お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 498件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2021-06-25
10:00
ONLINE オンライン開催 高多値QAMを用いたミリ波MIMO通信のための位相雑音存在下におけるLLR導出に関する一検討
わく本大輝高橋拓海阪大)・衣斐信介同志社大)・三瓶政一阪大RCS2021-66
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] RCS2021-66
pp.214-219
RCS 2021-06-25
15:00
ONLINE オンライン開催 地上モバイルネットワークとの周波数共用を実現するためのHAPS向けヌルステアリング技術
田代晃司星野兼次長手厚史ソフトバンクRCS2021-75
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] RCS2021-75
pp.267-272
QIT
(第二種研究会)
2021-05-25
14:00
ONLINE オンライン開催 超高次元データ解析のための量子インスパイア主成分分析の開発
間島 慶量研機構)・小出(間島) 真子NICT)・田桑弘之樋口真人須原哲也八幡憲明量研機構
主成分分析は多変量データから重要な低次元成分を抽出する統計手法である.しかし,主成分分析のアルゴリズムは特異値分解に基づ... [more]
WBS, RCC
(共催)
SAT, MICT
(併催) [詳細]
2021-05-20
15:25
ONLINE オンライン開催(Zoom) [特別講演]超小型衛星ひろがりを用いたアマチュア無線帯における高速通信技術実証
前田陽生長澤恒聖鹿野竜也小木曽 望阪府大WBS2021-11 RCC2021-11 SAT2021-9
大阪府立大学小型宇宙機システム研究センター(SSSRC)および室蘭工業大学航空宇宙機システム研究センター(APReC)で... [more] WBS2021-11 RCC2021-11 SAT2021-9
pp.56-61(WBS), pp.56-61(RCC), pp.44-49(SAT)
RCS 2021-04-23
12:30
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]ミリ波リニアセルシステムにおける置局設計手法に関する検討
藤尾俊輔西川健一尾崎一幸富士通RCS2021-13
高速鉄道や高速道路などで生じる通信トラヒックを収容するために,筆者らは,移動経路に沿って配置された基地局と移動車両がミリ... [more] RCS2021-13
pp.60-65
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-05
10:30
ONLINE オンライン開催 高速移動環境下における様々な基地局設置時でのミリ波帯基地局連携技術の伝送性能評価
奥山達樹須山 聡野中信秀浅井孝浩NTTドコモRCS2020-249
第5世代移動通信システム(5G)の商用サービスが拡がりつつあり,5GではMassive MIMOを用いたビームフォーミン... [more] RCS2020-249
pp.207-211
PN 2021-03-01
16:15
ONLINE オンライン開催 [招待講演]ブリルアン散乱に基づく分布型光ファイバセンサの高性能化
水野洋輔横浜国大)・野田康平東工大/横浜国大)・李 ひよん芝浦工大)・中村健太郎東工大PN2020-47
光ファイバに沿った任意の位置で歪や温度を測定できるセンサを「分布型光ファイバセンサ」と呼ぶ。ビルの内壁やトンネル、ダム、... [more] PN2020-47
pp.30-37
PN 2021-03-02
11:15
ONLINE オンライン開催 ダブルクラッド光ファイバを用いた光給電型光ファイバ無線における供給電力の向上
野本颯人間宮光瑠樋口忠伸松浦基晴電通大)・Denis MassonSimon FafardBroadcomPN2020-53
光給電型光ファイバ無線伝送における基地局への供給電力の向上を目的として,300 mのダブルクラッド光ファイバを介して信号... [more] PN2020-53
pp.66-69
SANE 2021-01-29
11:20
ONLINE オンライン開催 民生部品を活用した宇宙用高感度カメラの開発
倉本文弥木村真一東京理科大SANE2020-48
宇宙空間において高感度の画像を得ることは,科学観測や航法誘導計測など様々な面で非常に重要な意味を持っている. これまで宇... [more] SANE2020-48
pp.56-60
NS, RCS
(併催)
2020-12-18
10:00
ONLINE オンライン開催 A Study on Performance Analysis of Single-carrier Modulation with Frequency Domain Equalization in Millimeter-wave and Terahertz Broadband Communications
Shuhei SaitoHirofumi SuganumaWaseda Univ.)・Keita KuriyamaYu OnoHayato FukuzonoMasafumi YoshiokaNTT)・Fumiaki MaeharaWaseda Univ.RCS2020-143
This report investigates the system capacity of millimeter-w... [more] RCS2020-143
pp.50-53
NS, RCS
(併催)
2020-12-18
13:50
