お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN, EMT, OPE, EST, MWP, LQE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2019-01-17
11:15
大阪 大阪大学中之島センター STBCを用いた光ファイバ無線高速中継システムの実験評価
水澤佑樹熊本和夫周 虹阪工大
無線通信における電波ブラインド地域を解消するために,SDM-MIMO伝送技術を利用する通常RoF中継システムは電波の独立... [more] PN2018-46 EMT2018-80 OPE2018-155 LQE2018-165 EST2018-93 MWP2018-64
pp.81-85
SANE 2017-01-26
11:20
長崎 長崎県美術館 周波数で目標分離するレーダ方式における複数レーダ受信信号の合成方式
粟津英行加藤泰典高橋龍平高橋 徹田崎裕久三菱電機
単一のレーダの探知可能距離は,レーダ送信電力,受信機感度及び目標のレーダ反射断面積等によって決まるが,本稿では,複数のレ... [more] SANE2016-98
pp.13-18
SIS 2016-03-11
12:00
東京 東京都市大学世田谷キャンパス 動的背景差分とMRCoHOGを組み合わせた海上のボート検出
松原直輝奥村弘治九工大)・Shaoning PangUNITEC)・田向 権九工大
近年,乱獲やIUU(Illegal, Unreported and Unregulated)漁業による過剰漁獲が広く問題... [more] SIS2015-68
pp.117-122
WPT
(第二種研究会)
2015-12-10
10:40
海外 淡江大学 淡水キャンパス(台湾) Design Method of Transmitter Voltage and Load Impedance for Multiple Transmitter/Receiver Wireless Power Transfer via Magnetic Resonant Coupling
Hiroki NaritaTakafumi KosekiUniv. Tokyo
 [more]
RCS 2015-06-24
14:45
北海道 北海道大学 60GHzミリ波帯高速列車環境における受信処理の一検討
張 裕淵古川雅士府川和彦東工大
近年,60 GHzミリ波帯におけるWPANシステムの検討が盛んに行われており,特にOFDM は伝送方式候補の一つとしてI... [more] RCS2015-51
pp.31-36
RCS, SR, SRW
(併催)
2014-03-03
17:20
東京 早稲田大学 ホップ間干渉キャンセルおよび最大比合成を用いた高効率マルチホップ伝送
戴 競擇山尾 泰電通大
CSMA/CAを用いたマルチホップネットワークは隠れ端末問題に起因するホップ間干渉(IFI: intra-flow in... [more] RCS2013-347
pp.247-252
RCS, AP
(併催)
2013-11-22
10:10
島根 松江テルサ サブキャリア送信電力制御を用いたブラインド型アダプティブアレー
丸田一輝増野 淳杉山隆利NTT
到来方向や参照信号等の事前情報を必要としないブラインド型のアダプティブアレーアルゴリズムとして,最大比合成(Maximu... [more] RCS2013-196
pp.129-134
RCS, SR, SRW
(併催)
2013-03-01
10:50
東京 早稲田大学 遅延の広がりがOFDMのガードインターバルを超えるマルチパス環境における最大比合成ダイバーシチ特性の等価伝送路モデルによる解析 [II] ~ SIMOからMIMOへ ~
鄭 鶯仙唐沢好男電通大
遅延の広がりがガードインターバルを超えるマルチパス環境におけるOFDMの伝送特性を定量的に評価するモデルとして、等価伝送... [more] RCS2012-357
pp.435-440
RCS, SIP
(共催)
2012-01-27
17:00
福岡 福岡大学 到来波分離型アダプティブアレー受信システムに関する検討
志村友衣和田知久琉球大
2011年7月24日にアナログTV放送が終了し、地上デジタル放送へと置き換わりOFDM化が続いている。また、OFDMの高... [more] SIP2011-117 RCS2011-306
pp.221-226
IT 2010-07-22
11:05
東京 工学院大学 MRCPの分類とその素体上の乗算への循環ベクトル乗算アルゴリズムの適用
高井悠輔根角健太野上保之森川良孝籠谷裕人岡山大
著者らは,拡大体上の汎用的な乗算アルゴリズムとして,循環ベクトル乗算アルゴリズム (Cyclic vector mult... [more] IT2010-14
pp.19-24
NS 2010-01-29
14:40
