電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]グラフ上の影響伝搬におけるランダムサンプリングの効率性に関する検討
脇坂悠生山下量之関西学院大)・津川 翔筑波大)・大崎博之関西学院大
近年、口コミマーケティング等への応用の期待から、ソーシャルネットワークにおける影響最大化問題が活発に研究されている。影響... [more]
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]データに基づく影響最大化アルゴリズムのリツイートデータを用いた評価
永瀬拓也津川 翔筑波大
ソーシャルネットワークにおいて影響力の強い少数のノード(シードノード) の集合を特定する影響最大化アルゴリズムの研究が活... [more]
CQ 2018-01-18
10:45
東京 国立情報学研究所 ソーシャルネットワークにおける影響力推定手法の有効性と手法間の関係の分析
竹村隼平津川 翔筑波大CQ2017-88
ソーシャルネットワークにおける影響力の強いノードを推定することは、ネットワーク科学分野の重要な研究課題の 1 つである。... [more] CQ2017-88
pp.17-22
CS, CQ
(併催)
2017-04-21
14:45
北海道 千歳科学技術大学 影響伝搬確率の誤差に対する影響最大化アルゴリズムのロバスト性評価
津川 翔筑波大)・大崎博之関西学院大CQ2017-11
ソーシャルネットワークにおける影響最大化問題が活発に研究されている。影響最大化は、ソーシャルネットワーク上の少数のシード... [more] CQ2017-11
pp.53-58
CS, CQ, NV
(併催)
2016-04-21
10:10
東京 機械振興会館 未知のグラフに対する影響最大化アルゴリズムにおけるランダムジャンプの効果
三原正大関西学院大)・津川 翔筑波大)・大崎博之関西学院大CQ2016-3
我々はこれまで未知のグラフに対する影響最大化問題と、その発見的解法 Influence Maximization for... [more] CQ2016-3
pp.13-18
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会