お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2020-10-23
10:25
ONLINE オンライン開催 移動体による地産地消データ配信システム ~ 車・車間通信システムのモデル化とシミュレーションによる検証 ~
宮田博司有本和民岡山県立大RCS2020-103
自動車の自動運転・安全運転支援に利用されるダイナミックマップデータのうち準静的、準動的データは車両などにより収集され利用... [more] RCS2020-103
pp.58-62
RCS, SR, SRW
(併催)
2017-03-03
14:00
東京 東京工業大学 LDMデータ伝送のための車車間協調通信による上りリンク伝送品質改善の検討
岡本英二名工大)・岡田 啓名大)・石井良尚牧戸知史豊田中研RCS2016-329
協調型の高度交通システム(intelligent transport systems: ITS)において,local d... [more] RCS2016-329
pp.223-228
WBS, RCC, ITS
(共催)
2016-12-02
10:05
香川 サンポートホール高松 3D Scene Understanding at Urban Intersections for Autonomous Vehicles
Prarthana Bhattacharyya・○Yanlei GuJiali BaoShunsuke KamijoUTokyoWBS2016-69 ITS2016-36 RCC2016-58
Urban intersections exhibit very complex driving behavior an... [more] WBS2016-69 ITS2016-36 RCC2016-58
pp.125-130
RCS 2015-04-16
15:50
大分 湯布院・湯布郷館 [招待講演]高度運転支援システムのためのクラウド型空間情報生成・利用技術
小島祥子鈴木徳祥佐藤和夫牧戸知史豊田中研RCS2015-5
近年,自動車にはカメラやレーダなどのセンサが搭載され,それらを活用した高度運転支援システムや自動運転技術が注目を浴びてい... [more] RCS2015-5
pp.25-29
NLP 2014-12-04
11:55
東京 京都大学 東京オフィス Duffing方程式における安定周期振動の分岐回避
大津智弘・○藤本憲市上田哲史徳島大)・合原一幸東大NLP2014-111
著者らは,動的システムにみられる極限集合の位相的性質が解軌道のリアプノフ指数によって特徴付けられることに着目し,離散時間... [more] NLP2014-111
pp.69-74
NLP 2014-01-22
14:10
北海道 ニセコパークホテル (2+2)次元衝突振動系にみられる1周期解の局所的分岐点求解アルゴリズム
刀根佑輔大分大)・麻原寛之福岡大)・合原一幸東大)・高坂拓司大分大NLP2013-156
本稿では,(2+2)次元衝突振動系にみられる1周期解の局所的分岐点求解アルゴリズムを提案する.まず,各々が2次元系で記述... [more] NLP2013-156
pp.141-144
NC, MBE
(併催)
2013-11-22
10:50
宮城 東北大学 多点リニア電極で測定された大脳皮質局所フィールド電位空間分布の可視化
渡邉俊平片山統裕辛島彰洋田中 徹虫明 元中尾光之東北大MBE2013-68
本研究では,脳への電極埋め込み手術中に観測される細胞外電位信号と電極の位置情報を統合し,脳内の構造と状態の時間的変化を可... [more] MBE2013-68
pp.13-18
US 2012-07-27
10:20
京都 京都電子工業株式会社 生体組織を伝播する非線形波動のイメージング ~ Lamb波によるBNホール ~
原田義文福井大)・井上敬章岡田 孝原田烈光吉川義博日立アロカメデイカル)・戸次直明日大)・金井 浩東北大US2012-27
 [more] US2012-27
pp.41-46
CQ 2012-07-12
14:30
愛媛 愛媛大学 一般化された多次元品質空間におけるフラクタル構造の情報解析 ~ 局所的フラクタル次元を用いた品質管理 ~
松本教久三武情報ビジネス)・○上條賢一東洋大CQ2012-23
コミュニケーション・クオリティに関する複数の品質特性を、数学的に一般化して同時に取り扱う手法を提案した。即ち、多次元品質... [more] CQ2012-23
pp.35-40
RCS, SIP
(共催)
2012-01-27
14:45
福岡 福岡大学 離散型信号のフラクタル的情報構造とその応用 ~ 局所的フラクタル次元を用いた信号処理の一方法 ~
松本教久・○上條賢一東洋大SIP2011-112 RCS2011-301
本論文では、3次元空間における離散力学系軌道をある種の離散型信号として見立て、軌道上に有限の短い処理ユニットをのせ、局所... [more] SIP2011-112 RCS2011-301
pp.193-198
ED, LQE, CPM
(共催)
2009-11-19
13:05
徳島 徳島大学(常三島キャンパス・工業会館) 半極性{11-22}InGaN量子井戸構造の近接場発光マッピング測定
金田昭男上田雅也船戸 充川上養一京大ED2009-135 CPM2009-109 LQE2009-114
ELO-GaN テンプレート上のc面InGaN量子井戸(QW)および{11-22}バルクGaN基板上のInGaN QWの... [more] ED2009-135 CPM2009-109 LQE2009-114
pp.35-38
SP, NLC
(共催)
2008-12-10
16:10
東京 早稲田大学(小野記念講堂) Articulatory feature extraction based on 3-stage MLNs and Inhibition/Enhancement Network
Mohammad Nurul HudaHiroaki KawashimaTsuneo NittaToyohashi Univ. of Tech.NLC2008-49 SP2008-104
高精度音素認識を目的とした調音特徴抽出器について述べる。提案方式は3ステージから成る。第一ステージは三つの多層ニューラル... [more] NLC2008-49 SP2008-104
pp.149-154
ITE-HI, ITE-AIT, ITE-ME, IE, ITS
(共催)
2008-02-18
16:10
北海道 北海道大学大学院 情報科学研究科 車載レーザスキャナを用いた距離データマップの構築と高精度自車位置推定
渋久奈保高橋友和井手一郎村瀬 洋名大)・小島祥子高橋 新豊田中研ITS2007-59 IE2007-242
本報告では,事前に構築した距離データマップと走行中の自車が測定した距離データを対応付けることで,高精度に自車位置推定を行... [more] ITS2007-59 IE2007-242
pp.139-144
PRMU, HIP
(共催)
2007-09-03
09:30
愛知 名古屋大学 距離データ系列の照合による自車位置推定と走行車線認識
渋久奈保高橋友和井手一郎村瀬 洋名大)・小島祥子高橋 新豊田中研PRMU2007-51 HIP2007-60
本報告では, 事前に構築した距離データマップと走行中の自車が測定した距離データを対応付けることで, 高精度に自車位置推定... [more] PRMU2007-51 HIP2007-60
pp.17-22
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会