お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 93件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2021-05-25
14:55
ONLINE オンライン開催 スクロール表示される文章黙読中の周辺視野への注意配分
水野隆也森田ひろみ筑波大HCS2021-14 HIP2021-14
「歩きスマホ」問題は,操作に集中することにより周囲の空間への注意が散漫になることが原因とされる.本研究はこの問題の認知的... [more] HCS2021-14 HIP2021-14
pp.70-74
SITE, IA
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2021-03-02
10:20
ONLINE オンライン開催 情報指向型センサネットワークにおけるクラウド型負荷分散モデルの設計と評価
長岡英進山口歩夢吉井優輝水野 修工学院大SITE2020-48 IA2020-44
我々は,複数のIoTサービスを実現するセンサネットワークとして,情報指向型ネットワーク(ICN)を適用した情報指向型セン... [more] SITE2020-48 IA2020-44
pp.58-63
NS, RCS
(併催)
2020-12-17
12:15
ONLINE オンライン開催 無線センサネットワークにおける分散深層学習のための処理割り当てアルゴリズム
梅田果凜西辻 崇朝香卓也都立大)・三好 匠芝浦工大NS2020-90
無線センサネットワークの利用が拡大するにつれて,通信量や取得したデータを処理するサーバの負荷増加が考えられる.エッジコン... [more] NS2020-90
pp.17-22
PN, NS, OCS
(併催)
2020-06-19
13:45
ONLINE オンライン開催 空間分割多重型光パケット交換網のためのフロー単位の空間チャネル資源割当法及び基本機能検証
橋本侑亮久保田浩介阪府大)・藤本章宏和歌山大)・谷川陽祐阪府大)・廣田悠介NICT)・戸出英樹阪府大PN2020-11
近年,ファイバ容量のさらなる拡大,並びに時間領域におけるより効率的かつ柔軟なサービスの収容を目指し,空間分割多重型光パケ... [more] PN2020-11
pp.39-45
NS, IN
(併催)
2020-03-05
09:10
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
輻輳ウィンドウサイズがMPTCP負荷分散機能に与える影響
鈴東佑馬西村俊和毛利公一瀧本栄二立命館大IN2019-76
MPTCPは複数のパスを同時利用して通信を行うため,通信性能の異なるパスが混在する環境で通信が行われる可能性がある.その... [more] IN2019-76
pp.1-6
NS, IN
(併催)
2020-03-05
11:00
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
近接通信を利用したデータオフロードにおけるコンテンツの需要に応じた配布方式の評価
辻村 凱舟阪淳一広島市大IN2019-97
従来、提案されている近距離通信を利用したデータオフロードでは需要の異なる複数のコンテンツの共有に関しては考慮されていなか... [more] IN2019-97
pp.127-132
ICM 2020-03-02
09:20
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
移動体通信併用形MANETにおける通信負荷に基づく経路構築手法
小野翔多東大)・山崎 託三好 匠芝浦工大)・瀬崎 薫東大ICM2019-41
移動可能な無線ノード間で自律分散的なネットワークを形成するMANET(Mobile ad-hoc network)では,... [more] ICM2019-41
pp.1-4
RCS 2019-06-19
09:30
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル フルデュープレクスにおけるスロット単位のシンボル繰り返しを用いる物理チャネル多重法の特性
吉田和樹佐和橋 衛東京都市大)・岸山祥久NTTドコモRCS2019-37
フルデュープレクス(FD: Full Duplex)は,従来のハーフデュープレクス(HD: Half Duplex) F... [more] RCS2019-37
pp.1-6
OFT 2019-05-16
14:00
大阪 I-siteなんば [ポスター講演]ブリルアンゲインスペクトルモデルあてはめによる円環の周方向ひずみ計測の環状構造物への拡張
北村祥太成枝秀介成瀬 央三重大OFT2019-3
円環周上に設置された光ファイバで分布的に観測されたブリルアンゲインスペクトル(BGS)に、求めるべきひずみがフーリエ級数... [more] OFT2019-3
pp.11-16
IN, NS
(併催)
2019-03-05
09:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター ユーザの嗜好類似度を用いたP2P型ライブ動画配信システム
沼田 悟見越大樹大山勝徳西園敏弘日大NS2018-229
P2P(Peer-to-Peer)通信を用いて複数動画を同時に視聴できる配信サービスにおける効率的な制御方法を提案する。... [more] NS2018-229
pp.213-218
SR, RCS
(併催)
(第二種研究会)
2018-10-31
10:25
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]Performance Improvement of Adaptive MIMO Unipolar OFDM Using SVD for Indoor Optical Wireless Communications
Jariya PantaPoompat SaengudomlertBangkok Univ.