福岡 福岡システムLSI総合開発センター 資源利用効率を考慮したIP網高速故障復旧技術の検討
高橋良太行松健一秋田大)・鎌村星平宮村 崇塩本公平NTT
IP網での高速故障復旧を実現する方式としてIP-FRR(IP Fast Reroute)技術が提案されており,その1つに... [more] NS2009-146
pp.25-28
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2010-01-26
15:55
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス SD数演算を用いた剰余数系-2進数系変換アルゴリズム
姜 長雋魏 書剛群馬大
SD(Signed-Digit)数演算を剰余数演算に導入することにより、剰余数系における算術演算が高速に行われる。本論文... [more] VLD2009-80 CPSY2009-62 RECONF2009-65
pp.71-76
RCS, SAT
(併催)
2009-12-17
09:00
東京 機械振興会館 OFDM伝送ターボ符号適用時のError Free Point特性の一検討
渡邊貴紀金見代勇輝小園 茂千葉工大
次世代移動通信の下り回線に期待されているOFDM伝送に,ターボ符号を付加した時の誤り訂正効果をコンピュータシミュレーショ... [more] RCS2009-167
pp.1-6
SR 2009-07-30
11:45
東京 東工大 Transmission Schemes of Cognitive Radio System with Power Control over Rayleigh Fading
Chen SunYohannes D. AlemsegedHa Nguyen TranHiroshi HaradaNICT
This paper addresses the transmission schemes of cognitive r... [more] SR2009-43
pp.131-138
IN, NS
(併催)
2009-03-04
10:30
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル MRC網におけるOSPF最適リンクコスト設定法適用の検討と評価
福田亜紀橋本 仁行松健一秋田大)・鎌村星平宮村 崇塩本公平NTT
IP網での高速故障復旧を実現するIP-FRR(IP Fast Reroute)技術が提案されており,その1つにMRC(M... [more] NS2008-190
pp.269-272
MBE 2008-09-25
11:20
長野 信州大学工学部 脳波応用意思伝達システムに用いる運動関連脳電位(MRCP)の検討
千島 亮宮田真以信州大)・奈良篤史東大医学部附属病院)・伊東一典信州大
意思伝達が極めて困難な重度神経筋疾患者・児のMRCP応用によるBCI開発のための基礎的検討を行った.健常被験者を対象に,... [more] MBE2008-31
pp.25-30
CS, IN, NS
(併催)
2008-09-12
15:10
宮城 東北大学 ノード次数と必要MRC数の関係性についての検討
福田亜紀橋本 仁行松健一秋田大)・鎌村星平宮村 崇塩本公平NTT
IP網での高速故障復旧を実現するIP-FRR(IP Fast Reroute)技術が提案されており,その1つにMRC(M... [more] NS2008-65
pp.131-134
SR 2007-11-27
13:55
広島 広島国際大学 [特別講演]The 2007 International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC) 参加報告
梅林健太東京農工大
本報告は,PIMRC2007の内容を紹介する.全体の概要だけでなく,ソフトウェア無線に関連した発表としてどのようなものが... [more] SR2007-59
pp.91-92
RCS, AP
(併催)
2007-11-08
15:50
東京 電通大 セグメント平均LLRに基づく協調復号法
廣澤 隼大槻知明慶大)・鹿島 毅シギット P.W. ジャロットノキア
通常のテレビ放送やセンサネットワークでは,送信機は情報を再送しない.そこで,情報の再送によって特性の改善を図る代わりに,... [more] RCS2007-106
pp.55-59
SANE 2007-02-23
14:40
埼玉 日本工業大学 最大比合成を前処理とした多重波の時間遅延推定法の特性評価
福島冬樹稲葉敬之三菱電機
筆者らは,多重波環境において信号帯域幅を超える超分解能時間遅延推定を低負荷にて実現する時間ゲートを用いたFFT-超分解能... [more] SANE2006-138
pp.25-30
 24件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会