お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 42件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
[ポスター講演]音素セット縮小に用いる言語モデル比較
古明地秀治田中聡久東京農工大)・篠田浩一東工大EA2019-152 SIP2019-154 SP2019-101
音素セット縮小に用いる言語モデルを比較する.
音素セット縮小は,学習データが少なく全音素の学習が難しいタスクにおいて,... [more]
EA2019-152 SIP2019-154 SP2019-101
pp.295-300
DC, SS
(共催)
2019-10-25
10:00
熊本 熊本大学 ソースコードメトリクスを用いたプログラミングコンテストの類似解答群の検出
原口公輔神田哲也井上克郎阪大SS2019-21 DC2019-49
アルゴリズム学習やプログラミング技術向上のため,多くのユーザがプログラミングコンテストに参加している.
プログラミング... [more]
SS2019-21 DC2019-49
pp.47-52
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]言語モデルに基づく音素セット縮小
古明地秀治田中聡久東京農工大EA2018-134 SIP2018-140 SP2018-96
言語モデルに基づく音素セット縮小方法を提案する.音素セットの縮小は,学習データが少なく全音素の学習が難しいタスクにおいて... [more] EA2018-134 SIP2018-140 SP2018-96
pp.205-210
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-10
09:55
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) 列の選択のみで入力可能な自動文字走査入力システム
櫻岡 響森 大毅宇都宮大WIT2018-80
文字走査入力方式に基づく肢体不自由者向けのコミュニケーションインターフェースにおいて,
文字の入力に要する時間の短縮は... [more]
WIT2018-80
pp.119-123
ICSS 2018-11-22
14:20
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) 第二報: CPUアーキテクチャを越えたIoTマルウェアの類似度計算法
伊沢亮一班 涛NICT)・吉岡克成横浜国大/NICT)・井上大介NICTICSS2018-66
我々は2018年6月のICSS研究会にて,異なるCPUアーキテクチャで動作するIoTマルウェア間の類似度を計算する手法を... [more] ICSS2018-66
pp.73-78
ICSS, IA
(共催)
2018-06-25
13:25
愛媛 愛媛大学 南加記念ホール CPUアーキテクチャを越えたIoTマルウェアの類似度計算法の提案
伊沢亮一班 涛NICT)・鉄 穎横浜国大)・吉岡克成横浜国大/NICT)・井上大介NICTIA2018-2 ICSS2018-2
WebカメラやホームルータなどのIoT機器に感染するマルウェアが世界中で猛威をふるっている.
これらのマルウェアは異な... [more]
IA2018-2 ICSS2018-2
pp.7-12
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2018-03-08
09:20
北海道 沖縄北部雇用能力開発総合センター IoTマルウェアに対する静的解析に基づいた類似度の有効性検証
伊沢亮一班 涛NICT)・鉄 穎横浜国大)・吉岡克成横浜国大/NICT)・井上大介NICTICSS2017-69
本稿では複数のIoT(Internet of Things)マルウェアを静的解析した結果から類似度行列を作成し,それがマ... [more] ICSS2017-69
pp.109-114
SS, MSS
(共催)
2018-01-18
11:05
広島 広島市立大学サテライトキャンパス ソースコードの「自然さ」を利用した自動生成ファイルの特定
土居真之肥後芳樹有馬 諒下仲健斗楠本真二阪大MSS2017-50 SS2017-37
近年,ソースコード解析に関する研究が盛んに行われている.ソースコードの解析において,解析対象のソースファイルの中には自動... [more] MSS2017-50 SS2017-37
pp.19-24
NS 2018-01-18
14:30
沖縄 石垣市商工会館 複数TLSセッションのクラスタリングに基づくサービス同定手法の評価
原 雅貴韮澤慎之介工学院大)・中尾彰宏東大)・小口正人お茶の水女子大)・山本 周東大)・山口実靖工学院大NS2017-147
大規模災害時には輻輳が発生するため,被災者に必要なサービスを優先的に通信機器にて転送するようなトラフィック制御が求められ... [more] NS2017-147
pp.17-22
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-07-14
15:45
東京 内田洋行東京本社ショールーム テクストの相互情報量により非文字オントロジー間を接続する概念の提案とそのケーススダディ ~ 潜在的テクストを確率変数として見る場合 ~
宋 先波森住哲也木下宏揚神奈川大ISEC2017-26 SITE2017-18 ICSS2017-25 EMM2017-29
本研究は,神奈川大学で研究されている「非文字資料」をデータベース化するテーマに連関する.しかし本論文では「非文字」とはテ... [more] ISEC2017-26 SITE2017-18 ICSS2017-25 EMM2017-29
