お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMT, EST, LQE, MWP, OPE, PN
(共催)
PEM, IEE-EMT
(連催) [詳細]
2018-01-26
10:55
兵庫 姫路西はりま地場産業センター 2次収束性を有する半陰的Conformal FDTDスキームの検討
藤田和広富士通PN2017-86 EMT2017-123 OPE2017-164 LQE2017-146 EST2017-122 MWP2017-99
本稿では,誘電体と完全導体を両方含む電磁構造の解析における階段近似誤差を低減するため,磁界の陰的時間更新に基づく半陰的F... [more] PN2017-86 EMT2017-123 OPE2017-164 LQE2017-146 EST2017-122 MWP2017-99
pp.281-286
EMT, IEE-EMT
(連催)
2017-11-10
10:00
山形 山形県天童温泉天童ホテル 半陰的FDTD法を用いた静電気放電により発生する過渡電磁界の数値シミュレーション
藤田和広富士通EMT2017-56
近年の電子機器の開発では,数値シミュレーションにより設計段階において静電気放電(ESD)ノイズ耐性を評価し,ESDノイズ... [more] EMT2017-56
pp.103-108
EMT, IEE-EMT
(連催)
2017-06-02
10:00
東京 日本大学理工学部駿河台キャンパス 有限積分法に基づく半陰的FDTDスキームの統一的な定式化について
藤田和広富士通EMT2017-1
本稿では,Newmark-Beta法に基づく半陰的FDTDスキームの定式化を有限積分法(FIT)の概念を用いて再検討する... [more] EMT2017-1
pp.1-4
OPE, EST, LQE, EMT, PN, MWP
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2017-01-18
10:00
三重 伊勢市観光文化会館 Newmark-Beta法に基づく半陰的FDTDスキームを用いた薄型構造に誘起する擬似表面プラズモンの解析
藤田和広富士通PN2016-52 EMT2016-81 OPE2016-127 LQE2016-116 EST2016-91 MWP2016-65
擬似表面プラズモン(SSP)は,サブ波長程度の構造化された導体表面によって制御でき,通常の(光学領域の)表面プラズモンを... [more] PN2016-52 EMT2016-81 OPE2016-127 LQE2016-116 EST2016-91 MWP2016-65
pp.63-68
EMT, IEE-EMT
(連催)
2015-10-30
10:00
宮崎 ANAホリデイ・イン宮崎 半陰的FDTD法を利用した長距離電磁波伝搬の高精度解析
藤田和広富士通EMT2015-76
時間領域有限差分法(FDTD法)は電磁波の時間領域解析に広く使われている.近年,標準的なFDTD法に対して構造解析などで... [more] EMT2015-76
pp.185-190
EST 2015-05-15
15:30
東京 法政大学 小金井キャンパス 磁界の陰的時間更新に基づく半陰的conformal FDTDスキームの基礎検討
藤田和広富士通EST2015-9
本稿では,曲面形状を有するモデルを高精度かつ効率的に解析するため,磁界の陰的時間更新を有する半陰的FDTD法に基づくCo... [more] EST2015-9
pp.45-50
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会