お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2018-06-16
13:10
愛知 南山大学 光転送と仮想マシンを用いた教育用組み込みシステム
千田陽介久留米工大ET2018-12
地域の公開講座や一日大学生などでプログラミングを教える際,
PC の画面だけでなく小型ロボットや様々な色で明滅する ... [more]
ET2018-12
pp.1-6
SCE 2017-08-09
14:35
愛知 名古屋大学(東山キャンパス) 単一磁束量子ゲートレベルパイプラインマイクロプロセッサに向けた要素回路設計
畑中湧貴松井裕一田中雅光佐野京佑藤巻 朗名大)・石田浩貴小野貴継井上弘士九大SCE2017-17
我々は CMOS マイクロプロセッサの性能を凌駕することを最終目的とし、高スループットな単一磁束 量子(RSFQ)マイク... [more] SCE2017-17
pp.37-42
ICD 2017-04-21
09:35
東京 機械振興会館 [依頼講演]不揮発性SRAMのアーキテクチャとエネルギー性能
北形大樹周藤悠介山本修一郎菅原 聡東工大ICD2017-10
マイクロプロセッサやSoCの待機時電力を高効率に削減できる不揮発記憶を利用したパワーゲーティング(NVPG)に必要となる... [more] ICD2017-10
pp.51-56
ICD, CPSY
(共催)
2016-12-15
15:30
東京 東京工業大学 [ポスター講演]ナイーブベイズ分類器を用いた動的分岐予測器の設計と評価
肥田 格高前田伸也池辺将之本村真人浅井哲也北大ICD2016-60 CPSY2016-66
分岐予測器の予測精度は,マイクロプロセッサの電力効率を左右する主要因の一つである.本研究では,統計的機械学習を利用した識... [more] ICD2016-60 CPSY2016-66
p.39
SCE 2016-04-20
14:40
東京 機械振興会館 高機能単一磁束量子マイクロプロセッサとランダムアクセスメモリのオンチップ実装
佐藤 諒名大)・安藤友紀京大)・田中雅光藤巻 朗名大)・高木一義高木直史京大SCE2016-5
これまでに実証されてきた単一磁束量子(SFQ)マイクロプロセッサでは、機能やメモリ容量の問題からプログラムの実行が不可能... [more] SCE2016-5
pp.25-30
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-03
11:15
長崎 長崎県勤労福祉会館 単一磁束量子回路を用いたマイクロプロセッサの論理設計
石田浩貴津秦伴紀九大)・田中雅光名大)・小野貴継井上弘士九大CPSY2015-73
近年,CMOSマイクロプロセッサは消費電力の問題のため動作周波数の向上が頭打ちとなっている.この問題に対し,我々はCMO... [more] CPSY2015-73
pp.69-74
VLD 2014-03-04
16:10
沖縄 沖縄県青年会館 [記念講演]Co-simulation Framework for Streamlining Microprocessor Development on Standard ASIC Design Flow
Tomoyuki NakabayashiTomoyuki SugiyamaTakahiro SasakiMie Univ.)・Eric RotenbergNCSU)・Toshio KondoMie Univ.VLD2013-154
近年,プロセッサは計算性能を向上するためにより複雑なアーキテクチャを採用しており,最先端プロセッサの設計・試作にかかる時... [more] VLD2013-154
p.113
NC, MBE
(併催)
2013-11-23
11:40
宮城 東北大学 ライフル射撃競技での得点向上のための宅内練習支援用システム
島田洋一金沢工大MBE2013-74
50mのスモールボアライフル射撃競技の成績向上のためには射撃場での練習の他に,自宅内での据銃練習によるイメージトレーニン... [more] MBE2013-74
pp.45-48
SCE 2013-07-22
10:15
東京 機械振興会館地下3階2号室 低消費電力化単一磁束量子マイクロプロセッサにおけるデータパスの設計と評価
早川雄飛高田賢介田中雅光藤巻 朗名大SCE2013-11
我々は、AIST 10 kA/cm2 Nb アドバンストプロセス (ADP) を用いて単一磁束量子 (SFQ) 回路によ... [more] SCE2013-11
pp.5-10
ICD, ITE-IST
(連催)
2013-07-04
14:35
北海道 サン・リフレ函館 [招待講演]車載半導体の進化の方向性 ~ コンピューティングとセンシングの観点から ~
石原秀昭デンソーICD2013-30
クルマの21世紀における進化の方向性は,エネルギー技術,自動運転などの伸展であるが,いずれも半導体イノベーションがその牽... [more] ICD2013-30
pp.35-36
ICD, IPSJ-ARC
(連催)
2012-01-20
13:10
東京 電通大 [招待講演]高性能デジタル分野の技術動向
林 宏雄東芝ICD2011-141
高性能デジタル分野の技術革新が継続している.その技術動向について,高性能マイクロプロセッサ,Many Coreプロセッサ... [more] ICD2011-141
