お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF 2019-09-19
14:20
福岡 北九州国際会議場 SoC FPGAを用いた分散処理フレームワークの構築と検証
津上諒平柴田裕一郎長崎大RECONF2019-22
近年の車載コンピューティングシステムは高性能化しているにも関わらず,約 96%の時間は駐車中で高性能計算資源が有効活用さ... [more] RECONF2019-22
pp.9-12
ICM 2019-03-08
09:20
沖縄 久米島イーフ情報プラザ Hadoopデータセンタにおけるオークションメカニズムを用いた料金設定と計算資源割当て手法
真鍋 優川原 純笠原正治奈良先端大ICM2018-57
記憶容量の増大や計算性能の上昇といったハードウェアの発展に伴い,アプリケーションの取り扱うデータ量や計算量は日々増大して... [more] ICM2018-57
pp.43-48
PN 2016-11-17
14:05
埼玉 KDDI総合研究所(ふじみ野市, 埼玉) 広域ネットワークにおける計算機資源とネットワーク資源を考慮したHadoopタスク割り当て方式
松野伴拓Bijoy Chand ChatterjeeNattapong Kitsuwan大木英司電通大)・Malathi Veeraraghavanバージニア大)・岡本 聡山中直明慶大PN2016-31
本論文では, 計算資源とネットワーク資源に応じたHadoopタスク割当方式の性能を, Hadoopのシステムに実装し評価... [more] PN2016-31
pp.31-37
IN, NV
(併催)
2016-07-15
13:30
北海道 松前町町民総合センター [招待講演]データ仮想化によるデータソース統合
齋藤和広米田信之渡辺泰之小林亜令KDDI研IN2016-29
近年のIT技術の急激な成長により,データは大規模かつ多様化し,その生成形態や用途に応じて様々なデータソースに保存されてい... [more] IN2016-29
pp.37-41
SC 2015-03-28
10:55
福島 会津大学UBIC SparkのGPGPUを用いたグラフ処理高速化方法の提案と評価
稲本裕貴青山幹雄南山大SC2014-19
SparkでGPGPUを用いて大規模グラフ処理を高速化する.しかし,Sparkで用いるデータセットであるRDDはGPUの... [more] SC2014-19
pp.31-36
CPSY, DC
(併催)
2014-07-28
17:00
新潟 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター ハイブリッドクラウドにおけるHadoop処理の性能評価
大長勇太東工大)・合田憲人NII/東工大)・Omar ABDUL-RAHMANNIICPSY2014-13
アプリケーションの可用性や実行性能向上を目的として,利用者の拠点の計算資源と遠隔のクラウドの計算資源を併用するハイブリッ... [more] CPSY2014-13
pp.19-24
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-28
10:15
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) MATATABI:Hadoopによるマルチレイヤ脅威分析基盤の設計と構築
田崎 創東大)・岡田和也奈良先端大)・関谷勇司東大)・門林雄基奈良先端大ICSS2013-77
脅威検知や解析は今日のサイバー空間において必要不可欠なものとされているが,常に最新のサイバー空間上の悪性活動を検知する事... [more] ICSS2013-77
pp.113-118
NS, IN
(併催)
2014-03-07
10:40
宮崎 宮崎シーガイア データ転送量を考慮したHadoopスケジューラ改善方式の提案と評価
渡邊飛雄馬川原崎雅敏筑波大IN2013-173
現在広く使われている大規模データ分散処理フレームワークであるHadoopは、データ転送にかかる時間が処理時間の多くを占め... [more] IN2013-173
pp.175-180
IN, IA
(併催)
2013-12-20
14:15
広島 広島市立大学 残余処理時間を利用したMapReduceジョブスケジューリング
松木辰真滝根哲哉阪大IN2013-116
Hadoop の MapReduce ジョブスケジューラは,複数のジョブが Hadoop 内に存
在する場合に,Had... [more]
IN2013-116
pp.101-106
CPSY 2013-11-08
17:25
広島 広島大学 クラウド上でのHadoopジョブの性能変動
合田憲人Omar Abdul-Rahman坂根栄作本山一隆NIICPSY2013-56
