電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP, RCS
(併催)
2019-11-21
15:15
佐賀 佐賀大学 [依頼講演]複数仮想アレーを用いた空間平均MUSICのTHz-TDS測定への適用結果
渡壁一樹長 敬三中林寛暁水津光司千葉工大AP2019-126 RCS2019-223
合成開口テラヘルツ時間領域分光法(THz-TDS)イメージングでは,ターゲットから反射された波の相関が高いため,近接した... [more] AP2019-126 RCS2019-223
pp.107-112(AP), pp.115-120(RCS)
AP 2019-10-18
14:25
大阪 大阪大学 バイスタティックMIMOレーダにおけるMUSICスペクトラムに基づいた人数推定法
沼﨑和樹本間尚樹白木信之岩手大)・中山武司飯塚翔一パナソニックAP2019-105
本報告ではマイクロ波生体センサ実現に必要となる人数推定法の実現を目的として,MUSIC (MUltiple Signal... [more] AP2019-105
pp.137-142
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]MIMOレーダにおけるCapon法のターゲット方向推定特性に関する検討
木許 肇菊間信良榊原久二男名工大
近年,自動車による自動運転や危険回避システムの実現のため,高性能なレーダの開発が急務である.特に送信と受信にそれぞれ複数... [more]
SANE 2019-08-23
14:25
東京 電子航法研究所 高分解能スペクトラム推定法によるCircular SAR画像中ターゲットの方位角散乱特性の解析
渡邉卓磨小川大輔大石泰之富士通SANE2019-41
Circular SAR(CSAR)とは,観測領域を取り囲む円形軌道を飛行する航空機から円形軌道の中心に向けてレーダ照射... [more] SANE2019-41
pp.37-42
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-22
10:00
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) [招待講演]音声強調における位相復元とアレイ処理への効果
若林佑幸首都大東京EA2018-80 EMM2018-80
従来の音声強調の研究において位相スペクトルを扱うことは一般的でなかったが,近年の位相スペクトルの音声品質や明瞭度に与える... [more] EA2018-80 EMM2018-80
pp.163-168
AP, SANE, SAT
(併催)
2018-07-19
15:00
北海道 北海道大学 FDTD伝搬解析による車両周辺における人体位置推定の評価
伊藤優希岩井誠人笹岡秀一同志社大)・家田清一アイシン精機AP2018-56
車両周辺の人体の位置を推定する手法として電波を用いたセンシング技術が検討されている.本稿では,車両側から送信された電波の... [more] AP2018-56
pp.85-90
CQ
(第二種研究会)
2017-08-27
10:50
埼玉 日本工業大学 [ポスター講演]複数受信局を用いた屋内生体位置推定の精度評価
白木信之笹川 大本間尚樹岩手大)・中山武司飯塚翔一パナソニック
MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) レーダの技術を用いた屋内生体位置推定法が提案... [more]
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2016-12-14
14:15
東京 産総研臨海副都心センター 屋外利用を目指した音到来方向の可視化
高橋 徹阪産大WIT2016-48
本方向は, 音の到来方向を可視化し, 音の気づきを支援する方法について考える. 提案システムは, 音源到来方向推定部と可... [more] WIT2016-48
pp.17-22
RCS, AP
(併催)
2016-11-25
10:25
京都 京都市国際交流会館 平面アレーアンテナを用いた3次元他地点伝搬特性推定
阿部俊輔岩井誠人笹岡秀一同志社大AP2016-117
マルチパス環境において,フェージングの相関距離以上離れた地点の伝搬特性を推定する他地点伝搬特性推定方式が検討されている.... [more] AP2016-117
pp.59-64
OPE, MW, EMT, MWP, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2016-07-22
10:20
北海道 網走 オホーツク・文化交流センター(エコーセンター2000) FDTD電波伝搬解析におけるMUSIC法を用いた到来方向推定
今井 卓田口健治柏 達也北見工大EMT2016-35 MW2016-66 OPE2016-47 EST2016-36 MWP2016-37
近年,計算機の演算速度及びメモリ容量が発達してきている.これにより,FDTD解析において取り扱うことが可能な空間サイズ及... [more] EMT2016-35 MW2016-66 OPE2016-47 EST2016-36 MWP2016-37
pp.161-164
AP, SAT, SANE
