電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WPT 2018-03-02
15:30
京都 京都大学宇治キャンパス パルス変調波を利用した整流回路の効率向上に関する研究
平川 昂篠原真毅京大WPT2017-75
現在、IoT 技術が世間の関心を集めており、柔軟なセンサーネットワークの構築が必要とされている。し かし、有線接続に... [more] WPT2017-75
pp.39-43
NS, IN
(併催)
2018-03-02
10:30
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 省電力無線マルチホップネットワークにおける親ノード探索時間短縮アルゴリズムのフィールド評価
土江康太八百健嗣OKI)・寺西裕一NICTIN2017-125
省電力マルチホップセンサネットワークの課題の1つに,ネットワーク加入時の親ノード探索時間の短縮がある.この課題に対し,我... [more] IN2017-125
pp.213-218
MW
(第二種研究会)
2017-06-14
- 2017-06-16
海外 KMUTT(タイ・バンコク) Microwave Rectifier with Intermittent Input
Takashi HirakawaNaoki ShinoharaKyoto Univ.
For the practical realization of Microwave power transfer (M... [more]
NS 2017-04-21
10:25
富山 富山商工会議所 LoRaを用いた圃場管理用ネットワーク構築手法の検討
豊田真治寺田恵太郎髙田裕也平田忠明袖 美樹子金沢工大NS2017-11
我々は農業従事者の作業負荷軽減や知識伝承を助けるため,フィールドサーバを用いた圃場管理システムの開発を行っている.フィー... [more] NS2017-11
pp.61-66
MW 2016-12-16
15:40
神奈川 防衛大学校 パルス変調波を利用する無線電力伝送における整流回路動作の研究
平川 昂篠原真毅京大MW2016-168
現在、無線電力伝送が注目されている。
無線電力伝送には、有線に縛られず端末への充電が可能であり、また送電系の位置を動か... [more]
MW2016-168
pp.205-209
ICD, SDM
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2016-08-01
10:00
大阪 中央電気倶楽部 高速起動を特徴とした間欠動作型VLSIシステム用32-MHzオンチップクロック源回路
浅野大樹廣瀬哲也三好太朗椿 啓志尾崎年洋黒木修隆沼 昌宏神戸大SDM2016-49 ICD2016-17
本稿では,高速起動を特徴とした間欠動作型VLSIシステム用32-MHzオンチップクロック源回路を提案する.提案回路は,従... [more] SDM2016-49 ICD2016-17
pp.3-8
RCS, RCC, ASN, NS, SR
(併催)
2016-07-21
14:10
愛知 名古屋工業大学 無線マルチホップネットワークにおけるネットワークアクセス認証時間のフィールド評価
土江康太八百健嗣OKI)・寺西裕一中内清秀NICTNS2016-65
無線マルチホップセンサネットワークにおけるネットワークアクセス認証方式として,認証相手の異なる2つの認証方式を実フィール... [more] NS2016-65
pp.81-86
DC, SS
(共催)
2015-10-13
15:30
奈良 東大寺総合文化センター 低電力モードの無線センサーネットワークに対するワームホール攻撃の検出
蓑原 隆西山響翼拓殖大SS2015-39 DC2015-29
センサーを持つ小型無線ノードが自律的にネットワークを構成してデータを収集
する無線センサーネットワーク(WSN)が注... [more]
SS2015-39 DC2015-29
pp.23-28
ICD, ITE-IST
(連催)
2013-07-05
16:25
北海道 サン・リフレ函館 最適オンオフ制御を用いた磁界結合パルス通信用間欠動作LNA
徐 照男小平 薫浦野雄貴黒田忠広石黒仁揮慶大ICD2013-42
この論文は磁界結合パルス通信で用いるための低消費電力なLNAについて述べている.消費電力を削減するために,パルス信号が現... [more] ICD2013-42
pp.113-118
AN 2010-07-16
11:30
北海道 函館市中央図書館 受信端末駆動無線マルチホップネットワークにおける無線チャネルの品質変動に対するロバスト性
小南大智阪大)・菅野正嗣阪府大)・村田正幸阪大)・畠内孝明富士電機システムズAN2010-21
無線センサネットワークの主な課題の1 つに無線チャネル品質の不安定性に対する通信信頼性の向上がある.掲記方式は,各無線機... [more] AN2010-21
pp.63-68
ICD 2009-12-14
13:30
静岡 静岡大学(浜松) [ポスター講演]極低電力LSIのための間欠パルス回路
松下拓道上野憲一浅井哲也雨宮好仁北大ICD2009-89
LSIを間欠動作によって省電力化するためのタイマースイッチ回路を提案する。この回路はパルスを一定時間ごとに出力して後続の... [more] ICD2009-89
pp.65-70
SR, AN, USN
(併催)
2009-10-23
10:40
宮城 東北大学 受信端末始動型マルチホップ無線ネットワークにおける制御パケットの衝突を考慮した性能改善
小南大智阪大)・菅野正嗣阪府大)・村田正幸阪大)・畠内孝明町田潤一富士電機システムズSR2009-62 AN2009-32 USN2009-35
無線センサネットワークの主な課題として消費電力の抑制がある.
掲記方式では,受信側始動型の非同期式間欠動作を行い,各無... [more]
SR2009-62 AN2009-32 USN2009-35
pp.73-78(SR), pp.65-70(AN), pp.47-52(USN)
IN, NS
(併催)
2009-03-03
09:00
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 受信端末始動型間欠動作データ転送方式の性能評価
小南大智阪大)・菅野正嗣阪府大)・村田正幸阪大)・畠内孝明富士電機システムズ)・福山良和四蔵達之富士電機アドバンストテクノロジーIN2008-155
センサネットワークの長寿命化を考える場合,スリープ制御を用いたMAC プロトコルによる低消費電力化が重要な観点となる.掲... [more] IN2008-155
pp.139-144
NS 2008-10-23
16:35
大阪 関西大学 中継ノードの間欠動作による低消費電力な広域センサネットワーク構成法の検討
宝田陽子内海富博行松健一今野 健洪 志偉小林真人秋田大NS2008-79
本研究では,センシングするノードとデータを中継するノードを分けたメッシュ型センサネットワークに対し,中継ノードを間欠動作... [more] NS2008-79
pp.65-70
IN 2007-12-14
11:15
広島 広島市立大学 センサネットワークにおける間欠通信のための経路を考慮した同期方式の提案
鍬塚 諭井上伸二角田良明広島市大IN2007-111
近年,光度,温度,音,加速度,磁気などのセンシングが可能な
小型のセンサノードで形成されるセンサネットワークが注目され... [more]
IN2007-111
pp.73-77
R 2006-07-14
16:10
北海道 稚内市総合文化センター 運用段階におけるソフトウェアシステムの失望確率
得能貢一山田 茂鳥取大
本論文では,間欠的にシステムを利用するユーザから見たソフトウェア可用性評価法について議論する.これまでに提案されてきたソ... [more] R2006-26
pp.43-48
EE 2005-07-21
15:40
京都 同志社大学 固定オン時間電流モード降圧コンバータ
明石裕樹龍 隆中村尚幸石井卓也田辺裕久元森幹夫石丸 誠重見智也齊藤 浩田中 武山本 完Richard K. Oswald松下電器
主スイッチング素子のオン時間を設定し、インダクタ電流の谷値を制御する固定オン時間電流モード制御方式の降圧コンバータICを... [more] EE2005-18
pp.31-36
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会