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]多次元・高多値信号検出のためのビーム-アンテナ領域階層型信念伝搬法に関する一検討
高橋拓海阪大)・衣斐信介同志社大)・三瓶政一阪大NS2020-102 RCS2020-149
本稿では,低処理量かつ高精度な大規模マルチユーザMIMO (Multi-Input Multi-Output) 検出のた... [more] NS2020-102 RCS2020-149
pp.79-84
EMD 2020-12-04
15:50
ONLINE オンライン開催 Fundamental Evaluation of Impedance Variations in the Connector Caused by High-Frequency Noise Propagation
Hiroyuki UedaShugo KajiYoungwoo KimDaisuke FujimotoNAIST)・Taiki KitazawaTakashi KasugaNIT,Nagano College))・Yuichi HayashiNAISTEMD2020-24
 [more] EMD2020-24
pp.34-38
LQE, CPM, ED
(共催)
2020-11-26
13:30
ONLINE オンライン開催 選択再成長オーミックコンタクトを用いた高耐圧AlGaNチャネルHFET
井上暁喜原田紘希山中瑞樹江川孝志三好実人名工大ED2020-7 CPM2020-28 LQE2020-58
四元混晶AlGaInNバリア層と選択的に再成長したn+-GaNコンタクト層を採用したAl0.19Ga0.81NチャネルM... [more] ED2020-7 CPM2020-28 LQE2020-58
pp.25-28
LQE, CPM, ED
(共催)
2020-11-27
11:20
ONLINE オンライン開催 AlGaN/GaN SG-HEMTと比べてMIS-HEMTの優れた高周波特性に関する研究
バラトフ アリ小澤渉至山下隼平アスバル ジョエル タクラ徳田博邦福井大)・葛原正明関西学院大ED2020-16 CPM2020-37 LQE2020-67
小信号特性の場合にはMIS構造がSG構造より優れた特性を示していることを複数の研究者から報告されている。しかし、大信号特... [more] ED2020-16 CPM2020-37 LQE2020-67
pp.60-62
SANE 2020-08-28
14:25
ONLINE オンライン開催 回転レーダによる高分解能方位測定 ~ パルスレーダとFM-CWレーダの出力処理結果 ~
瀨在俊浩JAXASANE2020-24
筆者はビーム走査アンテナによる高分解能電波情報計測方法を考案した。筆者他は回転アンテナを備えた電波受信装置で取得した出力... [more] SANE2020-24
pp.19-23
US 2020-07-31
15:45
ONLINE オンライン開催 電界方向とCaBi2Ta2O9/Bi4Ti3O12超音波トランスデューサの耐熱特性
日高蒔恵小林牧子熊本大US2020-19
圧電ゾルゲル複合複合体は 非破壊検査用の超音波トランスデューサとして使用できる。一般的にゾルゲル相にはPb(Zr,Ti)... [more] US2020-19
pp.33-36
ICTSSL 2020-05-28
16:15
新潟 新潟メディアシップ
(開催中止,技報発行あり)
英語多読学習における高次元流暢性獲得のための準自律学習
小野里好邦放送大)・ベアリー キース琉球大)・野口正一仙台応用情報学研究振興財団ICTSSL2020-3
英語が得意でない人でも英語に興味があれば、英語が自由に使えるようになる学び方として多読が提案されている。多読を成功させる... [more] ICTSSL2020-3
pp.13-18
SANE 2020-04-22
11:40
ONLINE オンライン開催 回転アンテナによる電波到来方位の高精度・高分解能測定 ~ 射点上のH-IIBロケットから放射された電波の受信・処理結果 ~
瀨在俊浩杉薗光太朗市川知範砂見幸之JAXASANE2020-5
筆者の一人はビーム走査アンテナによる高精度・高分解能に電波情報を計測する方法を考案した。この方法を種子島宇宙センターの射... [more] SANE2020-5
pp.25-29
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-05
16:00
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
Approximate Floating Point Multiplier based on Shifting Addition Using Carry Signal from Second-Highest-Bit
Jie LiYi GuoShinji KimuraWaseda Univ.VLD2019-120 HWS2019-93
 [more] VLD2019-120 HWS2019-93
pp.151-156
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-06
09:00
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
高速移動環境下でのミリ波帯基地局連携技術
奥山達樹須山 聡野中信秀奥村幸彦浅井孝浩NTTドコモRCS2019-383
第5世代移動通信システム(5G)の商用サービスが世界で始まりつつある.この初期の5Gでは,Massive MIMO(M-... [more] RCS2019-383
pp.323-328
 498件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会