pp.73-76
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2008-11-19
10:50
福岡 北九州学術研究都市 線形計画法を用いた電源ノイズ解析高速化手法の検討
胡摩窪 武鈴木五郎北九州市大VLD2008-89 DC2008-57
近年線形計画法を使用して電源ネットに関する電源ノイズ解析を行う手法が提案されている.提案されている既存手法を用いて,マイ... [more] VLD2008-89 DC2008-57
pp.177-182
DC, CPSY
(共催)
2008-04-23
11:00
東京 東大・武田ホール パッシブWABの改良による低コストなレジスタ書き込みエラー検出手法
入江英嗣杉本 健塩谷亮太東大)・渡辺憲一日立)・五島正裕坂井修一東大CPSY2008-3 DC2008-3
近年のプロセッサでは, 製造ばらつきや動作時の温度ばらつきの激化により, 最悪値を想定したマージンを見込んで設計すること... [more] CPSY2008-3 DC2008-3
pp.13-18
DC, CPSY, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(共催)
2008-03-27
08:45
鹿児島 屋久島 離島総合開発センター 負荷変動に瞬時適応可能なマルチパフォーマンスプロセッサの設計と評価
山口誠一朗大山裕一郎九大)・国武勇次九工大)・松村忠幸石飛百合子山口聖貴李 東勲金田裕介九大)・舟木敏正九工大)・室山真徳石原 亨佐藤寿倫九大DC2007-84 CPSY2007-80
動的可変電圧プロセッサ(以下DVSプロセッサ)の代用となるマルチパフォーマンスプロセッサについて述べる.マルチパフォーマ... [more] DC2007-84 CPSY2007-80
pp.1-6
CPM, ICD
(共催)
2008-01-17
13:40
東京 機械振興会館 [特別招待講演]スーパーコンピュータ(SX)のノイズマネジメント技術
稲坂 純梶田幹浩NECCPM2007-135 ICD2007-146
NECでは、最先端のプロセステクノロジを用いたスーパーコンピュータの開発を行っている。スーパーコンピュータで用いるマイク... [more] CPM2007-135 ICD2007-146
pp.41-46
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
CPSY, RECONF, IPSJ-ARC
(併催) [詳細]
2007-11-21
14:15
福岡 北九州国際会議場 画像処理適合性から見たデジタル・ メディアプロセッサと動的再構成可能プロセッサの技術比較
山田和雄内藤孝雄富士ゼロックスRECONF2007-37
富士ゼロックスがカラー複合機向けにデジタル・ メディア・プロセッサMXP5800(以下、画像処理プロセッサ)を中核とする... [more] RECONF2007-37
pp.7-12
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2007-05-31
15:00
神奈川 株式会社富士通研究所 岡田記念ホール [招待講演]コンピューティングパワー拡大に伴う技術課題
井上愛一郎富士通
スーパーコンピュータのシステム性能も、また、マイクロプロセッサの単体性能も、30年にわたってムーアの法則に沿って、およそ... [more] ICD2007-23
pp.37-42
SCE 2007-01-26
11:20
東京 超電導工学研究所(東雲) パイプライン化したビットシリアル単一磁束量子マイクロプロセッサの開発
田中雅光名大)・山梨裕希横浜国大)・入江直樹名大)・朴 熙中横浜国大)・岩崎真悟名大)・武富一博横浜国大)・藤巻 朗名大)・吉川信行横浜国大)・寺井弘高NICT)・萬 伸一NEC
われわれは、パイプライン化した単一磁束量子マイクロプロセッサ CORE1$\beta$の設計を行い、その動作をオンチップ... [more] SCE2006-33
pp.19-24
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2006-06-08
13:00
神奈川 NEC玉川ルネッサンスシティ [特別招待講演]コンピュータアーキテクチャと集積回路技術の協調の必要性について
安藤壽茂富士通
半導体の微細化の進展により多数のトランジスタが集積可能となり,これが産業発展を牽引してきた。しかし,消費電力の増大がプロ... [more] ICD2006-44
pp.25-30
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2006-06-09
15:45
神奈川 NEC玉川ルネッサンスシティ [パネル討論]アーキテクチャと集積回路はいかに協創すべきか
内山邦男日立
プロセッサやSoCの開発では、アーキテクチャと集積回路の協働的創造が欠かせない。この「協創」が圧倒的な電力性能比や価格性... [more] ICD2006-59
p.107
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会