お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-14
10:20
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 人物画像中の頭部領域抽出手法の研究
岩田 秀山﨑達也新潟大IMQ2018-28 IE2018-112 MVE2018-59
介護施設における高齢者の認知機能訓練の一環として,人の頭部領域画像を利用した問題を提示するアプリケーションを開発し,提供... [more] IMQ2018-28 IE2018-112 MVE2018-59
pp.31-35
HIP 2017-12-26
10:45
宮城 東北大学電気通信研究所 継時刺激効果に対する頭部方向の影響
坂井拓美東北大)・羽鳥康裕産総研)・方 昱千葉大)・松宮一道栗木一郎塩入 諭東北大)・David WhitneyUC BerkeleyHIP2017-90
われわれ人間が物理的に安定な世界を知覚できる理由の1つとして,視覚系が現在とともに過去の視覚情報も現在の知覚に利用してい... [more] HIP2017-90
pp.35-38
MWP, OPE, EMT, MW, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2017-07-20
15:30
北海道 帯広商工会議所 TMSにおける刺激条件の差異による脳内誘導電界の検討
濱坂厚志ゴメスタメス ホセ名工大)・ラークソ イルッカアールト大)・平田晃正名工大EMT2017-13 MW2017-38 OPE2017-18 EST2017-15 MWP2017-15
近年,医療分野において,脳を非侵襲的に刺激することに関心が高まっている.その方法の一つとしてTMS(経頭蓋磁気刺激法)が... [more] EMT2017-13 MW2017-38 OPE2017-18 EST2017-15 MWP2017-15
pp.41-44
HIP, ITE-CE, ITE-HI
(連催)
2014-12-02
14:30
宮城 東北大学電気通信研究所 視線位置予測における頭部位置情報の寄与
羽鳥康裕東北大/JST)・方 イク東北大)・江本正喜NHK)・松宮一道栗木一郎東北大)・塩入 諭東北大/JSTHIP2014-78
誘目性(視覚的顕著性)から視線位置を予測する計算論モデルが多数提案されているが,視線予測の精度は十分に高いとは言えない.... [more] HIP2014-78
pp.55-58
ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE
(連催) [詳細]
2012-11-15
17:15
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 局所的な画像特徴を利用した投票に基づく高速顔位置・姿勢推定
乗冨修蔵ATR/同志社大)・内海 章篠沢一彦萩田紀博ATR)・高橋和彦同志社大IE2012-88
入力画像上の顔領域について得られる複数の画像特徴について特徴点の座標と頭部位置および姿勢の関係をあらかじめ学習したテーブ... [more] IE2012-88
pp.35-40
EA 2011-10-29
09:00
長野 信州大学工学部 頭部回転に頑健なトランスオーラル系のための3次元ラウドスピーカ配置
韓 チョルス岡本拓磨岩谷幸雄鈴木陽一東北大EA2011-76
頭部伝達関数合成型の聴覚ディスプレイを2チャネルのラウドスピーカを用いてトランスオーラル系によって実現する際,頭部位置や... [more] EA2011-76
pp.49-53
SP 2011-07-23
13:00
北海道 定山渓グランドホテル瑞苑 CSP係数の識別に基づく話者の頭部方向推定の検討
高島遼一滝口哲也有木康雄神戸大SP2011-51
本稿では2chマイクロホンによる話者の音源位置と頭部方向の識別手法について検討する.近年提案されつつある話者の頭部方向の... [more] SP2011-51
pp.57-62
EA, SIP, SP
(共催)
2011-05-13
13:50
大阪 立命館大学 音響伝達特性の識別に基づく話者の頭部回転方向の推定
高島遼一滝口哲也有木康雄神戸大EA2011-29 SIP2011-29 SP2011-29
我々はこれまで,観測音声の音響伝達特性が話者の位置に依存するという点に着目し,音響伝達特性を識別することにより単一マイク... [more] EA2011-29 SIP2011-29 SP2011-29
pp.167-172
HIP 2010-11-13
13:15
長崎 長崎総合科学大学 目・頭部方向の手がかりによる視覚的注意の移動
小川将樹妹尾武治伊藤裕之須長正治九大HIP2010-63
他者の視線方向に自らの注意が捕捉される現象については,主に瞳の方向を刺激とした反応時間課題が行われてきた.しかし,近年瞳... [more] HIP2010-63
pp.15-18
ITS, IEE-ITS
(共催)
2009-03-09
15:40
京都 京都大学 自動車用オーグメンテッド・インタフェースにおける表示像までの視距離の影響
安藤理恵岡林 繁名城大ITS2008-89
オーグメンテッド・インタフェースでは,表示像を前景中の適切な位置に表示する精度が,表示コンテンツを制約する可能性がある.... [more] ITS2008-89
pp.35-40
MBE 2008-09-25
14:20
長野 信州大学工学部 矢状面を考慮した3次元脳内ダイポールイメージング
小出剛志堀 潤一新潟大MBE2008-43
脳の活動を3次元のダイポールイメージングで見るために,頭皮電位から球状および矢状面ダイポール層強度分布をした.球状ダイポ... [more] MBE2008-43
pp.91-96
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会