お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HWS, VLD
(共催)
2019-03-01
10:00
沖縄 沖縄県青年会館 RTOSを用いたシステムのフルハードウェア実装とその自動化
大迫裕樹石浦菜岐佐関西学院大)・冨山宏之立命館大)・神原弘之京都高度技研VLD2018-122 HWS2018-85
本稿では, RTOS を用いたプログラムを高位合成によりフルハードウェア実装する手法を提案する. 本手法では, タスク/... [more] VLD2018-122 HWS2018-85
pp.175-180
RCS, AP
(併催)
2018-11-22
11:20
沖縄 沖縄産業支援センター 5G超高密度分散アンテナシステムにおける協調無線リソーススケジューリング処理向けハードウェアアクセラレータ
有川勇輝坂本 健木村俊二重松智志NTTRCS2018-208
第5世代移動通信システム(5G)向けに超高密度分散アンテナシステムが検討されている.このシステム向けの協調無線リソースス... [more] RCS2018-208
pp.173-178
RECONF 2018-09-18
14:50
福岡 LINE Fukuokaカフェスペース データフロー表現と機械学習アクセラレータへの応用
中田一紀筑波技大)・三浦佳二関西学院大RECONF2018-32
機械学習アルゴリズムのハードウェアアクセラレータの研究が進展している.機械学習ハードウェアを効率的に実装するアプローチと... [more] RECONF2018-32
pp.73-78
CS 2017-07-27
13:45
長崎 福江文化会館 [招待講演]5Gモバイルの無線リソース割当て用スケジューラへのハードウェアアクセラレータ適用の検討
有川勇輝坂本 健木村俊二NTTCS2017-24
第5世代移動通信システム(5G)の実現に向けて,システム容量を向上させるために,アンテナを超高密度に配置する超高密度分散... [more] CS2017-24
pp.53-58
RCS 2017-06-21
16:35
沖縄 石垣商工会館 超高密度分散アンテナシステムにおけるスケジューリング処理向けハードウェアアクセラレータ
有川勇輝坂本 健木村俊二NTTRCS2017-58
第5世代移動通信システム(5G)の実現に向けて,システム容量を向上させるために,アンテナを超高密度に配置する超高密度分散... [more] RCS2017-58
pp.49-54
VLD, DC
(共催)
CPM, ICD, IE
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2016-11-30
13:45
大阪 立命館大学大阪いばらきキャンパス 高位合成によるアクセラレータ設計を対象としたサイクル数削減およびバッファサイズ最小化のためのデータ転送最適化手法
石川大輔瀬戸謙修東京都市大VLD2016-69 DC2016-63
高位合成を用いてアクセラレータを設計する際の、通信最適化手法を提案する。既存の高位合成向けメモリアクセス最適化手法は通信... [more] VLD2016-69 DC2016-63
pp.147-152
NS 2016-10-20
13:50
兵庫 姫路・西はりま地場産業センター 仮想エッジルータにおいて100Gbps級転送性能を達成するハードウェアアクセラレータを用いたパケット処理分散配備方式
西山聡史金子 斉工藤伊知郎NTTNS2016-90
キャリア網のサービスエッジルータ機能を汎用サーバで実現しマイグレーションを可能とする仮想エッジルータにおいて,汎用プロセ... [more] NS2016-90
pp.13-18
RECONF 2016-05-19
10:45
神奈川 富士通研究所 OpenCLを用いた分子動力学用FPGAアクセラレータの設計
ウィッデヤスーリヤ ハシタ ムトゥマラ張山昌論東北大)・笠原浩太阪大RECONF2016-4
分子動力学シミュレーションは原子や分子の性質を学ぶため重要である.しかしながら,シミュレーションには膨大な処理時間がかか... [more] RECONF2016-4
pp.13-16
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2016-01-19
17:45
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス データストリーム集約演算HWの並列化
小川芳光オゲ ヤースィン吉見真聡策力木格吉永 努電通大VLD2015-86 CPSY2015-118 RECONF2015-68
リアルタイム性が要求されるデータストリームを処理するシステムにおいて,重要な演算の一つにスライディングウィンドウを用いた... [more] VLD2015-86 CPSY2015-118 RECONF2015-68
pp.79-84
RECONF 2014-06-12
15:35
宮城 片平さくらホール Complex命令アクセラレータを有するRISCプロセッサの実装 ~ CISCプロセッサへの回帰 ~
鈴木涼太東京農工大)・三好健文イーツリーズ・ジャパン)・中條拓伯東京農工大RECONF2014-13
本稿では,マイクロコードで実装されていた複雑なComplex 命令をコプロセッサの形で呼び出す機能を備
えたハードウェ... [more]
RECONF2014-13
pp.67-72
RECONF 2014-06-12
16:25
宮城 片平さくらホール 大規模グラフ上の最短経路探索のためのFPGAアクセラレータの設計
武井康浩張山昌論亀山充隆東北大RECONF2014-15
