お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 39件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SWIM 2019-11-30
16:35
東京 東京理科大 富士見校舎 人工知能(AI)を活用した都市と企業のガバナンスについての一考察 ~ システムアプローチと機械学習工学による持続可能なスマートシティ実装 ~
小倉博行馬奈木俊介九大)・石野正彦文教大SWIM2019-24
本稿では,今年6月に開催された20カ国・地域(G20)の貿易・デジタル経済相会合で採択された「人間中心のAI原則」などの... [more] SWIM2019-24
pp.29-36
HIP 2017-12-26
11:15
宮城 東北大学電気通信研究所 自己の回転運動知覚における視覚・前庭感覚の統合処理特性
齊藤亮太久方瑠美金子寛彦東工大HIP2017-91
人間は通常、視覚、前庭感覚、体性感覚など、様々な感覚情報を用いて自己の運動を知覚している。本研究では、自己を中心とした身... [more] HIP2017-91
pp.39-42
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) 多様な資料の時空間的統合利用によるインタラクティブな標本観賞支援システム
村田拓真川嶋稔夫公立はこだて未来大
博物館などの施設において、解説パネルを用いるような展示手法が扱われるケースが多いが、近年では鑑賞者に資料への興味や深い理... [more]
ICTSSL 2017-03-03
09:55
新潟 新潟大学 情報統合技術を備えた防災情報共有システムの開発と平成28年熊本地震における情報提供
池野美樹谷本幸一松井 隆日立)・花島誠人臼田裕一郎防災科学技研ICTSSL2016-77
災害発生直後は情報不足により状況を把握することが難しく,災害対応者は入手した断片的な情報で状況を判断し災害対応を行ってい... [more] ICTSSL2016-77
pp.37-42
IA 2015-11-12
11:40
千葉 成田ビューホテル The Flexibility of Healthcare Decision Support Services: Implementation Approach
Wasin PassornpakornSinchai KamolphiwongPrince of Songkla Univ.)・Verapol ChandeeyingUniversity of PhayaoIA2015-44
The Decision Support Systems (DSS) in healthcare service dom... [more] IA2015-44
pp.35-40
HIP 2015-07-19
10:20
福岡 九州産業大学 オノマトペが交差・反発知覚に及ぼす影響
郷原皓彦山田祐樹三浦佳世九大HIP2015-57
言語処理は視覚的運動知覚に影響を与えることが知られている。だが,オノマトペ (擬音語・擬態語) の処理が視覚的運動知覚に... [more] HIP2015-57
pp.77-82
IA, ICSS
(共催)
2015-06-12
13:00
福岡 九工大 百周年中村記念館 [招待講演]公共空間におけるモバイル端末に対する物理攻撃とその対策
林 優一東北学院大)・本間尚文青木孝文曽根秀昭東北大IA2015-13 ICSS2015-13
タッチスクリーン機能を有するタブレット端末やスマートホンなどのモバイル端末は、近年急激に普及しており、私的な空間のみなら... [more] IA2015-13 ICSS2015-13
pp.69-74
MI 2015-03-02
11:30
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ 肝線維化症の診断支援に向けた画像情報と検査情報の統合法の検討 ~ 血液検査情報に基づく診断への形態情報の統合 ~
政木勇人横田 太大竹義人奈良先端大)・堀 雅敏阪大)・岡田俊之筑波大)・富山憲幸佐藤嘉伸奈良先端大MI2014-64
現在,臨床で肝線維化症の確定診断に用いられる肝生検は侵襲的な手法であるため,非襲的な血液検査による手法が研究されている.... [more] MI2014-64
pp.59-62
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 気仙沼横丁の「今」を疑似体験できる3Dアプリの提案 ~ ソーシャルメディアの投稿記事との連携 ~
山下 諒上間大生関西大)・一刈良介蔵田武志産総研
本研究では,バーチャル空間に再構築された復興屋台村気仙沼横丁を疑似体験できるアプリケーションを提案する.本アプリケーショ... [more]
SCE 2014-01-24
15:55
東京 機械振興会館地下3階2号室 超伝導量子ビット集積化に向けた積層型微小接合作製プロセス
前澤正明佐藤哲朗埜口良二山岸雅司日高睦夫堀川 剛産総研SCE2013-57
実用的規模の量子計算機の実現を目指して,超伝導量子ビットのスケーラブルな集積化を可能とする微小ジョセフソン接合の作製プロ... [more] SCE2013-57