(併催)
2016-07-20
16:20
北海道 小樽マリーナ 直交補空間の性質とユニタリ変換を利用したRV-MUSIC法の改良
園山浩司松原 隆黒川恭一防衛大AP2016-42
アレーアンテナによる到来波の到来方向推定法としてMUSIC法,ESPRIT法などがある.MUSIC法は広範囲に対してスペ... [more] AP2016-42
pp.31-36
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-29
09:00
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [ポスター講演]残響音声の立ち上がり/立ち下がり共分散行列の同時対角化によるMUSIC法
田中龍亮羽田陽一電通大EA2015-104 SIP2015-153 SP2015-132
近年,情報技術の発達により,音源方向推定機能を持つ機器の実用化が検討されている。しかし,実環境において音源方向推定を行う... [more] EA2015-104 SIP2015-153 SP2015-132
pp.207-212
AP, RCS, WPT, SAT
(併催)
2015-11-05
09:30
沖縄 沖縄県立博物館・美術館 電波ホログラフィ法を用いた波源推定の特性改善に関する検討
木村奏仁菊間信良榊原久二男名工大AP2015-126
電波ホログラフィ法では,アレーアンテナの各素子を時間的に切り替えて信号を受信し,参照アンテナとの相関値から信号の複素振幅... [more] AP2015-126
pp.93-98
EMT, MW, OPE, MWP, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2015-07-16
15:20
北海道 釧路市生涯学習センター FDTD電波伝搬解析におけるMUSICアルゴリズムを用いた到来方向推定に関する研究
今井 卓田口健治柏 達也北見工大EMT2015-29 MW2015-67 OPE2015-41 EST2015-33 MWP2015-32
従来,電波伝搬問題においてはレイトレーシング法を用いた解析が行われてきた.近年,計算機性能が向上したことにより,電波伝搬... [more] EMT2015-29 MW2015-67 OPE2015-41 EST2015-33 MWP2015-32
pp.117-120
SIP, EA, SP
(共催)
2015-03-03
10:45
沖縄 ホテルミヤヒラ(石垣島) [ポスター講演]多人数会話におけるマルチモーダル音源数推定
若林佑幸中山雅人西浦敬信山下洋一立命館大EA2014-120 SIP2014-161 SP2014-183
音源数はブラインド音源分離や部分空間法を用いた音源定位推定において重要な役割を果たす.音源分離では分離数,音源定位推定で... [more] EA2014-120 SIP2014-161 SP2014-183
pp.267-272
US 2015-02-27
11:30
神奈川 IHI横浜事業所 FMチャープ超解像イメージングの合成開口方式による効率的実現
和田貴之大久保 寛田川憲男首都大東京)・広瀬意育伊藤忠テクノソリューションズUS2014-97
本研究では, 既提案のFMチャープ超解像イメージング(Super resolution FM-Chirp correla... [more] US2014-97
pp.19-22
SIP, RCS
(共催)
2015-01-23
10:30
岡山 岡山大学 高次統計量を用いた多重スペクトル合成と2次元到来方向推定
鹿川悠太市毛弘一横浜国大SIP2014-103 RCS2014-291
本稿では,複数の到来方向(Direction-Of-Arrival; DOA)推定手法の角度スペク
トルの特性が各々異... [more]
SIP2014-103 RCS2014-291
pp.129-134
SIS 2014-12-19
14:10
京都 京都リサーチパーク(京都市) LCX-MIMOシステムにおけるMUSIC法を用いた高精度端末位置検出
沖 修平侯 亜飛東野武史岡田 実奈良先端大SIS2014-88
本稿では漏洩同軸ケーブルを用いたLCX-MIMO端末位置検出システムについて,端末から無線信号がLCXの両端に到着する時... [more] SIS2014-88
pp.119-123
EA 2014-06-27
15:50
三重 三重大学 2組のマイクロホンアレーを用いた複数の環境音の位置推定
山本真里立蔵洋介静岡大EA2014-10
本研究では,小型のマイクロホンアレーを用いたMUSIC法による複数の環境音の定位について検討する.MUSICスペクトルは... [more] EA2014-10
pp.31-36
AP, RCS
(併催)
2012-11-16
16:40
東京 東京電機大学(東京千住キャンパス) スペクトラム幅を用いたDOA推定精度の簡易評価法
ジン悠陽藤元美俊堀 俊和福井大AP2012-116
近年,無線通信の普及に伴い干渉波の影響を抑えるためのDOA推定技術およびその精度評価の必要性が高まっている.従来,スペク... [more] AP2012-116
pp.133-136
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会