お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 233件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMT, IEE-EMT
(連催)
2020-11-05
13:00
ONLINE オンライン開催 正弦変調誘電体格子によるTE平面波の散乱:摂動法
中川弘樹小見山 彰阪電通大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
OFT 2020-10-08
09:10
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]カスケード型長周期光ファイバグレーティングの作製とひずみへの依存性
マヌエル グテレス *ソアレス福嶋匡謙仲矢光希和田 篤田中 哲防衛大)・伊藤文彦島根大OFT2020-11
我々はこれまで,特殊な長周期光ファイバグレーティング(LPG)であるカスケード型チャープ長周期光ファイバグレーティング(... [more] OFT2020-11
pp.8-12
OFT 2020-10-08
10:50
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]プラスチック光ファイバに描画したFBGの動作波長帯の劇的拡大
元石直樹野田康平東工大)・李 ひよん芝浦工大)・セオドシオ アントリースカリ キリアコスキプロス工科大)・中村健太郎東工大)・水野洋輔横浜国大OFT2020-18
光ファイバ・ブラッグ・グレーティング(FBG)を用いた高速歪測定として、ブラッグ波長の周波数シフトを、反射スペクトルのス... [more] OFT2020-18
pp.37-40
OFT 2020-10-09
13:50
ONLINE オンライン開催 [招待講演]偏波保持ファイバ中の音響波干渉を用いたブリルアン利得制御
大川洋平保立和夫豊田工大OFT2020-33
偏波保持ファイバ上のブリルアン利得を光でコヒーレントに制御する手法を提案・実証した。ファイバの遅軸の向きに偏光したポンプ... [more] OFT2020-33
pp.103-108
AP 2020-10-02
13:00
沖縄 サブ会場×2及びオンライン開催
(主:現地開催,副:オンライン開催)
管軸に垂直な偏波を放射する導波管狭壁面上の
平面アレーアンテナの進行波励振アレー設計と試作特性
保前俊稀斉藤作義木村雄一埼玉大AP2020-71
方形導波管の狭壁面上に管軸に対して垂直な偏波を放射するスロットアレーアンテナを構成することを目的として、狭壁面上に管軸と... [more] AP2020-71
pp.17-22
LSJ
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2020-08-27
14:50
ONLINE オンライン開催 グレーティングカプラを用いたシリコンフォトニクス回路への簡易光結合手法の検討
喩 弘歴福田 浩千歳科技大)・小林壮一PIST)・吉本直人千歳科技大OFT2020-5
シリコンフォトニクス集積回路への表面光結合をする手段として、グレーティングカプラを用いる結合法がよく使われている。しかし... [more] OFT2020-5
pp.15-18
OFT 2020-05-15
09:00
青森 青森県観光物産館アスパム カスケード型チャープ長周期光ファイバグレーティングを用いたEDFリングレーザによる温度センシング
福嶋匡謙ブイ クォック ハン仲矢光希マヌエル グテレス ソアレス和田 篤田中 哲防衛大)・伊藤文彦島根大OFT2020-1
本研究では,カスケード型チャープ長周期光ファイバグレーティング(C-CLPG)を波長選択素子としたエルビウム添加光ファイ... [more] OFT2020-1
pp.1-4
MWP, PN, EMT
(共催)
PEM, IEE-EMT
(連催) [詳細]
2020-01-30
10:35
京都 同志社大学 斜め誘電体格子による構造性発色に関する数値的検討
若林秀昭岡山県立大)・浅居正充近畿大)・山北次郎岡山県立大PN2019-46 EMT2019-86 MWP2019-60
熱帯魚ネオンテトラの体表にある縞は多くの虹色素胞から成り,構造性発色を示す.虹色素胞の内側には傾斜した反射小板が周期的に... [more] PN2019-46 EMT2019-86 MWP2019-60
pp.67-72
WPT
(第二種研究会)
2019-10-31
- 2019-11-02
海外 西安電子科技大学 Research and Design of Planar Array Antenna and Annular Metallic Grating Antenna Based on Energy Transmission
liningzhangjinlingSchool of electronic engineering)・yangjinshengTwelfth Research Institute)・zhengzhanqiDepartment of Algorithm Design)・zhuxiongzhiSchool of electronic engineering
Based on energy transmission, in this paper, we designed 4*4... [more]
OCS, LQE, OPE
(共催)
2019-10-17
10:00
鹿児島 サンプラザ天文館(鹿児島) GaInAsP半導体薄膜分布反射型レーザの最適な光閉じ込めに関する考察
高橋直樹方 偉成齋藤孝一雨宮智宏西山伸彦東工大OCS2019-28 OPE2019-66 LQE2019-44
大規模集積回路はこれまで、スケーリング則に従い高性能化を実現してきた。しかし近年、スケーリング則に伴う素子の微細化により... [more] OCS2019-28 OPE2019-66 LQE2019-44
pp.7-10
AP 2019-10-17
12:30
大阪 大阪大学 [ポスター講演]管軸に垂直な偏波を放射する導波管狭壁面上の平面アレーアンテナの定在波励振アレー設計に関する一検討