pp.135-140
TL 2016-07-24
13:45
東京 早稲田大学西早稲田キャンパス Computational modeling of hierarchical morphological structures
Yohei OsekiAlec MarantzNYUTL2016-24
Chomsky (1956, 1957) famously showed that sentences are orga... [more] TL2016-24
pp.65-69
NS, IN
(併催)
2016-03-03
10:40
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) N-gramを用いるパケット解析に基づく高速なアプリケーション同定
原 雅貴韮澤慎之介工学院大)・中尾彰宏東大)・小口正人お茶の水女子大)・山本 周東大)・山口実靖工学院大NS2015-192
災害時には膨大なトラフィックが発生し,すべてのデータを短い時間で転送することが困難となる.よって,重要なアプリケーション... [more] NS2015-192
pp.139-144
SP 2015-10-16
10:50
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 WFSTを用いたスイッチ入力音声コミュニケーション支援システムと低遅延探索アルゴリズム
房 福明篠崎隆宏東工大SP2015-68
病気や事故により発声を含む多くの随意運動が失われた患者のために,我々はこれまでにスイッチ入力音
声コミュニケーション支... [more]
SP2015-68
pp.51-56
TL 2015-10-04
13:20
東京 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 N-gramモデルを用いたtext-to-speechシステムに応じた入力テキスト合成手法
王 楽Kacper Radzikowski吉江 修早大TL2015-34
TTSにおける音声合成において、自然な発話を得るためには、韻律情報が非常に重要となる。韻律合成では、複数の自立語が接続さ... [more] TL2015-34
pp.1-5
SP 2015-08-21
10:00
岩手 岩手県立大学アイーナキャンパス Latent Words Recurrent Neural Network言語モデルの提案と音声認識への適用
増村 亮浅見太一大庭隆伸政瀧浩和阪内澄宇NTT)・伊藤彰則東北大SP2015-50
本稿では,Latent Words Recurrent Neural Network 言語モデル(LWRNNLM) とい... [more] SP2015-50
pp.1-6
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2015-05-19
15:45
沖縄 沖縄産業支援センター Bluetoothビーコンを用いたポスター会場における来場者の移動軌跡取得 ~ HCS2015年1月研究会における実証実験 ~
太田昌克松田昌史小林哲生奥村優子杉山弘晃NTTHCS2015-11 HIP2015-11
Bluetoothビーコンを用いて,学術集会や展示会等のイベントにおける来場者の見学スポットを検出する手法を提案する.本... [more] HCS2015-11 HIP2015-11
pp.91-96
MBE, NC
(併催)
2014-11-21
15:10
宮城 東北大学 P300 spellerにおける文字間遷移確率の考慮とBSを利用した事前確率の設定
白谷勇樹吉川大弘古橋 武名大MBE2014-62 NC2014-32
P300 spellerは,脳波における特徴量の一つであるP300を用いることで,ユーザが思考のみで文字入力を行うことの... [more] MBE2014-62 NC2014-32
pp.23-26(MBE), pp.39-42(NC)
HCS 2014-08-23
16:50
京都 立命館大学朱雀キャンパス ロボットとのインタラクションにおいてユーザの評価頻度がロボットの印象に与える影響
佐久間拓人加藤昇平名工大HCS2014-58
本研究では,ユーザの好みを反映しユーザにとってより良いインタラクションを創発することで,ユーザのシステムに対する印象が向... [more] HCS2014-58
pp.85-90
ET 2014-06-14
16:25
静岡 静岡大学(浜松キャンパス) 技術文献コーパスを用いた例文提示型英文書作成支援ツールの開発
戸沢信晴宮崎佳典静岡大)・田中省作立命館大ET2014-20
著者らは非英語母語話者による技術英文作成支援のため,ユーザによる入力英文に近いと推定される
文書を技術文献コーパスの中... [more]
ET2014-20
pp.69-72
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-25
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [ディスカッション]スイッチ入力音声合成システムのための仮名プロトコル推薦手法
房 福明篠崎隆宏小林隆夫東工大SP2014-36
単純なスイッチ操作を入力として素早く音声を合成できるインタフェースが実現すれば,随意運動の障害
により意思伝達が困難な... [more]
SP2014-36
pp.355-360
 42件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会