お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 133件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MWP 2021-05-26
17:25
ONLINE オンライン開催 光Two-tone信号を用いた光検出器の周波数特性測定と広帯域信号に対する非線形性評価
前田勇太馬庭野花瀬戸祐樹河端凌雅早大)・稲垣恵三NICT)・川西哲也早大MWP2021-7
現在、1 GHzを超える帯域幅を持つ無線システムの開発が進んでおり、これらのシステムにおいてはミリ波などの高い搬送波が用... [more] MWP2021-7
pp.29-33
PN 2021-03-01
16:15
ONLINE オンライン開催 [招待講演]ブリルアン散乱に基づく分布型光ファイバセンサの高性能化
水野洋輔横浜国大)・野田康平東工大/横浜国大)・李 ひよん芝浦工大)・中村健太郎東工大PN2020-47
光ファイバに沿った任意の位置で歪や温度を測定できるセンサを「分布型光ファイバセンサ」と呼ぶ。ビルの内壁やトンネル、ダム、... [more] PN2020-47
pp.30-37
OCS, CS
(併催)
2021-01-14
13:30
ONLINE オンライン開催 非線形光ループミラーを用いた全光PAM4/16QAM変換信号のスペクトル利用効率および伝送特性
末吉 旭松本悠汰三科 健久野大介丸田章博阪大OCS2020-27
変調フォーマットの異なるネットワークを低遅延で効率良く接続するための技術として,様々な全光変調フォーマット変換が提案され... [more] OCS2020-27
pp.1-6
OFT 2021-01-14
15:35
ONLINE オンライン開催 非線形光学効果を利用して発生させたルートナイキストパルスとその評価
大澤治朗横井友哉三好悠司久保田寛和阪府大OFT2020-49
光ファイバ通信の大容量化を実現する手法の一つとして,ナイキスト光時分割多重(N-OTDM)が期待されている.この伝送方式... [more] OFT2020-49
pp.23-27
OFT 2020-10-09
10:05
ONLINE オンライン開催 Conjugated Radio-over-fiberシステムにより得られる光ファイバ非線形耐力に関する検討
坂本高秀都立大OFT2020-27
Conjugated Radio-over-Fiber (C-RoF)システムは,光ファイバ内での非線形歪み補償に効果的... [more] OFT2020-27
pp.74-77
CS, OCS
(併催)
2020-01-16
15:20
大分 別府豊泉荘(大分) [特別招待講演]機械学習の光ファイバ通信への応用 ~ 非線形歪み補償と非線形伝送技術を中心に ~
三科 健久野大介丸田章博阪大CS2019-91
光通信システムの分野においても機械学習を応用した技術革新が大いに期待されている.機械学習の応用例は,非線形歪み補償,パフ... [more] CS2019-91
pp.17-22
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2019-08-30
09:55
北海道 道東経済センタービル 時間領域と周波数領域ニューラルネットワークを用いた自己位相変調補償の計算量比較
京野 大中村守里也明大OCS2019-26
自己位相変調(SPM)と分散とによる光波形の歪みの補償を時間領域と周波数領域のニューラルネットワークを用いて行った場合の... [more] OCS2019-26
pp.35-38
OCS, PN, NS
(併催)
2019-06-20
10:35
岩手 MALIOS(盛岡) 非線形ファイバループミラーを用いたフルCバンドサブピコ秒光スイッチ
平田綾也廣岡俊彦吉田真人中沢正隆東北大OCS2019-10
高速な光スイッチは,超高速光通信から光信号処理及びネットワークに至るまで幅広く用いられている.特にファイバ型全光スイッチ... [more] OCS2019-10
pp.1-4
OFT 2019-05-16
14:00
大阪 I-siteなんば [ポスター講演]非線形光学効果を利用したナイキストパルスの発生方法
横井友哉三好悠司大橋正治久保田寛和阪府大OFT2019-9
近年のインターネットトラフィックの増加に対応した大容量伝送を実現するために,ナイキスト光時分割多重(N-OTDM)伝送が... [more] OFT2019-9
pp.37-40
PN, EMT, OPE, EST, MWP, LQE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2019-01-17
15:30
大阪 大阪大学中之島センター 光ファイバ中の誘導の誘導ブリルアン散乱を用いた光パルス圧縮
木曽一志松本正行和歌山大PN2018-51 EMT2018-85 OPE2018-160 LQE2018-170 EST2018-98 MWP2018-69
主として液体中の誘導ブリルアン散乱を用いることによって、サブナノ秒の高エネルギーパルス圧縮が可能であることが示されてきた... [more] PN2018-51 EMT2018-85 OPE2018-160 LQE2018-170 EST2018-98 MWP2018-69
pp.119-122
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2018-11-08
11:30