保前俊稀斉藤作義木村雄一埼玉大AP2019-89
方形導波管の狭壁面上に管軸に対して垂直な偏波を放射するスロットアレーアンテナを構成することを目的として、狭壁面上に管軸と... [more] AP2019-89
pp.49-54
LQE, OPE, CPM, EMD, R
(共催)
2019-08-23
11:25
宮城 東北大学 電気通信研究 本館オープンセミナールーム(M153) 波長掃引光源と回折格子を用いた光偏向技術の高精度化のための光偏向器パラメタ測定方法
上野雅浩赤毛勇一岡 宗一NTTR2019-32 EMD2019-30 CPM2019-31 OPE2019-59 LQE2019-37
自動車や工事現場等での応用に向けて、可動部がないために振動に強いという特徴のある、波長掃引方式LiDARが注目を集めてい... [more] R2019-32 EMD2019-30 CPM2019-31 OPE2019-59 LQE2019-37
pp.61-66
LQE, LSJ
(共催)
2019-05-31
14:15
滋賀 琵琶湖コンファレンスセンター 二重回折格子を有するリング共振器を用いたフルポアンカレビームの生成:理論解析
林 文博太田泰友荒川泰彦岩本 敏東大LQE2019-23
近年,ビーム断面に全ての偏光状態を有するフルポアンカレビームが提案され,注目され始めている.今回我々は,その応用範囲を広... [more] LQE2019-23
pp.47-50
ISEC 2019-05-17
16:30
東京 機械振興会館 [招待講演]セキュアチャネルフリー検索可能暗号と公開鍵暗号との安全な併用について(from ISPEC 2018)
鈴木達也東海大/NICT)・江村恵太NICT)・大東俊博東海大/NICTISEC2019-10
本講演では,国際会議ISPEC2018にて発表された論文 Suzuki et al. ``A Generic Const... [more] ISEC2019-10
p.47
PN, EMT, OPE, EST, MWP, LQE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2019-01-17
14:45
大阪 大阪大学中之島センター 金属回折格子と量子ドットを用いた白色発光体の発光特性評価
田中裕己元垣内敦司三重大PN2018-40 EMT2018-74 OPE2018-149 LQE2018-159 EST2018-87 MWP2018-58
本研究では, 金属薄膜と量子ドットとの表面プラズモン共鳴を用いて, 金属回折格子と量子ドットによる白色発光体を実現するた... [more] PN2018-40 EMT2018-74 OPE2018-149 LQE2018-159 EST2018-87 MWP2018-58
pp.47-50
PN, EMT, OPE, EST, MWP, LQE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2019-01-18
09:15
大阪 大阪大学中之島センター Siフォトニクス光受信機における二次元グレーティングカプラの低偏波依存動作の実証
蘇武洋平鄭 錫煥田中 有光電子融合基盤技研/富士通/富士通研PN2018-65 EMT2018-99 OPE2018-174 LQE2018-184 EST2018-112 MWP2018-83
シリコンフォトニクス集積光トランシーバと光ファイバとの受信用インターフェースとして用いられる二次元グレーティングカプラ ... [more] PN2018-65 EMT2018-99 OPE2018-174 LQE2018-184 EST2018-112 MWP2018-83
pp.187-192
LQE, OPE, SIPH
(共催)
2018-12-06
17:10
東京 慶應義塾大学 FLC装荷Nb2O5導波路形DBR共振器の波長特性シフト動作
稲森 翔端山喜紀武田正行西澤武志中津原克己神奈川工科大OPE2018-128 LQE2018-138 SIPH2018-44
我々は大きな屈折率変化と自己保持特性を持つ強誘電性液晶 (FLC:ferro-electric liquid cryst... [more] OPE2018-128 LQE2018-138 SIPH2018-44
pp.155-160
EMT, IEE-EMT
(連催)
2018-11-17
10:25
鳥取 皆生グランドホテル天水 有限幅ラメラグレーティングによる電磁波散乱問題に対するスペクトル領域解析法の検討
渡辺仰基福岡工大EMT2018-60
本論文では、有限幅ラメラグレーティングによる電磁波散乱問題を取扱い、擬周期Fourier変換を援用した厳密結合波解析法に... [more] EMT2018-60
pp.145-150
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2018-11-09
09:45
岡山 倉敷市芸文館 カスケード型長周期光ファイバグレーティングを波長選択素子として用いた光ファイバレーザの試作
福嶋匡謙竹山隼人ブイ クォック ハン和田 篤田中 哲高橋信明防衛大)・伊藤文彦島根大OFT2018-57
本研究では,カスケード型チャープ長周期光ファイバグレーティング(C-CLPG)を波長選択素子として利用し,エルビウム添加... [more] OFT2018-57
pp.55-59
OPE, LQE, OCS
(共催)
2018-10-18
13:10
佐賀 佐賀県教育会館 第1会議室 [記念講演][高密度集積型石英系プレーナ光波回路の研究開発」を振り返って
鈴木扇太NTTエレクトロニクスOCS2018-33 OPE2018-69 LQE2018-58
石英系プレーナ光波回路(PLC)は,高い設計自由度や低損失特性等の特徴を活かして波長分割多重(WDM)光フィルタや光スイ... [more] OCS2018-33 OPE2018-69 LQE2018-58
pp.29-33
 233件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会