電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 242件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIS 2019-12-12
13:30
岡山 岡山理科大学 水中音響通信シミュレーションのための時間変動要素を持つ音波伝搬モデリング
坂本 舜鈴木紘平吉澤真吾北見工大)・津久井智也IHI)・齋藤 隆三菱電機特機システム
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [依頼講演]ビデオストリーミングのための Head of Line Blocking を考慮した MPTCP パケットスケジューラの検討
長山進一カベンディッシュ ジルセウ野林大起池永全志九工大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
AP, RCS
(併催)
2019-11-22
10:15
佐賀 佐賀大学 シングルユーザMIMO伝送における伝搬路行列固有値分布とマルチパス素波到来方向の関係
太郎丸 真塙 弘矩太田真衣福岡大
MIMO伝送における伝送容量は,チャネル行列の階数(rank)と特異値,またはチャネル行列と同エルミート転置行列との積行... [more] RCS2019-227
pp.135-138
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]長遅延マルチパス環境下におけるOFDM信号の自己干渉除去に関する一検討
木澤雅和井家上哲史明大
OFDM (Orthogonal-Frequency-Division-Multiplexing) 信号は想定する伝送路... [more]
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
15:15
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス リード・ソロモン符号化複数経路マルチキャストによる一対多ファイル転送時間の最小化
倉田真之平良憲司柴田将拡鶴 正人九工大
分散配置されたデータセンタやサーバ間での大規模なデータやソフトウェアの共有, 複製, または移動によるトラヒック量の急激... [more] CQ2018-116
pp.129-134
PN 2019-03-15
15:00
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 大研修室 エラスティック光ネットワークにおける使用スペクトル資源を最小化する耐故障マルチパス設定方式
竹田健太佐藤丈博新熊亮一大木英司京大
 [more] PN2018-96
pp.77-83
WPT 2019-03-07
15:15
京都 京都大学宇治キャンパス マイクロ波送電用マルチパスレトロディレクティブ方式の研究
佐々木太一篠原真毅京大
本研究では、マルチパスレトロディレクティブによるマイクロ波送電(MPT)の効率及び安全性の改善可能性について検討を行う。... [more] WPT2018-76
pp.63-68
IN, NS
(併催)
2019-03-05
11:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター 無線ネットワークのためのTCP Venoに基づくMultipath TCP輻輳制御の提案とその特性評価
前林伸治金井謙治甲藤二郎早大
近年,モバイル端末によるネットワークの利用率が爆発的に増加しており,4GやWiFiといった多様な無線ネットワークが利用さ... [more] NS2018-260
pp.391-396
IA, IN
(併催)
2018-12-14
11:35
広島 広島大学 東千田未来創生センター 多様な遅延状況における片方向遅延情報とout-of-orderを考慮したMPTCPスケジューラの提案
木下裕太新井イスマイル藤川和利奈良先端大
現在実装されているMPTCPは、インタフェース間のネットワーク遅延差が大きい環境で通常のTCPに比べスループットが低下す... [more] IA2018-49
pp.59-63
WPT, EE
(併催)
2018-10-03
14:10
京都 京都大学宇治キャンパス マイクロ波送電のためのマルチパスレトロディレクティブ方式の研究
佐々木太一篠原真毅京大
近年、IoT社会の実現へ向けて室内でのMPTの実現が期待されている。しかしながら、人体への安全基準のため大電力が送れない... [more] WPT2018-35
pp.33-38
EST 2018-09-06
15:40
沖縄 久米島イーフ情報プラザ(沖縄県久米島町) DMEのインテグリティ保証のためのマルチパスシミュレーション
毛塚 敦斉藤真二麻生貴広電子航法研
航空機のナビゲーションにはGNSSが利用されているが,GNSS信号は微弱なために脆弱性を有する.GNSSに障害が発生した... [more] EST2018-50
pp.41-45
SANE 2018-08-24
10:20
東京 電子航法研究所 GNSSと他センサとの融合による測位性能の追求
久保信明八田大典細見 巧東京海洋大
GNSSとIMUやSPEEDセンサとのカップリングによる限界性能について調査したので報告する.低コストの2周波受信機が出... [more] SANE2018-34
pp.7-11
AP, SANE, SAT
(併催)
2018-07-20
13:15
北海道 北海道大学 光ファイバ接続型受動監視システムを用いた空港内信号環境の推定
本田純一角張泰之大津山卓哉電子航法研
電子航法研究所の提案した光ファイバ接続型受動監視システム(OCTPASS)は,通常のマルチラテレーション(MLAT)とは... [more] SANE2018-28
pp.37-42
ICSS, IA
(共催)
2018-06-26
12:30
愛媛 愛媛大学 南加記念ホール マルチパス通信を実現するDatagram TLS拡張
怒田晟也西出隆志筑波大
スマートフォンが 4G だけでなく Wi-Fi で通信できるように,複数の通信路 (マルチパス) を有する環... [more] IA2018-15 ICSS2018-15
pp.91-96
RCS 2018-06-22
10:10
長崎 長崎大学 フェージング環境下における1024-QAMおよび4096-QAMを用いたOFDM伝送のBER特性
田 儒驍大塚裕幸工学院大
将来の移動通信システムに向けて,伝送速度の高速化が求められている.限られた帯域幅のもとで高速化を実現する一つの技術として... [more] RCS2018-67
pp.191-194
NS 2018-04-19
15:50
福岡 福岡大 [招待講演]OpenFlowの楽しみ ~ 自由な経路の使い方 ~
鶴 正人九工大
SDN (Software-defined networking) 技術は,データセンタ内LAN,拠点間WAN,無線メッ... [more] NS2018-6
pp.31-36
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-01
09:40
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 遅延および出射・入射角度領域におけるマルチパス分離を用いたMIMOチャネル予測手法に関する考察
奥村香菜子小川恭孝西村寿彦大鐘武雄北大
マルチユーザMIMOシステムの下り回線においては,基地局側でプリコーディングを行うためにチャネル情報が必要となる.通常,... [more] RCS2017-348
pp.179-184
RCS, NS
(併催)
2017-12-14
10:50
広島 広島アステールプラザ フェージング環境を考慮したPolar符号における凍結ビットに関する一検討
杉本 琢香川大)・須山 聡永田 聡NTTドコモ)・三木信彦香川大
Arikan によって提案されたPolar符号は通信路分極を用いることにより,シャノン限界に漸近する特性を実現可能な符号... [more] RCS2017-250
pp.1-6
SANE 2017-11-24
10:10
海外 マレーシア(ボルネオ島) Analysis of DME Ranging Error due to Multipath using Flight Inspection Data
Meiyi XiaENAC)・○Atsushi KezukaShinji SaitohENRI
 [more] SANE2017-76
pp.69-73
ICM, CQ, NS, NV
(併催)
2017-11-17
14:35
香川 高松センタービル 複数経路マルチキャストを利用した一対多ファイル転送へのゴシッピング導入
平良憲司鶴 正人九工大
近年,クラウド化の進展によりデータセンタ間のデータの移動やコピーによるトラヒック量増加が問題となっている.
そのため,... [more]
ICM2017-31
pp.57-62
 242件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会