ノード数,エッジ数が非常に大きいグラフにおける最短経路問題は,様々な分野で応用されている.しかしながら,ダイクストラ法な... [more] RECONF2014-15
pp.79-83
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-01-29
16:45
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス CPU密結合型アクセラレータの機械語プログラムからの自動合成
田村真平石浦菜岐佐関西学院大)・神原弘之京都高度技研)・冨山宏之立命館大VLD2013-133 CPSY2013-104 RECONF2013-87
本稿では, 機械語プログラムの指定区間を CPU 密結合型アクセラレータに合成する手法を提案する. CPU 密結合型アク... [more] VLD2013-133 CPSY2013-104 RECONF2013-87
pp.185-190
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-29
14:10
鹿児島 鹿児島県文化センター 共有型マルチFPGAシステムに向けた動的再配置手法と評価
右近祐太大塚卓哉青木 孝関原悠介宮崎昭彦NTTVLD2013-100 DC2013-66
近年,ビッグデータの解析や画像処理などといった高負荷なサービスをデータセンタ等で集約的に行うことが期待されており,
シ... [more]
VLD2013-100 DC2013-66
pp.281-286
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2013-10-24
15:45
宮城 東北大 青葉山キャンパス OpenCLを用いたFPGAベースFDTDアクセラレータの設計
武井康浩ハシタ ムトゥマラ ウィシディスーリヤ張山昌論亀山充隆東北大EMCJ2013-73 MW2013-113 EST2013-65
FPGAによる専用ハードウェアを用いた高性能計算システムは,CPUおよびGPUと比べて電力効率が高い計算処理を実現できる... [more] EMCJ2013-73 MW2013-113 EST2013-65
pp.73-76
CPSY, VLD, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2013-01-16
16:25
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 機械語の複数部分を高速化するCPU密結合型ハードウェアアクセラレータ
佐竹俊亮石浦菜岐佐田村真平関西学院大)・冨山宏之立命館大)・神原弘之京都高度技研VLD2012-119 CPSY2012-68 RECONF2012-73
本稿では, 機械語プログラムの指定区間をCPUと密結合するハードウェアアクセ
ラレータに変換する手法において, 複数の... [more]
VLD2012-119 CPSY2012-68 RECONF2012-73
pp.69-73
CAS 2012-01-19
11:15
福岡 九州大学 [招待講演]グループ署名回路のクラウドサーバ/クライアント向け実装方法
森岡澄夫古川 潤中村祐一佐古和恵NECCAS2011-90
年々複雑さを増すセキュリティ処理は,処理性能のみならず攻撃耐性確保の観点からも回路化の要求が高い.その中でもグループ署名... [more] CAS2011-90
pp.31-36
IN 2011-10-20
13:00
大阪 大阪大学 ソフトウェアエミュレーションによるTCP/IPプロトコル各処理のオフローディング効果計測手法
森下翔太西島孝通大崎博之阪大)・横井伸浩仲川和志小日向宣昭日立)・今瀬 真阪大IN2011-79
主にハイエンド向けのシステムを対象として、プロトコル処理の一部をハードウェア化することによりプロトコル処理を高速化する、... [more] IN2011-79
pp.1-6
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2011-01-18
14:30
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス マルチアクセラレータ型動的再構成プロセッサの実装
猪狩修平北道淳司奥山祐市黒田研一会津大VLD2010-108 CPSY2010-63 RECONF2010-77
近年のSystem on a Chip(SoC)において,特定の機能に特化した多種の専用ハードウェアの搭載による実装面積... [more] VLD2010-108 CPSY2010-63 RECONF2010-77
pp.163-168
RECONF 2010-05-14
10:55
長崎 長崎温泉 やすらぎ伊王島 (長崎市伊王島町) PC-FPGA複合クラスタにおけるソフトウェア-ハードウェア間通信と遠隔呼出し
小畑正貴上嶋 明尾崎 亮岡山理科大RECONF2010-12
PCクラスタによる並列処理及びFPGAによるハードウェアアクセラレーションは高性能計算システムの重要な技術であり,多くの... [more] RECONF2010-12
pp.63-68
VLD 2010-03-11
11:15
沖縄 沖縄県男女共同参画センター 潜在的多様性を考慮したプログラマブルハードウェアの高位合成手法
吉田浩章藤田昌宏東大/JSTVLD2009-110
SoCの開発コスト増大と開発期間短縮に伴い,製造故障や設計誤りの製造後修正を可能とする技術の重要性が増している.最近にな... [more] VLD2009-110
pp.67-72
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会