お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-15
15:05
愛媛 愛媛県男女共同参画センター 多重露光時間撮像における空間解像度の低下と動きぼけを考慮したHDR画像の再構成
島本正仁亀田裕介浜本隆之東京理科大ICD2019-40 IE2019-46
複数の露光時間の画像を同時に撮像できる多重露光時間撮像方式による空間解像度の低下と,長露光時間による動きぼけを抑制したH... [more] ICD2019-40 IE2019-46
pp.55-58
HIP 2019-08-20
13:55
東京 東京女子大学 9101教室 視覚情報の劣化が情動知覚および音韻知覚に及ぼす影響
吉原将大早大)・山本寿子河原美彩子田中章浩東京女子大HIP2019-35
本研究では,視聴覚統合による情動知覚・音韻知覚プロセスに対して,視覚情報の劣化が及ぼす影響を検討した。ガウシアンフィルタ... [more] HIP2019-35
pp.7-12
IMQ 2015-11-27
14:15
京都 京都工芸繊維大学 高精度動き推定に基づく高フレームレート画像の統合による高空間解像度画像の合成
松崎 哲菅井男也浜本隆之東京理科大IMQ2015-20
近年,イメージセンサの画素ピッチがレンズの光学限界に近づき,これ以上多画素化を図っても実質的な空間解像度が向上しない状況... [more] IMQ2015-20
pp.1-4
EID, SID-JC
(共催)
ITE-IDY
(連催) [詳細]
2015-07-30
17:00
東京 機械振興会館 [依頼講演]有機ELディスプレイの時間アパーチャー適応制御駆動検討
薄井武順佐藤弘人高野善道石井啓二山本敏裕NHKEID2015-5
ホールド発光型ディスプレイの動画質を改善するために,1フレームの時間開口率を短くする手法が提案されている.しかし,有機E... [more] EID2015-5
pp.39-42
PRMU, BioX
(共催)
2015-03-19
10:00
神奈川 慶応大学矢上キャンパス パワーケプストラム解析による単一劣化画像からのPSF推定
嶋本裕太松本 輝呉 海元和歌山大)・阮 翔オムロンBioX2014-44 PRMU2014-164
本論文では、パワーケプストラム解析による単一劣化画像からのPSF推定法を提案する.パワーケプストラム解析を用いることによ... [more] BioX2014-44 PRMU2014-164
pp.29-34
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
EID, ITE-IDY, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2015-01-23
09:48
京都 龍谷大学響都ホール校友会館 有機ELディスプレイのアパーチャー制御駆動における画質改善手法の検討
薄井武順佐藤弘人高野善道山本敏裕石井啓二NHK
ホールド発光型ディスプレイの動画質を改善するために,1フレームの時間開口率を短くする手法が提案されている.しかし,有機E... [more]
IMQ 2014-10-24
14:50
京都 京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス 高精度動き推定に基づく高フレームレート画像の統合による高空間解像度化
松崎 哲藤井翔太菅井男也浜本隆之東京理科大IMQ2014-14
近年,後段信号処理による画像の高空間解像度化の研究が盛んに行われている.中でも我々は,複数のフレームの統合による高空間解... [more] IMQ2014-14
pp.13-17
CNR 2012-12-07
15:25
茨城 筑波大学 移動方向背景ヒストグラムに基づく動きによる不鮮明画像からの背景外動体検出 ~ CNR応用検討 ~
田崎 豪小林優佳山本大介土井美和子東芝CNR2012-15
ロボットはカメラ移動中に物体検出をする必要がある。本研究では、移動中のブレ画像から背景外物体の検出を課題とし、特に背景外... [more] CNR2012-15
pp.13-17
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2012-02-20
11:20
北海道 北海道大学 ぶれによる劣化画像の高精度な復元に関する検討 ~ エッジ方向を考慮した重み付けパラメータの原画像の事前確率への導入によるリンギングの抑制 ~
吉崎 茜和泉大佑小川貴弘長谷山美紀北大
本文では,ぶれにより劣化した画像に対して,リンギングを抑制した高精度な画像復元を行う手法を提案する.提案手法では,劣化画... [more]
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2011-12-16
12:05
愛知 名古屋大学 露光時間の異なる画素情報を利用した低照度でも動きブレの生じない小型カメラシステム
佐藤 智岡田雄介吾妻健夫パナソニックCS2011-74 IE2011-98
我々は,小型・高感度の4K2Kカメラを実現するため,露光時間の異なる画素情報を利用した画像再構成カメラシステムを提案して... [more] CS2011-74 IE2011-98
pp.117-120
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2011-02-22
09:30
