お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2021-03-04
10:45
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]階層化Neural Processを用いた高解像度の部分画像補完
宮原雅人佐藤大佑福田匡人松村成宗西川嘉樹NTTPRMU2020-74
Neural Process(NP)は,予測の不確実性を考慮可能な深層生成モデルである.
形状未知の関数に従う既知の入... [more]
PRMU2020-74
pp.31-34
NS, IN
(併催)
2018-03-02
10:30
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 宛先端末位置推定を利用した階層化Opportunistic Routingにおける基準端末複数配置手法
亀田崚太山崎 託早大)・山本 嶺電通大)・田中良明早大NS2017-206
アドホックネットワークにおいて,ブロードキャスト通信を用いて受信端末が自律的に転送判断し,特定の経路に依存しない通信を行... [more] NS2017-206
pp.221-224
CPSY, DC
(併催)
2014-07-30
15:15
新潟 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 時空間圧縮と階層化によるセンサネットの省電力化
中田 尚田中維人東大)・室 啓朗日立)・村上健男藤崎晋太郎日立情報通信エンジニアリング)・志村隆則木下泰三日立)・中村 宏東大CPSY2014-40
大規模センサネットの実現にはセンサノードの省電力化が必要不可欠である.センサノードは様々な場所に設置されるため,必ずしも... [more] CPSY2014-40
pp.179-184
PN 2011-02-28
11:30
鹿児島 KKR鹿児島敬天閣 大規模ネットワークのための階層型トラヒックエンジニアリング
大下裕一阪大)・宮村 崇NTT)・荒川伸一阪大)・塩本公平NTT)・村田正幸阪大PN2010-59
時間変動が大きなトラヒックを効率的に収容するには、各時刻のトラヒックに合わせて経路を動的に変更するトラヒックエンジニアリ... [more] PN2010-59
pp.25-28
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会