岡山 倉敷市芸文館 ファイバ非線形伝搬の確率モデルとDP-16QAM光信号に対する非線形補償への応用
袁 帥五十嵐浩司阪大OCS2018-53
本研究では,非線形光ファイバ伝送の確率的特性を議論し,その確率モデルに基づく最大事後確率(maximum a poste... [more] OCS2018-53
pp.7-12
OPE, LQE, OCS
(共催)
2018-10-18
16:00
佐賀 佐賀県教育会館 第1会議室 [招待講演]励起光と信号光の偏波直交配置を用いた広帯域WDM信号の光周波数シフト
加藤智行渡辺茂樹谷村崇仁富士通研)・Robert ElschnerCarsten Schmidt-LanghorstColja SchubertHHI)・星田剛司富士通研OCS2018-37 OPE2018-73 LQE2018-62
広帯域なWDM信号のスペクトル再配置を実現するため,信号光に対して直交偏波とした二つのCW励起光と非線形ファイバを用いた... [more] OCS2018-37 OPE2018-73 LQE2018-62
pp.51-54
OFT 2018-10-11
14:00
宮城 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) [ポスター講演]パルス圧縮を適用したOOK信号に高非線形ファイバにおける相互位相変調を用いたOTDM-to-WDM変換
池畑 徹横田 嶺來住直人電通大OFT2018-30
全光信号処理によるOTDM-to-WDM変換実現のため,相互位相変調を利用した信号変換について検討し,相互位相変調に利用... [more] OFT2018-30
pp.85-88
OFT 2018-10-11
14:00
宮城 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) [ポスター講演]高非線形ファイバを用いたパルス圧縮及びNRZ-to-RZ波形変換の一括信号処理動作
寺師一輝横田 嶺來住直人電通大OFT2018-31
WDMからOTDMへの多重化方式変換を行う際に必要となるNRZ波形からRZ波形への変換と多重度を高めて多くの情報を伝達で... [more] OFT2018-31
pp.89-92
NS, OCS, PN
(併催)
2018-06-15
10:00
福島 郡山商工会議所 光固有値多重による超多値変調信号の生成
丸田章博瑞木崇人阪大OCS2018-15
光ファイバの非線形性に起因する波形ひずみの影響を受けない光固有値変調方式において,N 個の固有値を持つ固有値多重信号を用... [more] OCS2018-15
pp.25-30
CS, OCS
(併催)
2018-01-29
16:25
愛媛 愛媛大学 総合情報メディアセンター [特別招待講演]光ファイバ伝送における非線形シャノン限界
丸田章博阪大CS2017-81 OCS2017-71
非線形光学効果を考慮した光ファイバ伝送システムの通信路容量を与える「非線形シャノン限界」
について, Mecozziら... [more]
CS2017-81 OCS2017-71
pp.13-18(CS), pp.25-30(OCS)
OCS, OPE, LQE
(共催)
2017-10-26
14:45
熊本 桜の馬場城彩苑(熊本) [招待講演]実用に向け開発したファイバ型光パラメトリック増幅技術
高坂繁弘古河電工OCS2017-44 OPE2017-76 LQE2017-49
ファイバ型光パラメトリック増幅器の動作原理を直感的に説明する。そして、実用に向けて開発した、疑似位相整合技術、分散安定化... [more] OCS2017-44 OPE2017-76 LQE2017-49
pp.43-48
OCS, OPE, LQE
(共催)
2017-10-27
10:20
熊本 桜の馬場城彩苑(熊本) 位相共役ツイン波による光QAM伝送と偏波多重光APSK伝送の等価性に関する一検討
中尾俊貴カーリヤワサム インディパーラゲー アミラ サムパット前田譲治東京理科大OCS2017-49 OPE2017-81 LQE2017-54
ファイバ非線形効果による光ファイバ通信の伝送制限を克服する手段の一つに, 位相共役ツイン波を用いた歪み補償が提案されてい... [more] OCS2017-49 OPE2017-81 LQE2017-54
pp.67-71
PN, NS, OCS
(併催)
2017-06-15
15:55
秋田 秋田大学 [招待講演]非線形フーリエ変換とその光ファイバ通信への応用
丸田章博阪大PN2017-9
分散性および非線形性を示すファイバ中を伝搬する光波の複素包絡線振幅の振る舞いは非線形シュレディンガー方程式(NLSE) ... [more] PN2017-9
pp.19-26
OCS, OPE
(共催)
2017-05-12
16:20
東京 機械振興会館 [特別招待講演]偏波スイッチ周波数変換を用いた連続的に可変な光周波数シフトの実証実験
加藤智行渡辺茂樹谷村崇仁富士通研)・Thomas RichterRobert ElschnerCarsten Schmidt-LanghorstColja SchubertHHI)・星田剛司富士通研OCS2017-8 OPE2017-8
伝送中の光信号の搬送波周波数をシフトすることで光信号の波長衝突を回避するための光周波数シフタとして,元の光信号とオーバー... [more] OCS2017-8 OPE2017-8
p.29
 133件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会