北海道 北海道大学 ぶれにより劣化した低解像度動画像の高解像度化に関する考察 ~ PSF を用いた事後確率の高精度化に関する検討 ~
和泉大佑小川貴弘長谷山美紀北大ITS2010-51 IE2010-126
本文では,ぶれにより劣化した低解像度動画像に対して,ぶれ関数を推定し,ぶれの除去及び高解像度化を同時に行う手法を提案する... [more] ITS2010-51 IE2010-126
pp.159-164
MI 2011-01-19
17:35
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 複数の呼吸位相CT画像からの呼吸性変形量の算出とPETの画質改善への利用
金井将之羽石秀昭小鮒京佳千葉大)・植 英規福島高専)・玉井義隆迫平 篤菅 一能セントヒル病院MI2010-86
PETは撮影に時間を要するため,胸部など呼吸により大きく動く部位に対しては画像にぼけが生じ,正確な診断を妨げる恐れがある... [more] MI2010-86
pp.29-34
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2010-11-18
17:20
福井 フェニックスプラザ(福井県福井市) 手ぶれビデオ映像からの超解像処理手法の提案
山口拓真日本信号)・○福田悠人埼玉大)・古川 亮広島市大)・川崎 洋鹿児島大)・久野義徳埼玉大)・Peter SturmINRIAPRMU2010-117
ビデオは手持ちで撮影されることも多く,また,カメラに比べて解像度が低いため,動画から1 枚の切り出した際には,モーション... [more] PRMU2010-117
pp.53-58
PRMU, IE, MI
(共催)
2009-05-28
13:00
岐阜 岐阜大 [特別講演]4次元MR画像の構築と利用技術
羽石秀昭千葉大)・桝田喜正千葉大医学部附属病院IE2009-17 PRMU2009-8 MI2009-8
胸部の呼吸運動は不規則であるため,現在の技術レベルで3次元時系列MR画像を直接撮像することは困難である.そこで,2次元時... [more] IE2009-17 PRMU2009-8 MI2009-8
pp.41-46
IE 2009-03-16
15:25
愛媛 テクノプラザ愛媛 複数直線運動に近似したPSFパラメータ推定による手ブレ画像復元手法
笹川真吾戸田真志公立はこだて未来大IE2008-262
本研究では,カメラ撮影の際に生じる手ブレ画像の復元を目的とする.十分な光量が得られない環境下においての撮影では,露光時間... [more] IE2008-262
pp.53-58
CAS, CS, SIP
(共催)
2009-03-03
13:10
岐阜 岐阜長良川温泉国際会議場 [ポスター講演]複数の一次元エッジから推定されるPSFを用いた手ぶれ除去
村上正典・○三柴 数慶大)・白井啓一郎信州大)・池原雅章慶大CAS2008-132 SIP2008-195 CS2008-106
本論文では、一枚の手ぶれ画像のみからの画像復元を、複数の一次元エッジ部分を使うシンプルなPSF推定(Point Spre... [more] CAS2008-132 SIP2008-195 CS2008-106
pp.177-182
MBE 2008-05-23
14:15
富山 富山大学工学部 膝の透視X線画像における骨輪郭の半自動抽出法
織田広司林 豊彦中村康雄大森 豪新潟大MBE2008-8
TKA術後の膝運動を解析するために,透視X線動画像と3次元人工関節モデルを組み合わせることにより,3次元モデルに基づいた... [more] MBE2008-8
pp.33-38
CS, SIP, CAS
(共催)
2008-03-06
12:55
山口 山口大学 常盤キャンパス Blind Super-Resolution Based on Simultaneous Registration and Reconstruction
Osama A. OmerToshihisa TanakaTokyo Univ. of Agriculture and Tech.CAS2007-117 SIP2007-192 CS2007-82
Super-resolution is an approach to obtain high-resolution (H... [more] CAS2007-117 SIP2007-192 CS2007-82
pp.51-56
CS, SIP, CAS
(共催)
2008-03-06
13:45
山口 山口大学 常盤キャンパス 動きブレを伴った移動物体画像に対するブラインド超解像法
櫻木僚一浜田 望慶大CAS2007-119 SIP2007-194 CS2007-84
本論文では,ビデオ画像における動きブレを伴った移動物体に対する超解像(SR)法を提案した.提案法では,移動物体を含む注目... [more] CAS2007-119 SIP2007-194 CS2007-84
pp.63-68
ICD, ITE-IST
(共催)
2006-07-28
16:10
静岡 静岡大学(浜松キャンパス内) 動きボケを抑圧する広ダイナミックレンジイメージセンサ
原 彰宏増田健太郎浜本隆之東京理科大
撮像面上での飽和検出および動き検出機能により,飽和および動きボケのない条件で,画素毎に蓄積時間の最適化を図るイメージセン... [more] ICD2006-77
pp.97-100
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会