お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 32件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA 2020-11-09
14:35
北海道 札幌 and オンライン開催
(主:現地開催,副:オンライン開催)
インテリジェントなキャッシュシステムを使用したDNS通信の軽減
政宗達矢落合秀也江崎 浩東大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2020-07-31
11:30
ONLINE オンライン開催 分散協調キャッシュサーバ処理のFPGAオフロード
山岸徹平電通大)・吉見真聡TIS)・策力木格吉永 努電通大CPSY2020-10 DC2020-10
動画配信サービスの普及により増大しているインターネット通信量を削減するため,複数のキャッシュサーバを組み合わせて動作する... [more] CPSY2020-10 DC2020-10
pp.61-66
NS, IN
(併催)
2020-03-05
11:00
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 近接通信を利用したデータオフロードにおけるコンテンツの需要に応じた配布方式の評価
辻村 凱舟阪淳一広島市大IN2019-97
従来、提案されている近距離通信を利用したデータオフロードでは需要の異なる複数のコンテンツの共有に関しては考慮されていなか... [more] IN2019-97
pp.127-132
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-16
10:30
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス モバイルエッジコンピューティングにおける移動性を考慮したタスクオフローディング手法
松本宙也水野 修古 博工学院大CQ2018-72
計算タスクを近接する計算資源に余裕のあるエッジノード(EN)にオフロードする,タスクオフローディングの研究が注目されてい... [more] CQ2018-72
pp.49-54
KBSE, SC
(共催)
2018-11-10
10:00
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 IoTアプリケーションのGPUオフロード時の並列処理部抽出とデータ転送回数低減手法
山登庸次野口博史片岡 操磯田卓万出水達也NTTKBSE2018-37 SC2018-32
私達は,オープンIoTに向け,ユーザが必要なデータを持つデバイスを動的に発見し,利用する,Tacit Computing... [more] KBSE2018-37 SC2018-32
pp.53-58
SR, RCS
(併催)
(第二種研究会)
2018-10-30
13:30
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]WPM-Based Transmission with Equalization-Aware Bit Loading
Sarbagya BuddhacharyaPoompat SaengudomlertBU-CROCCS, Bangkok University
Wavelet packet modulation (WPM) is an emerging multi-carrier... [more]
SR, RCS
(併催)
(第二種研究会)
2018-10-30
15:30
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [招待講演]Multi-Access Edge Computing in 5G Networks and Beyond: A Survey
Quoc-Viet PhamChangwon National Univ.)・Won-Joo HwangInje Univ.
Driven by the emergence of new compute-intensive application... [more]
SC 2018-06-02
09:00
福島 会津大学 UBIC 3D Theater オープンIoTに向けたGPU自動オフロード技術の検討
山登庸次出水達也野口博史片岡 操NTTSC2018-10
近年,IoT技術が進展している.多彩なサービスを実現するために,デバイスとサービスを水平分離的に相互に利活用する,オープ... [more] SC2018-10
pp.53-58
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-01
09:20
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 位置情報を用いた異種無線融合システムのネットワーク選択手法:マルチユーザトラヒックリレーによる遅延伝送時間短縮効果の評価
小野貴博秋元浩平亀田 卓末松憲治東北大RCS2017-361
近年急増する移動通信トラヒックを収容するため,特性の異なる無線通信ネットワークの長所を組み合わせた異種無線融合ネットワー... [more] RCS2017-361
pp.235-240
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
MoNA, ASN
(併催)
(連催) [詳細]
2018-02-26
14:25
東京 上智大学 深層強化学習を用いたモバイルデータオフローディング手法の評価