In this paper, multiple input and multiple output (MIMO) uni... [more]
OFT 2018-10-11
16:00
宮城 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) [ポスター講演]分布荷重がBGSに基づく円環の円周方向ひずみ計測に与える影響
西村研人成枝秀介成瀬 央三重大OFT2018-47
円環周上に設置された光ファイバで観測されるブリルアンゲインスペクトル(BGS)に、そのモデルをあてはめる円環の円周方向ひ... [more] OFT2018-47
pp.153-156
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-13
10:20
北海道 函館アリーナ 位置情報を用いた異種無線融合システムのネットワーク選択手法 ~ トラヒックリレーによる大容量データ伝送遅延時間の評価 ~
小野謙人小野貴博秋元浩平亀田 卓末松憲治東北大SR2018-52
急増するトラヒック要求に対応する手段として,従来のマクロセルに大容量通信可能なスモールセルを組み合わせて用いる異種無線融... [more] SR2018-52
pp.145-150
NS, IN
(併催)
2017-03-02
09:50
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 予測分布を用いたネットワーク制御におけるトラヒックの観測スケジューリング手法
佐竹幸大大歳達也大下裕一村田正幸阪大IN2016-100
トラヒックの時間変動が激しい状況下においても、輻輳を生じずトラヒックを収容するためには、トラヒックエンジニアリング(TE... [more] IN2016-100
pp.19-24
ASN 2016-11-18
15:30
愛知 名古屋大学 無線センサネットワークにおける観測値分布情報を用いたデータ収集法
青木悠将佐藤雅俊朝香卓也首都大東京ASN2016-66
無線センサネットワークの適用が考えられている多くの例は広域な環境や人の立ち入りが困難な場所であり,設置するセンサノードは... [more] ASN2016-66
pp.187-192
IA 2016-11-09
17:30
北海道 大沼国際セミナーハウス センサデータストリーム収集システムにおける中継ノードを用いた負荷均等化手法の検討
川上朋也奈良先端大)・石 芳正義久智樹阪大)・寺西裕一NICT/阪大IA2016-62
本研究では,周期的なセンサデータ収集システムにおける,中継ノードを用いた負荷均等化手法ついて検討する.一般的にセンサデー... [more] IA2016-62
pp.35-39
US 2016-11-07
16:50
静岡 静岡大学 浜松キャンパス 掃流砂の粒径判別を目的とした圧電センサシステムの開発
林 正敏吉川拓弥小山大介松川真美同志社大US2016-59
環境測定の現場では構造が簡易で電源を必要としない堅牢なセンサが求められている.河川において,河床の砂や小石の粒度分布は河... [more] US2016-59
pp.59-62
IN, RCS
(併催)
2016-05-20
15:15
東京 機械振興会館 オフロード効率改善を実現する適応可動APシステムの提案
新井拓人五藤大介岩渕匡史岩國辰彦丸田一輝NTTRCS2016-43
近年のデータトラヒック量増大傾向に対して,トラヒックオフロードの重要性が増してきている.特に,スタジアムやイベント会場な... [more] RCS2016-43
pp.107-112
EMCJ, WPT
(併催)
2016-01-29
16:20
熊本 熊本高専(熊本キャンパス) 平行二線路を用いた電磁界結合ワイヤレス給電における二次側負荷の制御方法
前川拓也ズオン クオン タン東野武史岡田 実奈良先端大WPT2015-70
本研究は,平行二線路を用いた電磁界結合ワイヤレス給電方式における,受電電力安定化のための負荷制御方法を提案する.平行二線... [more] WPT2015-70
pp.33-38
CQ 2015-09-02
16:40
京都 京都工芸繊維大学 断続的に通信可能となる伝送路における最適パケット長
小林晋作井上文彰滝根哲哉阪大CQ2015-74
走行する自動車間あるいは自動車と路肩の端末の間での通信や携帯ゲーム機の
すれ違い通信など,各端末が他の端末と通信可能と... [more]
CQ2015-74
pp.201-206
 93件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会