電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 247件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA 2019-11-29
11:30
青森 津軽伝承工芸館 路線バスを活用した広域センシングシステムの開発と評価
木村友哉山本 寛立命館大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]ネットワーク運用管理における時系列データ予測による異常予兆検知手法
正木健太阿多信吾阪市大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RISING
(第二種研究会)
2019-11-27
13:55
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]GPS位置情報誤差が通信性能に与える影響調査
牧 佑河毛利未来斗塚本和也九工大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SR 2019-11-04
11:00
海外 Rutgers University, NJ, USA [ポスター講演]5G高度化無線アクセス方式の実現方式に関する研究
藤井義巳津田顕祐家 哲也構造計画研
5G高度化無線アクセス方式は主としてミリ波により形成されるナノエリアにおいて、異なる通信品質要求を持つ1,000を超える... [more] SR2019-69
p.17
MRIS, ITE-MMS, IEE-MAG
(連催)
2019-10-18
09:00
福岡 九州大学 (西新プラザ) [招待講演]強磁性ナノ構造における異常ネルンスト効果 ~ 物性と熱電変換への応用 ~
水口将輝東北大
単結晶$gamma$’型Fe_4N薄膜を作製しその物性を調査した結果、異常ホール効果には異方性が見られないのに対し、異常... [more] MRIS2019-28
pp.79-81
CQ
(第二種研究会)
2019-09-04
15:00
東京 大学セミナーハウス [ポスター講演]自律移動Access Point最適配置のためのQoE関数の推定
林 佑紀早大)・矢守恭子朝日大)・田中良明早大
無線LANは広く普及したが,その結果,通信品質を満たすのは難しく,多くの課題がある.無線LANでは物理層においてマルチレ... [more]
CNR 2019-08-28
11:00
北海道 札幌市資料館 人形遊戯におけるオノマトペと動作の相互想起
高橋拓也・○角 康之公立はこだて未来大
オノマトペは動作の様子や程度を表現するのに優れている言語である.言語表現である以上,同じオノマトペ表現に対して多くの人が... [more] CNR2019-13
pp.7-12
RCS, SAT
(併催)
2019-08-22
09:00
愛知 名古屋大学 下り回線MIMO-NOMAにおけるマルチユーザ検出に基づく信号検出
大川貴之張 裕淵府川和彦東工大
次世代移動通信では,増大するトラフィックに対応するため,MIMOと非直交多元接続(NOMA)を組み合わせたMIMO-NO... [more] RCS2019-146
pp.1-6
RCS, SAT
(併催)
2019-08-22
09:25
愛知 名古屋大学 大規模SCMAシステムにおけるCRCによる特性改善に関する一検討
李 仁杰西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎北大
SCMAはデバイス間通信のための非直交多元接続手法として注目を浴びている.一般に,NOMA信号検出はユーザ数が増えるにつ... [more] RCS2019-147
pp.7-12
CCS, IN
(併催)
2019-08-02
09:00
北海道 KIKI 知床 ナチュラルリゾート [招待講演]AI技術適用によるネットワーク運用管理の効率化
山下真司富士通研
ネットワーク運用管理の効率化に向けてAI技術の適用検討・社内実践を行った結果について報告する.具体的には,いつもと異なる... [more] IN2019-18
pp.21-23
TL 2019-07-14
11:30
東京 早稲田大学 8号館3階303/304/305会議室 シロガネーゼ対おおたかジェンヌ ~ カタカナ形態素おそるべし ~
原田康也早大
外来語の活用は本来的には言語の語彙を豊かにし、その表現力を高める可能性があるが、近年の日本語におけるカタカナ語の使用は乱... [more] TL2019-1
pp.1-6
RCS 2019-06-19
16:15
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル NOMAを用いるUAVリレー通信に適した通信プロトコルの検討
川上純平ルンバントルアン ヘンドリック安達宏一電通大
近年,無線通信機能を搭載した無人航空機(UAV: Unmanned Aerial Vehicle)の研究が盛んに行われて... [more] RCS2019-59
pp.131-136
IPSJ-MPS, IPSJ-BIO
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2019-06-17
14:15
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 敵対的外乱とTriple GANsとの組み合わせによる識別的異常検知
八谷大岳和歌山大
 [more] IBISML2019-4
pp.21-26
MWP 2019-05-22
15:40
東京 機械振興会館 重畳変調を用いたディジタルRadio on Radio伝送における送信電力の最適化に関する検討
藤本大輝熊本和夫塚本勝俊阪工大
次世代移動体通信のフロントホールは高速化に対応するために光ファイバリンクで構成されており,ファイバ障害への対策が必要とな... [more] MWP2019-3
pp.11-14
EMCJ, MICT
(併催)
2019-03-15
15:25
東京 機械振興会館 拡散型分子通信における最尤復調方式に関する一検討
長谷川翔馬安在大祐王 建青名工大
分子通信とはタンパク質などの生体分子を用いて情報を伝達する通信技術である.分子通信はその生体親和性により,バイオナノマシ... [more] MICT2018-71
pp.17-21
NLP, MSS
(併催)
2019-03-14
16:35
福井 福井大学 文京キャンパス デジタル制御入出力信号の非定常検出方式の検証
柴田昌彦中原大貴三井 聡三菱電機
生産現場でのトラブル発生時には、原因を迅速に突き止めることが求められる。著者らはこれまで、制御入出力信号の正常なパターン... [more] MSS2018-90
pp.51-55
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
16:40
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [招待講演]コンペティション参加のすゝめ ~ DCASE 2018 Challenge音響シーン識別タスクへの日立の参加を振り返って ~
川口洋平田邊 亮遠藤 隆二階堂悠貴市毛健志Phong Nguyen浜田宏一日立
日立は,音響シーン識別/イベント検出のコンペティションであるDCASE 2018 ChallengeのTask 5 (複... [more]
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-06
09:25
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク NOMAとOMAを同時に活用したユーザ要求に基づく無線リソース割り当て法に関する一検討
末永大明菅沼碩文前原文明早大
2020年以降の実現を目指す第5世代移動通信システム(5G)では,飛躍的な大容量化が求められており,その一アプローチとし... [more] RCS2018-283
pp.7-11
SIS 2019-03-06
14:30
東京 東京理科大学葛飾キャンパス 補色で再構成するAutoencoder
鈴木章央田向 権九工大
入力画像を補色で再構成するように,Autoencoder(AE)を学習させる.また,このAEを用いて異常検知を行う.正常... [more] SIS2018-41
pp.23-28
IN, NS
(併催)
2019-03-05
11:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター 機械学習を用いたDNSクエリ/応答のログ解析による悪性端末検出手法の提案
仲宗根一成北口善明山岡克式東工大
ネットワーク内のマルウェア感染端末検出には,ブラックリストに基づくシグニチャ型の検出手法が一般的である.しかしマルウェア... [more] IN2018-129
pp.271-276
 247件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会