お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, US
(併催)
2021-12-23
10:20
熊本 崇城大学 メインキャンパス SoLA2階 (熊本県熊本市西区池田4-22-1) マスク着用形態の変化による日本語母音発音への影響の観測
秋田昌憲木戸 孝大坪心椰緑川洋一大分大EA2021-62
COVID-19環境下の社会ではマスクの着用が強制され、その品質および着用法が問題となっている。本研究室ではこのマスクの... [more] EA2021-62
pp.32-35
EA 2020-12-14
13:50
ONLINE オンライン開催 マスクが日本語母音の発音に及ぼす影響の観測法
秋田昌憲工藤悠夏伊藤智史緑川洋一大分大EA2020-54
新型コロナウィルスが全世界的に蔓延している折、世界保健機構等でマスクの着用が奨励され、各国でその着用が強制されている。マ... [more] EA2020-54
pp.50-55
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]Initial analysis of emotional speech acted in noise
Yi ZhaoNII)・Atsushi AndoNTT)・Shinji TakakiJunichi YamagishiNII)・Satoshi KobashikawaNTTEA2018-120 SIP2018-126 SP2018-82
 [more] EA2018-120 SIP2018-126 SP2018-82
pp.125-130
EA 2018-02-15
14:30
広島 県立広島大学 定常雑音環境の質変化がロンバード効果に与える影響
西藤 渉秋田昌憲緑川洋一大分大EA2017-93
本研究室では、定常雑音環境における日本語5母音発声データのフォルマントシフト状況を測定し、ロンバード効果と雑音の大きさ・... [more] EA2017-93
pp.1-6
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2017-12-21
12:50
東京 早稲田大学グリーン・コンピューティング・システム研究開発センター [ポスター講演]雑音環境下における音声了解度向上に向けた音声波形加工手法の評価
武山知弘小林和弘戸田智基武田一哉名大SP2017-57
本研究は,聴取者が雑音環境下にいる環境において,提示音声に対して音声加工処理を行う事で,音声了解度を向上させることを目的... [more] SP2017-57
pp.11-16
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-01
12:40
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]Fletcher効果,Lombard効果及び高域強調フィードバックが歌声に与える影響
飯島聡志石光俊介中山仁史広島市大EA2016-106 SIP2016-161 SP2016-101
聴覚フィードバックが歌声に与える影響を調査するためFletcher効果,Lombard効果及び高域強調フィードバックの観... [more] EA2016-106 SIP2016-161 SP2016-101
pp.135-140
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-28
13:15
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [ポスター講演]音声の耳障り感と了解性にロンバード効果が与える影響
久保理恵子森川大輔赤木正人北陸先端大EA2015-82 SIP2015-131 SP2015-110
雑音・残響環境も含めた様々な音環境でのアナウンス音声を作成するにあたり,了解性を高めるための音声変形は異なる音環境では聴... [more] EA2015-82 SIP2015-131 SP2015-110
pp.93-98
WIT, SP, ASJ-H, PRMU
(共催)
2015-06-18
14:25
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 空気/体内伝導マイクを併用した雑音環境下における非可聴つぶやき強調法とその評価
田尻祐介田中 宏戸田智基グラム ニュービッグサクリアニ サクティ中村 哲奈良先端大PRMU2015-42 SP2015-11 WIT2015-11
サイレント音声コミュニケーションの実現に向けて,非可聴つぶやき(Non-Audible Murmur: NAM)を専用の... [more] PRMU2015-42 SP2015-11 WIT2015-11
pp.59-64
EA, EMM
(共催)
2012-11-16
09:30
大分 大分大学 周波数軸変換とピーク強調を併用したロンバード音声の認識
佐藤有悟緑川洋一秋田昌憲大分大EA2012-81 EMM2012-63
雑音環境下で音声を発声する際には、雑音によって聴覚フィードバックが不十分となるため、発話者は無意識のうちに大声を発声して... [more] EA2012-81 EMM2012-63
pp.1-6
SP 2011-06-24
14:45
愛知 名古屋大学 雑音・残響環境下の拡声音声に適した発話に関する検討
程島奈緒東海大)・荒井隆行上智大)・栗栖清浩TOASP2011-40
雑音下で発話された音声は,静かな場所で発話された音声と比べて一般的に明瞭であり,若年者に対しては複数の報告がある(Lom... [more] SP2011-40
pp.57-61
SP, EA, SIP
(共催)
2010-05-26
13:00
兵庫 甲南大学平生セミナーハウス ロンバード特徴量変換に基づく音声認識性能の改善
植村祐二森勢将雅西浦敬信立命館大EA2010-1 SIP2010-1 SP2010-1
近年,音声認識技術の飛躍的な発達に伴い,音声認識を活用した音声情報案内システム等が利用されるようになりつつある.しかし,... [more] EA2010-1 SIP2010-1 SP2010-1
pp.1-6
SP 2008-06-27
- 2008-06-28
北海道 北海道医療大 線形予測分析に基づいた骨導音声ブラインド回復法の総合的評価
鵜木祐史ルー シュガンヴ タング タット衣笠光太赤木正人北陸先端大SP2008-24
高騒音環境下での安心で安全な音声会話・音声認識を実現するために,雑音の影響を受け易い気導音声の代わりに骨導音声を利用する... [more] SP2008-24
pp.25-30
SP 2008-06-27
- 2008-06-28
北海道 北海道医療大 小児の発話と聴覚フィードバック効果
軍司敦子国立精神・神経センター)・小山幸子北大)・豊村 暁JST/北大)・小川昭利理研)・千住 淳Birkbeck College)・東條吉邦茨城大)・加我牧子国立精神・神経センターSP2008-39
自閉症児には,独特な抑揚や語法の話し方がしばしば認められ,これは「心の理論」の欠陥等に反映されることばやコミュニケーショ... [more] SP2008-39
pp.109-113
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会