樹福井大)・木下史也富山県立大)・條野雄介福井大
立体映像を視聴する機会の増加に伴い、動揺病症状の誘発例が報告されている。我々はこれまでに、球体(視標)が遠位と近位を準周... [more] MBE2017-57
pp.25-28
EE, WPT
(併催)
2017-10-17
13:35
宮城 東北大学 ハイブリッドMoM-FDTD法を用いた無線電力伝送システムと人体との相互結合の数値解析
下山 賢東京農工大)・チャカロタイ ジェドヴィスノプ和氣加奈子渡辺聡一NICT)・有馬卓司宇野 亨東京農工大
本研究では, モーメント法と時間領域有限差分法の混合手法を用いて, 6 -- 8MHzおよび 9 -- 11 MHzで動... [more] WPT2017-41
pp.29-34
EA, US
(併催)
2017-01-25
10:30
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 [ポスター講演]反転位相素子構成による超音波スピーカの放射方位制御
笹川陽祐土屋健伸遠藤信行神奈川大)・松本さゆり片倉景義港湾空港技研
超音波を利用することで音波を直線状に放射することができる超音波スピーカは,その設置後に放射音場の位置を調整することが困難... [more] US2016-72
pp.1-4
EMT, IEE-EMT
(連催)
2016-11-19
10:20
和歌山 白浜古賀の井リゾート&スパ(南紀白浜) グラフェン平板無限格子によるテラヘルツ平面波散乱の数値解析
松島 章平川貴啓南田 健熊本大
 [more] EMT2016-67
pp.187-190
LQE, OPE, OCS
(共催)
2016-10-27
16:00
宮崎 宮崎市民プラザ(宮崎) Numerical Examination of Nonlinearity in the Core of Square Lattice Photonic Crystal Fiber
Ibrahima Djenabou BarryMitsuhiro YokotaUniv. of Miyazaki
(事前公開アブストラクト) As light travels in the core of a square latti... [more] OCS2016-43 OPE2016-84 LQE2016-59
pp.49-53
OPE, MW, EMT, MWP, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2016-07-21
13:30
北海道 網走 オホーツク・文化交流センター(エコーセンター2000) 解剖学的人体モデルデータを用いる高性能full-wave電磁界解析
武居 周宮崎大
本研究は,解剖学的人体モデルデータを用いる,並列有限要素法に基づくfull-wave電磁界解析手法に関するものである.本... [more] EMT2016-18 MW2016-49 OPE2016-30 EST2016-19 MWP2016-20
pp.71-75
OPE, MW, EMT, MWP, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2016-07-22
13:20
北海道 網走 オホーツク・文化交流センター(エコーセンター2000) 屋内外シームレス電波環境解析のためのUAV-SfMによるFDTD実環境マルチスケール数値モデル構築
園田 潤今野海航仙台高専)・橋本瑞樹金澤 靖豊橋技科大)・佐藤源之東北大
FDTD法などによる数値解析では,解析のための数値モデルが必要であり,CADモデルが存在しない場合には対象の位置や大きさ... [more] EMT2016-38 MW2016-69 OPE2016-50 EST2016-39 MWP2016-40
pp.175-180
EA 2016-05-20
13:30
千葉 千葉工業大学 津田沼キャンパス 有限要素法に基づく高性能音響解析手法の基礎検討
山本広太宮崎大)・工藤彰洋苫小牧高専)・武居 周宮崎大
現在, 一般に普及しているヘッドホンやイヤホンは多種多様である. しかし, これらの多くは設計基準が確立されていないため... [more] EA2016-2
pp.13-17
US 2016-02-29
10:30
東京 東京大学生産技術研究所 パラメトリックスピーカにおける両耳間強度差及び時間差 ~ 剛体球による人の頭部のモデル化 ~
田口光輔野村英之鎌倉友男電通大
本研究では,パラメトリックスピーカによる両耳間音場形成を調査するために,人の頭部を円柱体および球体にモデル化し,パラメト... [more] US2015-108
pp.1-6
EMT, IEE-EMT
(連催)
2015-10-30
10:00
宮崎 ANAホリデイ・イン宮崎 半陰的FDTD法を利用した長距離電磁波伝搬の高精度解析
藤田和広富士通
時間領域有限差分法(FDTD法)は電磁波の時間領域解析に広く使われている.近年,標準的なFDTD法に対して構造解析などで... [more] EMT2015-76
pp.185-190
EMT, IEE-EMT
(連催)
2015-10-30
13:25
宮崎 ANAホリデイ・イン宮崎 FDTD法を用いた厚い誘導性アイリスの数値計算 ~ 変形留数計算法との比較 ~
新井翔太柴崎年彦都立産技高専)・木下照弘東京工芸大
筆者らは,周期構造導波路を数値解析する方法として,フロケの定理に基づくFDTD法を示した.そして,一般的なFDTD法で有... [more] EMT2015-79
pp.211-216
EMT, MW, OPE, MWP, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2015-07-16
10:10
北海道 釧路市生涯学習センター 深度センサで構築したFDTD数値モデルの誤差が電磁界解析に及ぼす影響の定量評価
園田 潤今野海航仙台高専)・金澤 靖豊橋技科大)・佐藤源之東北大
FDTD法などによる数値解析では,解析のための数値モデルが必要であり,CADモデルが存在しない場合には対象の位置や大きさ... [more] EMT2015-21 MW2015-59 OPE2015-33 EST2015-25 MWP2015-24
pp.71-75
IBISML 2015-03-05
16:45
京都 京都大学 標本マハラノビス距離における数値誤差の影響
小林靖之帝京大
標本共分散行列Sの標本マハラノビス距離T^2=y^' S^(-1) yにおける数値誤差が抑制できる詳細条件が次の2条件で... [more] IBISML2014-90
pp.39-46
 91件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会