お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 45件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MIKA
(第三種研究会)
2021-10-29
10:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]NLOS環境における波源推定のための単一UAV移動方法の検討
村田真一松田崇弘都立大)・西森健太郎新潟大
著者らはこれまで,NLOS(Non-Line-of-Sight) 環境における複数の無人飛行機(UAV:Unmanned... [more]
AP, SANE, SAT
(併催)
2021-07-29
09:50
ONLINE オンライン開催 IR-UWBを用いた衛星内ワイヤレス通信実証機器の開発
粟野穰太緒方拓斗谷島正信JAXASANE2021-21
衛星内リソース, 衛星内データ伝送システムの軌道上再構成を目的として衛星内ワイヤレス通信機器の開発を進めている.本講演で... [more] SANE2021-21
pp.36-40
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-04
09:00
ONLINE オンライン開催 スマートファクトリにおけるサイドリンクを適用したNLoS環境からLoS環境への変換に関する一検討
久保田章弘三瓶政一高橋拓海阪大RCS2020-221
近年,IoT (Internet of Things) 技術の発展により,工場内のあらゆる機器がネットワークに繋がり,機... [more] RCS2020-221
pp.88-93
SeMI 2021-01-21
13:00
ONLINE オンライン開催 機械学習による高精度NLOS判別手法を用いたUWB屋内位置推定手法の検討
石田圭吾岡本英二名工大)・李 還幇NICTSeMI2020-50
工場等の自動化に伴い,高精度な屋内位置情報に対する需要が高まっている.我々はUWB(Ultra-Wideband)の高い... [more] SeMI2020-50
pp.39-44
AP 2020-04-24
10:20
三重 神宮会館(伊勢)
(開催中止,技報発行あり)
メタ・サーフェス反射板によるL字型廊下見通し外環境の受信電力の改善
芳野真弓杉村独歩工藤友章小林敏幸日本電業工作)・松野宏己伊藤智史KDDI総合研究所AP2020-5
次世代移動通信システムでは高周波数帯を利用するため,見通し外(NLoS:Non Line of Sight)環境における... [more] AP2020-5
pp.23-26
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-23
14:45
広島 広島市青少年センター 屋内位置推定における機械学習を用いた推定位置分布解析に基づくNLOSセンサ除去法
石田圭吾岡本英二名工大)・李 還幇NICTIT2019-56 SIP2019-69 RCS2019-286
屋内での位置情報の需要は近年ますます高まっており,特にUWB(ultra-wideband)帯域の電波を用いたTOA(T... [more] IT2019-56 SIP2019-69 RCS2019-286
pp.123-128
RCS 2019-06-19
11:20
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 多数見通し外センサを含む屋内位置推定の推定精度向上に関する検討
石田圭吾岡本英二名工大RCS2019-47
工場の自動化や無人搬送車の実用化に伴い,屋内での高度な位置推定技術の需要は近年高まっている.位置推定手 法はセンサとター... [more] RCS2019-47
pp.61-66
CS, CAS
(共催)
2018-03-12
09:55
福岡 九州大学 西新プラザ GPS衛星マルチパス信号シミュレーション環境による時刻同期精度の評価
吉田誠史藤原正勝岡崎義勝NTTCAS2017-134 CS2017-88
3次元電子地図データを使用した,アーバン・キャニオン受信環境におけるGPS衛星信号の3次元レイ・トレース電波伝搬シミュレ... [more] CAS2017-134 CS2017-88
pp.7-12
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-02
09:00
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 非見通し環境における干渉キャンセラを用いた低遅延マルチホップ無線伝送方式
早馬道也谷 重紀元吉克幸岡村 敦三菱電機RCS2017-371
光空間通信は低放射ノイズ特性に優れるが各種コンポーネントが配置された衛星内の非見通し環境では遮蔽によるカバレッジ低下と中... [more] RCS2017-371
pp.289-294
WPT
(第二種研究会)
2017-12-09
- 2017-12-11
海外 シンガポール国立大学 Development of Power Receiving Control Circuit for Cavity Resonance Enabled Wireless Power Transfer
Ippei TakanoDaigo FurusuShinji NimuraMasaya TamuraToyohashi Tech.
