お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS 2014-10-17
09:45
島根 松江テルサ ロケータ番号自動割振プロトコルHANAのL3スイッチへの実装
藤川賢治原井洋明NICTNS2014-123
PC 1,000台規模の企業網では、
建物やフロアごとに全体で数十台の L3 スイッチが設置される。
ネットワーク管... [more]
NS2014-123
pp.109-114
DC 2013-10-24
16:00
東京 機械振興会館 地下3階1号室 [招待講演]壊れない、壊れてもすばやく復旧するネットワーク構築技術
原井洋明NICTDC2013-26
 [more] DC2013-26
pp.31-36
NS 2013-05-16
10:55
神奈川 総研大 ID・ロケータ分離アーキテクチャのネットワーク基盤の高可用化設計と実装
福島裕介藤川賢治ベド カフレ田崎 創金 勇原井洋明NICTNS2013-12
HIMALIS、LISP、HIP などの ID・ロケータ分離アーキテクチャは、ネットワークトポロジに依存しない ホスト ... [more] NS2013-12
pp.7-12
IN, NS, CS
(併催)
2012-09-20
13:00
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館 [招待講演]高可用ネットワークの構築 ~ ID・Locator分離機構HIMALISとロケータ自動割振プロトコルHANA ~
藤川賢治NICTNS2012-59 IN2012-57 CS2012-48
我々は、通信データの集中による過負荷や機器故障等によるネットワークの通信障害等に備え、複数の通信経路を設けるマルチホーム... [more] NS2012-59 IN2012-57 CS2012-48
pp.47-52(NS), pp.45-50(IN), pp.1-6(CS)
IN, NS, CS
(併催)
2012-09-21
15:15
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館 A Design of Inter-AS Address Space (Re) Allocation Planning Scheme in Hierarchical and Automatic Number Allocation (HANA)
Sugang XuKenji FujikawaHiroaki HaraiNICTCS2012-58
 [more] CS2012-58
pp.49-54
IN, NV
(併催)
2012-07-19
15:25
北海道 北海道大学 [招待講演]AKARIアーキテクチャ設計を基にした新世代ネットワークの開発および展開の現状
原井洋明NICTIN2012-37
本稿ではAKARIアーキテクチャ設計プロジェクトでの新世代ネットワーク概念設計を具現化したネットワークを紹介する.位置指... [more] IN2012-37
pp.25-30
IA 2011-10-21
13:30
海外 大連理工大学 Requirements for Distributed Locator Space Renumbering Hierarchical Automatic Locator Number Allocation (HANA)
Sugang XuKenji FujikawaHajime TazakiVed P. KafleHiroaki HaraiNICTIA2011-32
 [more] IA2011-32
pp.39-44
IA, ICSS
(共催)
2011-06-16
15:00
福岡 九州工業大学 階層化経路制御プロトコルの為の階層的なロケータ番号自動割振プロトコルHANAの拡張
藤川賢治NICT)・太田昌孝東工大IA2011-7 ICSS2011-7
インターネットの大域経路表の増加を抑えるには、徹底したアドレスの階層化と、
経路制御に依らないマルチホームが必要である... [more]
IA2011-7 ICSS2011-7
pp.37-40
IA 2010-10-28
14:40
海外 タイ バンコック 階層的なロケータ自動番号割当プロトコルHANAとDNSとの連携
藤川賢治NICT)・太田昌孝東工大IA2010-45
インターネットの大域経路表の増加を抑えるには、徹底した階層化アドレスと、
経路制御に依らないマルチホームが必要である。... [more]
IA2010-45
pp.29-34
IA 2010-08-06
09:35
東京 IIJ 神保町三井ビル 階層的なロケータ自動番号割当プロトコルHANAの設計と実装
藤川賢治NICT)・太田昌孝東工大IA2010-16
インターネットの大域経路表の増加を抑えるには、徹底した階層化アドレスと、
経路制御に依らないマルチホームが必要である。... [more]
IA2010-16
pp.1-5
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2010-03-02
15:05
宮城 作並温泉一の坊(宮城県) End-to-endマルチホームを考慮した階層的なアドレス自動割当と経路制御プロトコルとの連繋
藤川賢治NICT)・太田昌孝東工大SITE2009-69 IA2009-121
インターネットの大域経路表の増加を抑えるには、徹底した階層化アドレスと、
経路制御に依らないマルチホームが必要である。... [more]
SITE2009-69 IA2009-121
pp.277-282
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会