お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMM 2017-11-07
11:00
鹿児島 鹿児島大学 稲盛アカデミー棟 [招待講演]「刺さる」マルチメディアコンテンツを科学する ~ ビッグマルチメディアデータを用いた魅力解析 ~
山崎俊彦東大EMM2017-63
深層学習などの機械学習やパターン認識技術の成熟によって、Whatの認識は非常に高精度に行えるようになった。例えば、自然画... [more] EMM2017-63
p.45
MoNA, CQ
(併催)
2014-09-11
13:30
宮城 石巻市河北総合センタービッグバン(石巻市) 利用者指向情報提供システムにおける異種コンテンツの自律的連携機構
古田土翔大蜂谷雄介高橋秀幸木下哲男東北大MoNA2014-35
動画,画像,文字情報などを含むコンテンツの増加に伴い,利用者が要求する情報の入手が困難となりつつある.一方,ウェブ上だけ... [more] MoNA2014-35
pp.25-30
PRMU 2013-02-22
10:40
大阪 大阪府立大 [特別講演]大規模マルチメディア解析コーパスとしてのsocial curationの可能性
木村昭悟NTTPRMU2012-166
ソーシャルネットワークサービス (SNS) で取り扱われるメディアは,テキストからなるマイクロブログ形式から,画像・映像... [more] PRMU2012-166
pp.161-166
MoNA, AN, USN
(併催)
2013-01-25
12:00
宮城 作並温泉ゆづくしSalon 一の坊(仙台市) [技術展示]User-oriented Autonomous Contents Delivery System based on Active Information Resources
Wenpeng WeiAki AsanumaShota KotatoHideyuki TakahashiKazuto SasaiGen KitagataTetsuo KinoshitaTohoku Univ.MoMuC2012-57 AN2012-59 USN2012-68
 [more] MoMuC2012-57 AN2012-59 USN2012-68
pp.85-86(MoMuC), pp.79-80(AN), pp.61-62(USN)
ITE-CE, ITE-BCT
(共催)
CQ, MoNA
(併催)
(連催) [詳細]
2011-09-08
13:55
熊本 熊本県立大学 モバキャスにおけるコンテンツ情報管理方法の検討
前橋佳林日比野 壮深津真二小野 朗堀井統之NTT
モバキャスでは,映像作品や,画像,ゲーム,書籍などといった多種多様なコンテンツが放送される。そのような多岐にわたるコンテ... [more]
LOIS 2011-03-03
16:05
沖縄 石垣市IT事業支援センター(沖縄県) 行動履歴としてのイベントプログラム情報を用いた画像アノテーションの提案
曽根原愛理坐間妙子小舘亮之津田塾大LOIS2010-79
本稿では、イベント関連情報を用いて画像に対するメタデータの抽出を試みた結果をまとめ、どのようなログデータを蓄積すれば効率... [more] LOIS2010-79
pp.83-87
ET 2010-12-10
11:05
福岡 九州工業大学 学習・教育環境支援フレームワークMeSHの構成
須田宇宙増田孝博石井久孝千葉工大ET2010-69
不可視現象を多く取り上げる理工学分野では,板書や書籍に加えて動画像や音声を付加したマルチメディア教材に加えて,リアルタイ... [more] ET2010-69
pp.21-24
IN 2009-01-23
11:15
愛知 名古屋工業大学 ディジタルAVシステムを用いた遠隔医療福祉ネットワーク
宮崎保光野村良雄愛知工科大IN2008-116
ディジタルAV機器の発達は,ネットワーク家電,ディジタル家電分野を中心に,急速に進歩してきている.しかしながら,これまで... [more] IN2008-116
pp.45-50
ISEC 2008-05-16
15:20
東京 機械振興会館 Integrating Fingerprint and Cryptosystem for Internet-Based Live Pay-TV System
Shuhui HouTetsutaro UeharaKyoto Univ.)・Takashi SatohUniv. of Kitakyushu)・Yoshitaka MorimuraMichihiko MinohKyoto Univ.ISEC2008-12
近年、インターネットの広帯域化が進むにつれて、インターネット上でライブ映像などのコンテンツを提供するビジネスが実現可能に... [more] ISEC2008-12
pp.77-84
ET 2007-12-15
11:40
福岡 九州大学 マルチメディアに対応した発表会・展覧会を行うWebシステムの構築 ~ システム構築とアンケート評価 ~
坪倉篤志日本文理大)・松原伸人SRA先端科学技研ET2007-60
