お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2020-05-14
13:40
ONLINE オンライン開催 マイクロサービス運用支援のためのコンテナからインフラまでの構成差分検出技術の開発
近藤玲子麻岡正洋渡辺幸洋富士通研ICM2020-2
多数のマイクロサービスが互いに呼び出しあって構築され、追加や変更によって成長していくようなサービス形態がトレンドとなる一... [more] ICM2020-2
pp.7-12
ICM 2020-03-02
11:25
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) [招待講演]大規模国際イベントを支える映像伝送サービスの運用監視システム
鈴木秀典平原千里西江将男NTTコミュニケーションズICM2019-46
大規模かつ重要な国際イベントでは、その模様をリアルタイムに伝える映像伝送サービスが欠かせない。リアルタイムな映像伝送では... [more] ICM2019-46
pp.25-30
ICM 2019-07-11
13:00
北海道 旭川市国際会議場 機能間の疎結合化に向けたOpS構成法の検討
大柳浩之斎藤清隆副島裕司古川 毅NTTICM2019-6
通信キャリアではNWサービスの運用管理をOpS(Operation Support System)により安定的かつ効率的... [more] ICM2019-6
pp.1-6
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-15
15:55
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス [招待講演]多様化し複雑化する通信サービスにおけるマイクロサービス化とプロビジョニング
平原千里中尾 仁西江将男岩見貴弘NTTコミュニケーションズNS2018-138 CQ2018-65 ICM2018-26
近年,デジタライゼーションの急速な進展に伴い,様々な産業のビジネス革新が促進されている.特に,ICTの基盤を支える通信サ... [more] NS2018-138 CQ2018-65 ICM2018-26
pp.45-50(NS), pp.9-14(CQ), pp.9-14(ICM)
NS 2018-10-18
10:15
京都 京都教育文化センター マイクロサービス型DPDKソフトウェアにおける設備設計手法の検討
澤崎文彦高田直樹NTTNS2018-107
DPDKの技術はパケット処理の高速化に寄与する一方で, 運用面においては, プロビジョニングにおける重要なメータであるC... [more] NS2018-107
pp.13-17
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2018-07-20
10:30
北海道 北海道・帯広市 とかちプラザ 視聴覚室/大集会室 オープンなスマートモビリティ市場におけるサービスの開発と運用 ~ アーキテクチャ戦略とサービスのサプライチェーンマネジメント ~
中西恒夫福岡大)・久住憲嗣安藤崇央峯 恒憲福田 晃九大SS2018-15 KBSE2018-25
多くのステークホルダが競争しつつも相互依存する,オープンかつ動的なスマートモビリティ市場において,情報サービスを開発,運... [more] SS2018-15 KBSE2018-25
pp.183-188
KBSE 2018-05-26
10:15
東京 機械振興会館 依存関係に基づいたソフトウェアクラスタの意味的凝集度を用いた調整
矢野啓介松尾昭彦富士通研KBSE2018-9
ソフトウェアシステムを小さな部分に分割するソフトウェアクラスタリング技法は長年研究され,また実用に供されてもいる.特に,... [more] KBSE2018-9
pp.43-48
KBSE 2016-03-04
15:20
大分 由布市湯布院公民館 データ項目の属性従属性に着目したマイクロサービスアーキテクチャ実現のためのガイドライン ~ 強靱な骨格と柔軟な可変部分をもったビジネスアプリケーションのために ~
井田明男金田重郎同志社大KBSE2015-66
マイクロサービスアーキテクチャは,アプリケーションを独立して配置可能なサービスの組み合わせとして設計する特定の方法を指す... [more] KBSE2015-66
pp.103-108
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会