お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, EMM
(共催)
2016-11-18
10:45
大分 コンパルホール (大分) 主観・客観評価値を用いたスピーチマスキングシステムの品質推定
小林洋介室蘭工大)・近藤和弘山形大EA2016-59 EMM2016-65
スピーチプライバシー保護のために,本人の音声から合成した聴取妨害音(マスカー)は妨害効果が高いことが示されている。本研究... [more] EA2016-59 EMM2016-65
pp.67-72
EA, ASJ-H
(共催)
2015-08-04
13:45
宮城 東北大学 電気通信研究所 バイノーラル音声了解度の客観推定方法の基礎検討
平 和也近藤和弘山形大EA2015-22
音声了解度の現存する客観推定法は,ほとんどがモノラル音声了解度をモノラル信号から推定するものであり,バイノーラル信号を用... [more] EA2015-22
pp.71-76
BioX
(第二種研究会)
2012-08-28
11:00
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 携帯端末のセンサ情報を用いた個人認証に関する検討
笠原弘樹早大)・市野将嗣電通大)・吉井英樹ソフトバンクテレコム)・鶴丸和宏甲藤二郎小松尚久早大
本稿では,携帯端末の搭載されたセンサ情報を用いて,個人認証を行う手法について述べる.初めに歩行動作において得られる加速度... [more]
ICM, CQ, NS
(併催)
2011-11-11
09:00
青森 弘前大学 ロジスティック回帰分析を用いたスコアレベル融合によるトラヒックパターン分類に関する一検討
前田浩明星 健太郎早大)・市野将嗣電通大)・小松尚久早大CQ2011-52
近年,インターネットの急速な普及・高速化に伴い,様々なサービスを提供する通信トラヒックが急増している.このような状況の中... [more] CQ2011-52
pp.49-54
IPSJ-GN, LOIS
(連催)
2011-05-19
13:00
東京 NTT武蔵野研究開発センタ 加速度データの周期性に着目した歩行状態の識別に関する一考察
笠原弘樹伊藤智則早大)・吉井英樹ソフトバンクテレコム)・鶴丸和宏小松尚久早大LOIS2011-3
本稿では,携帯端末に搭載された3軸加速度センサを用いて,通常歩行(平地),階段上り,階段下りの3種類の歩行状態の識別手法... [more] LOIS2011-3
pp.21-26
LOIS 2011-03-04
10:55
沖縄 石垣市IT事業支援センター(沖縄県) 加速度データのLPCケプストラムを用いた歩行状態の識別に関する一考察
白井隼人笠原弘樹伊藤智則早大)・吉井英樹ソフトバンクテレコム)・小松尚久早大LOIS2010-85
本稿では,3軸加速度センサを用いた歩行状態の識別における特徴量として,音声処理で用いられる分析手法であるLPCケプストラ... [more] LOIS2010-85
pp.119-124
NS, ICM, CQ
(併催)
2010-11-19
11:15
京都 京都大学 桂キャンパス LPCケプストラムを用いたネットワークトラヒック分類手法に関する一考察
前田浩明星 健太郎市野将嗣小松尚久早大)・竹下 恵長谷川治久NTTCQ2010-60
近年,インターネットの急速な普及・高速化に伴い,様々なサービスを提供する通信トラヒックが急増している.このような状況の中... [more] CQ2010-60
pp.67-72
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会