A cavity resonance enabled wireless power transfer (CR WPT) ... [more]
WPT, EMCJ
(併催)
2017-11-21
09:10
東京 機械振興会館 キャビティ共振モード無線電力伝送のための受電制御システムの提案
高野一平古巣大吾二村真司田村昌也豊橋技科大WPT2017-44
キャビティ共振モード無線電力伝送は閉鎖空間内において送電器の見通し内と見通し外の位置に対し高い効率で電力を伝送できる.我... [more] WPT2017-44
pp.1-6
CAS, CS
(共催)
2017-02-23
10:35
滋賀 彦根勤労福祉会館 GPSレシーバの統計的衛星選択アルゴリズムによるマルチパス環境における時刻同期精度の改善効果
吉田誠史則武克誌NTTCAS2016-116 CS2016-77
都市部エリアにおけるアンテナの周囲が構造物で囲まれた衛星信号受信環境においてGPS衛星信号に時刻同期する場合,開空間の制... [more] CAS2016-116 CS2016-77
pp.7-12
WPT 2017-02-10
15:50
神奈川 YRPセンター1号館ホール 閉鎖空間内におけるキャビティ共振を用いた無線電力伝送方法に関する研究
高野一平古巣大吾渡邊耀介田村昌也豊橋技科大WPT2016-62
本報告では,空洞共振器方式無線電力伝送の散乱体を含む閉鎖空間内への適用について検討した.はじめに,試作した実験モデルが空... [more] WPT2016-62
pp.27-30
SR, SRW
(併催)
2015-10-27
09:30
東京 構造計画研究所(本所新館) [技術展示]Measurement Studies of Communication Quality between UAV and Ground Station using 802.11 Wireless Channels
Ayano OhnishiYoshimi FujiiFumiko OhoriKKE)・Jiro KattoRintaro HaradaSakiko TakenakaWaseda Univ.SR2015-58 SRW2015-39
 [more] SR2015-58 SRW2015-39
pp.43-48
AP 2015-07-31
12:45
北海道 稚内総合文化センター 斜め交差道路におけるITS車車間/路車間通信用伝搬損失モデル ~ 送受信点間にパス遮蔽物がない場合 ~
神田高宏多賀登喜雄関西学院大AP2015-55
本報告では、斜め交差道路におけるITS車車間/路車間通信用の760MHz帯伝搬損失モデル式を提案する。今回提案するモデル... [more] AP2015-55
pp.89-93
ITS, IEE-ITS
(連催)
2015-03-09
11:45
京都 京都大学 車路間可視光通信におけるLEDヘッドライトの検出およびオクルージョンを考慮した同一判定手法
川合悠太山里敬也岡田 啓藤井俊彰名大)・圓道知博長岡技科大)・荒井伸太郎香川高専)・鎌倉浩嗣千葉工大ITS2014-62
本稿では高度道路交通システム(ITS)のための,イメージセンサを用いた車路間
可視光通信に着目する.複数の送信機からの... [more]
ITS2014-62
pp.23-28
ASN, MoNA
(併催)
2014-01-23
10:40
愛媛 ホテル奥道後 (松山市) TOA屋内位置推定方式におけるNLOS判別精度の向上に関する検討
堀場慎人岡本英二名工大)・篠原敏子松村克彦ダイフクASN2013-123
センサネットワークを用いた屋内位置推定技術は様々な分野での応用が期待されており、電波の到来時間(TOA: Time of... [more] ASN2013-123
pp.29-34
ITS, IEE-ITS, IPSJ-ITS
(連催)
2013-09-02
14:20
東京 電気学会本部 利用衛星数の低減を目指した自位置推定アルゴリズムの検討
羽多野裕之宇都宮大)・木谷友哉静岡大)・藤井雅弘渡辺 裕宇都宮大)・大西博信静岡大ITS2013-15
自位置を特定するための技術として,GPS技術は主要な技術のひとつである.
GPSによる位置推定は,上空に存在する複数個... [more]
ITS2013-15
pp.39-44
ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2013-07-18
10:20
静岡 アクトシティ浜松 [ポスター講演]複合TOA/AOA屋内位置推定方式におけるNLOS判別手法の改善
堀場慎人岡本英二名工大)・篠原敏子松村克彦ダイフクNS2013-42 RCS2013-93 SR2013-30 ASN2013-60
センサネットワークを用いて人や物の位置情報を収集することにより、多様なサービスが実現可能となる。位置情報の取得には電波の... [more] NS2013-42 RCS2013-93 SR2013-30 ASN2013-60
pp.49-54(NS), pp.91-96(RCS), pp.57-62(SR), pp.77-82(ASN)
SR 2013-05-24
16:55
広島 アステールプラザ(広島市) 都市部における広域展開型マルチセンサシステムによる電波発射源の位置推定法の提案
佐野健太郎タン ザ カン東工大)・阪口 啓阪大)・荒木純道東工大)・林 大介山口敏浩荒田慎太郎光電製作所)・高田潤一東工大SR2013-20
本稿では、都市部など既存手法では困難であった見通し外環境での位置推定のためのマルチセンサシステムを提案し、電波行政におい... [more] SR2013-20
p.111
 45件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会