望月大輔安孫子 悠静岡大)・齊藤隆仁片桐雅二池田大造NTTドコモ)・峰野博史静岡大MoNA2017-65
IoTの普及に伴いモバイルデータ通信需要は増加傾向にあり,通勤時間帯や都市部に偏りが発生することが知られている.モバイル... [more] MoNA2017-65
pp.141-146
RCS 2017-10-19
15:55
宮城 東北工業大学 [依頼講演]QZSS/GPS高精度時刻・位置情報を活用したMassive Connect IoT
亀田 卓東北大)・小熊 博富山高専)・末松憲治東北大RCS2017-183
次世代の情報通信ネットワークは,交通・電力・医療・農業などあらゆる分野における社会基盤として,より一層発展することが期待... [more] RCS2017-183
p.87
CQ 2017-08-28
13:20
東京 東京理科大学 [チュートリアル招待講演]Massive Connect IoT: 高精度時刻・位置情報を活用した多元接続方式
亀田 卓東北大CQ2017-54
次世代の情報通信ネットワークは,交通・電力・医療・農業などあらゆる分野における社会基盤として,より一層発展することが期待... [more] CQ2017-54
p.25
CQ 2017-01-19
14:40
大阪 大阪大学中之島センター Markov Decision Process Assisted User Multi-flow Mobile Data Offloading
Cheng ZhangWaseda Univ.)・Bo GuKogakuin Univ.)・Zhi LiuWaseda Univ.)・Kyoko YamoriAsahi Univ./Waseda Univ.)・Yoshiaki TanakaWaseda Univ.CQ2016-94
With rapid increases in demand for mobile data, mobile netwo... [more] CQ2016-94
pp.25-30
RCS, RCC, ASN, NS, SR
(併催)
2016-07-22
14:10
愛知 名古屋工業大学 適応可動APシステムにおけるユーザ端末密集エリアを考慮したAP位置制御アルゴリズムの提案
五藤大介新井拓人岩渕匡史岩國辰彦丸田一輝NTTRCS2016-125
近年増加し続けるデータトラヒックのトラヒックオフロードを目的とし,筆者等はユーザ分布などの通信状況に応じてアクセスポイン... [more] RCS2016-125
pp.159-164
ICD, CPSY
(共催)
2015-12-18
15:20
京都 京都工芸繊維大学 PEACH2を用いた重力計算アプリケーションにおけるFPGA/GPU協調動作
鶴田千晴金田隆大慶大)・三木洋平筑波大)・天野英晴慶大ICD2015-92 CPSY2015-105
PEACH2(PCI Express Adaptive Communication Hub ver2) は筑波大学が開発... [more] ICD2015-92 CPSY2015-105
pp.117-122
IA 2015-08-25
15:40
東京 IIJセミナールーム (飯田橋グラン・ブルーム 13階) 仮想ネットワークを用いた大規模CCNネットワークのスケーラビリティ分析
中村 遼大崎博之関西学院大IA2015-24
本稿では、CCN (Content-Centric
Networking) のオープンソースソフトウェア実装である ... [more]
IA2015-24
pp.29-34
DC, CPSY
(共催)
2015-04-17
09:25
東京 明治大学中野キャンパス 高層棟3F, 312教室 重力計算アプリケーションのPEACH2へのオフローディング
鶴田千晴久原拓也慶大)・三木洋平筑波大)・天野英晴慶大CPSY2015-2 DC2015-2
重力相互作用を高速に計算するために広く用いられているツリー法は、
複数のノードを持つGPUクラスタで実行する場合、
... [more]
CPSY2015-2 DC2015-2
pp.7-12
ICM, CQ, NS, NV
(併催)
2014-11-14
12:05
高知 高知市文化プラザかるぽーと [奨励講演]移動端末を対象とした快適経路のコンテンツ先回り配信およびオフローディングシステムへの応用
金井謙治竹中幸子甲藤二郎早大)・村瀬 勉NECNS2014-143
本稿では,移動端末を対象とした快適経路ナビゲーションのコンテンツ先回り配信およびオフローディングシステムへの応用を検討し... [more] NS2014-143
pp.87-92
MVE, IE, IMQ, CEA
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2014-03-06
14:20
大分 別府国際コンベンションセンタ 再生待ち時間を考慮した映像配信サービスQoE推定法
富永聡子吉村憲子増田征貴NTTCQ2013-93
映像配信サービスにおけるユーザ体感品質(Quality of Experience: QoE) の評価は,従来,映像コン... [more] CQ2013-93
pp.35-38
NS 2013-10-17
15:20
北海道 北海道大学 大容量ファイルダウンロードにおけるユーザ効用最大化を目的とした帯域割り当て方式
勝元 健木下和彦阪大)・山井成良岡山大)・村上孝三阪大NS2013-104
近年,ネットワークの高速・巨大化に伴い,大容量ファイルのダウンロード要求が増加しているが,これらは一般的にベストエフォー... [more] NS2013-104
pp.79-82
 32件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会