pp.129-134
SWIM 2013-02-20
13:10
東京 機械振興会館 [基調講演]ビジネスモデルの動向とビジネス方法特許
幡鎌 博文教大SWIM2012-23
本稿では、ビジネスモデルの動向とビジネス方法特許の出願/成立状況を概観し、特にそれらの関係について考察する。まず、最近の... [more] SWIM2012-23
pp.1-6
HIP, ITE-HI, ITE-CE
(連催)
(連催) [詳細]
2012-11-14
13:25
宮城 東北大学電気通信研究所 2号館4階大会議室 乳児は視覚と嗅覚の連合を形成するか ~ 未知の匂いを用いた連合学習による検討 ~
作田由衣子中大)・稲田祐奈日本女子大)・小川紗貴子中大)・和田有史農研機構)・國枝里美高砂香料工業)・金沢 創日本女子大)・山口真美中大HIP2012-49
これまで、乳児を対象とした研究において、視覚情報と嗅覚情報のような多感覚情報の統合が可能かどうかについて検討されてきた。... [more] HIP2012-49
pp.7-12
IN, NV
(併催)
2012-07-19
15:25
北海道 北海道大学 [招待講演]AKARIアーキテクチャ設計を基にした新世代ネットワークの開発および展開の現状
原井洋明NICTIN2012-37
本稿ではAKARIアーキテクチャ設計プロジェクトでの新世代ネットワーク概念設計を具現化したネットワークを紹介する.位置指... [more] IN2012-37
pp.25-30
MBE, NC
(併催)
2012-03-14
17:40
東京 玉川大学 感覚運動情報統合モデルを用いたヒューマノイドの全身リーチング姿勢の生成
杉村僚介香川高弘田地宏一宇野洋二名大NC2011-144
本研究ではニューラルネットワークを用いて,ヒューマノイドの全身リーチング動作姿勢を生成する.リーチングに必要な情報を各種... [more] NC2011-144
pp.135-140
ITE-HI, ITE-CE
(共催)
HIP
(連催) [詳細]
2011-11-11
10:30
宮城 東北大学電気通信研究所2号館4F大会議室 日本人の顔と声による感情表現の収録とその評価
高木幸子平松沙織田中章浩早大HIP2011-50
本研究の目的は,日本人による感情を含んだ表情と音声を組み合わせた刺激セットを作成するため,音声動画を収録し,評価実験を行... [more] HIP2011-50
pp.51-56
PRMU 2011-10-06
11:10
千葉 幕張メッセ [招待講演]デジタル台風:気象現象のリアルタイム認識・理解に向けた大規模データの統合と分析
北本朝展NIIPRMU2011-85
2011年、日本は災害の年となった。こうした災害に対して情報学は何が貢献できるのか。筆者はこう考えている。世界で発生して... [more] PRMU2011-85
p.5
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2011-01-21
14:10
滋賀 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス [フェロー記念講演]セマンティックギャップに架ける橋
馬場口 登阪大PRMU2010-184 MVE2010-109
画像,映像など視覚情報から人間の解釈できる意味情報(セマンティックス)を得ることがメディア理解研究の究極の目標である.し... [more] PRMU2010-184 MVE2010-109
p.289
AI, SC
(共催)
2010-08-23
15:00
東京 国立情報学研究所 設計~運用情報の統合によるサービスライフサイクル管理と、APaaS基盤への適用
細野 繁NECAI2010-18
情報システムやサービスの開発の生産性を上げていくために、設計から実装、提供から改善までの開発プロセスおよび提供プロセスを... [more] AI2010-18
pp.49-52
ICM 2010-03-12
10:30
鹿児島 おきえらぶフローラルホテル 住所データの統合管理方法について
岩嶋伸行山下陽一影 直雅住山賢二森 英俊NTT西日本ICM2009-57
テレコム業界における住所情報は、お客様とサービスを提供する自社設備を結び付けるキー情報となっており、サービス提供可否の判... [more] ICM2009-57
pp.69-74
ITE-AIT, IE, ITE-HI, ITE-ME, ITS
(共催)
2010-02-16
14:15
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科 地理的近傍情報とハイパーリンク的近傍情報の組み合わせによる情報ナビゲーション
中山 健電通大)・新田善久津田塾大)・○酒井恵光多田好克電通大ITS2009-66 IE2009-160
地理情報に加えて,関連する情報も統合した総合的地理情報サービスが各種普及している.一般にこれらは完成度が高く有用だが,ユ... [more] ITS2009-66 IE2009-160
pp.165-170
 39件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会