演習を伴う授業では、学習した知識や技能への知識を深める為に、演習課題を課す場合がある. 例えば,CG制作や,調査等である... [more] ET2007-60
pp.31-36
SAT 2007-11-01
12:10
沖縄 沖縄県青年会館 S-Band Satellite Digital Multimedia Broadcasting Service as Disaster Prevention Media
Yoshitake YamaguchiMobile BroadcastingSAT2007-24
In 2004, Mobile Broadcasting Corporation has launched the Wo... [more] SAT2007-24
pp.29-33
CPSY 2007-10-25
15:50
熊本 熊本大学 CAMを有する超並列SIMD型演算プロセッサによる効果的なAES暗号化処理
石崎雅勝熊木武志田上正治小出哲士マタウシュ ハンス ユルゲン広島大)・行天隆幸野田英行奥野義弘有本和民ルネサステクノロジCPSY2007-28
我々はこれまでに,Content Addressable Memory (CAM) を有する超並列Single Inst... [more] CPSY2007-28
pp.25-30
PRMU, DE
(共催)
2007-06-28
15:40
北海道 北海道大学 マルチメディア情報検索システム「MIRACLES」の適用事例と今後の展望
椎谷秀一馬場孝之遠藤 進上原祐介増本大器長田茂美富士通研DE2007-8 PRMU2007-34
膨大なマルチメディアコンテンツの中から,目的のコンテンツを効率的に探索するためのマルチメディア検索技術の重要性が高まって... [more] DE2007-8 PRMU2007-34
pp.43-48
ISEC, LOIS
(共催)
2006-11-16
13:50
千葉 東京大学柏キャンパス DCT係数の部分暗号化に関する一検討
岡本一志出口雅大清水明宏高知工科大
近年,ネットワークを介して配信される映像コンテンツを特定のユーザのみが閲覧することができるアプリケーションが普及してきて... [more] ISEC2006-90 OIS2006-48
pp.13-18
ICD, SIP, IE, IPSJ-SLDM
(共催)
2006-10-26
11:30
宮城 宮城県・作並温泉・一の坊 CAMによる高速パターンマッチング機能を有する超並列SIMDプロセッサ
幸野 豊熊木武志石崎雅勝田上正治小出哲士マタウシュ ハンス ユルゲン広島大)・行天隆幸野田秀行黒田泰斗堂坂勝己有本和民齊藤和則ルネサステクノロジ
近年の大量のマルチメディアデータを効率よく処理するために,
データの処理方向と演算器の配置を工夫することにより,大量の... [more]
SIP2006-90 ICD2006-116 IE2006-68
pp.39-44
ITS, IE, ITE-ME, ITE-AIT, ITE-HI
(共催)
2006-02-21
10:40
北海道 北海道大学 KL空間における復号閾値を鍵とした透かし法
山本 武角田 貢小杉幸夫東工大
ネットワーク上の画像コンテンツの追跡や検証へ透かしの適用が期待される.前報では,マルチメディア通信による画像のデータ構造... [more] ITS2005-83 IE2005-290
pp.23-28
ET 2005-10-15
10:25
広島 広島市立大 マルチメディア教材及び三次元素材の利用調査
浅井紀久夫メディア教育開発センター/総研大)・小林秀明総研大)・○杉本裕二同志社大
三次元素材を提供するに当たり、高等教育の授業などにおけるマルチメディア教材や三次元教材の必要性を調査した。調査対象者は、... [more] ET2005-40
pp.13-18
NS 2005-06-23
14:30
福岡 早稲田大学(北九州学研都市) インターネットを用いた複数ストリーム同期再生システムの設計
久松 剛杉浦一徳中村 修村井 純慶大
インターネットを利用したマルチメディアコンテンツを用いたコミュニケーションの一つとして,インターネット放送が挙げられる.... [more] NS2005-41
pp.13-16
PRMU, NLC
(共催)
2005-02-25
10:00
東京 国立情報学研究所 Word Concept Analysis and Description for Cross-media Reference Based on Mental Image Directed Semantic Theory
Masao YokotaFukuoka Inst. of Tech.
In general, it is very difficult for people to exploit neces... [more] NLC2004-121 PRMU2004-203
pp.31-36
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会