本稿では,クラウド上でのアプリケーション実行時間の変動に注目して性能評価を行った結果を報告する.本性能評価では,パブリッ... [more] CPSY2013-56
pp.97-102
DC, CPSY
(併催)
2013-08-02
15:15
福岡 北九州国際会議場 HadoopにおけるJobTracker主導型タスクスケジューリングの実装と評価
山崎一樹津邑公暁齋藤彰一松尾啓志名工大CPSY2013-24
大規模データを効率良く処理するためのフレームワークの1 つにMapReduce があり,Map 関数とReduce関数の... [more] CPSY2013-24
pp.85-90
ICM, IPSJ-IOT, IPSJ-CSEC
(連催)
2013-05-10
11:45
青森 弘前大学 Hadoopを用いたOSSの実装法に関する一考察
西尾 学武 直樹NTTICM2013-8
近年のネットワークの大規模化やサービスの多様化に伴い,OSSとして処理するべきデータ量が増大している一方で,障害予測など... [more] ICM2013-8
pp.151-156
IN 2013-01-25
15:00
鹿児島 鹿児島県産業会館 ネットワーク連携型タスクスケジューリングによるHadoop性能の改善
片岡 駿渡邊飛雄馬川原崎雅敏筑波大IN2012-152
大規模データの分散処理に用いられる Hadoop では MapReduce 処理により分散処理を実現している。
Map... [more]
IN2012-152
pp.81-86
NS 2012-10-11
15:25
京都 京都大学 Hadoop on Demandによる複数Hadoopクラスタ間でのデータ共有
趙 晩熙田中 聡石井健司NTTドコモNS2012-93
大規模なHadoopクラスタの運用に必要な検証用のクラスタを構築し運用する際の大きな問題点として,コストの増加とクラスタ... [more] NS2012-93
pp.73-78
IN, NV
(併催)
2012-07-20
10:25
北海道 北海道大学 WAN環境におけるHadoop高速化に関する一考察
宮前 剛武藤亮一富士通研IN2012-42
近年、世界中で日々膨大な量のデータが蓄積されるようになった。そのため、Hadoop等の大規模データ解析の分野において、今... [more] IN2012-42
pp.55-60
LOIS 2012-03-09
15:15
沖縄 名桜大学 スマートシティにおける大規模住宅ログの収集・活用プラットフォームの検討
山本晋太郎瀬戸英晴柗本真佑中村匡秀神戸大LOIS2011-107
スマートシティとは,エネルギーをはじめとする生活インフラ全体の高度な効率化を目指した,次世代の都市のことである.
スマ... [more]
LOIS2011-107
pp.207-212
NS, RCS
(併催)
2011-12-16
10:35
山口 山口大学 [奨励講演]Hadoopを利用したパケット解析システムにおけるパケット入力方法の改善
成冨隆斗荒川 豊川口賢太本田光秀溝上琢也美馬浩志九大)・原田薫明NTT西日本)・日下部 茂九大NS2011-139
ネットワークの高速化に伴いその解析対象となるデータ量は膨大となり,高速な分析が難しくなってきている.著者らはこの課題に対... [more] NS2011-139
pp.121-126
CPSY 2011-10-21
14:55
兵庫 神戸大学大学院 JNIを用いたHadoopによる分子進化系統樹解析用プログラムTree-Puzzle並列化
小山 敦佐藤三久筑波大CPSY2011-34
広域分散環境における大容量データ処理を効果的に行うためのプログラミングモデルを開発するためにMapReduceに着目し,... [more] CPSY2011-34
pp.49-54
PRMU, DE
(共催)
2011-06-06
11:30
神奈川 慶應大学日吉校舎 来往舎 高遅延環境における分散ファイルシステムHadoopの遠隔データアクセス特性の評価
百瀬明日香小口正人お茶の水女子大DE2011-4 PRMU2011-35
情報爆発の現代において大きな障害となる企業や個人のデータ処理の負荷とストレージコストの増加の問題に対して,汎用のハードウ... [more] DE2011-4 PRMU2011-35
pp.19-24
NS 2011-04-22
13:00
福井 福井大学 Hadoopを用いた大容量パケット解析システムの設計と実装
成冨隆斗川口賢太溝上琢也美馬浩志九大)・原田薫明NTT西日本)・荒川 豊日下部 茂九大NS2011-12
ネットワークにおける故障解析のためにパケットキャプチャリングによるデータ解析が行われているが,ネットワークの高速化に伴い... [more] NS2011-12
pp.67-72
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会