お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SAT, SANE
(併催)
2020-02-20
10:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣市) 干渉源位置標定システムにおけるDOPに応じた重み付けを行うクラスタリング方式の検討
萬谷禎昭大島正資網嶋 武高橋龍平三菱電機SANE2019-118
衛星を用いた干渉源位置標定システムでは,干渉源のUPLINK信号が複数の衛星を経由する際に,各衛星の位置の差によって生じ... [more] SANE2019-118
pp.107-112
SANE 2019-10-31
09:40
海外 韓国(済州島) Interference source tracking using triple geostationary satellites and two ground stations for the space radio monitoring
Takeshi AmishimaRyuhei TakahashiMitsubishi Electric Corp.SANE2019-47
 [more] SANE2019-47
pp.7-12
SANE 2019-06-14
10:45
神奈川 JAXA相模原キャンパス 宇宙電波監視におけるTDOAを用いた未知干渉局の非同期追尾の定量評価
網嶋 武高橋龍平三菱電機SANE2019-13
衛星通信に生じる移動体アップリンク干渉源を測位する場合,3衛星間の到来時間差(TDOA: Time Difference... [more] SANE2019-13
pp.1-6
SANE 2019-04-16
11:05
神奈川 防衛大学校 2受信局と3衛星間のTDOAを用いた未知干渉局の非同期追尾
網嶋 武鈴木信弘三菱電機SANE2019-5
衛星通信に生じる移動体アップリンク干渉源を測位する場合,3衛星間の到来時間差(TDOA: Time Difference... [more] SANE2019-5
pp.21-26
AP, SAT, SANE
(併催)
2016-07-22
14:25
北海道 小樽マリーナ 静止通信衛星の軌道上運用に及ぼす擾乱の影響
久本泰慶後藤賢一越川尚清藤澤達也JAXASAT2016-28
静止通信衛星には衛星形状や重心位置の差異に起因する太陽光輻射圧の非均衡による擾乱がはたらく。本紙では技術試験衛星?型及び... [more] SAT2016-28
pp.93-97
SAT, WBS
(併催)
2016-05-19
15:50
愛知 名古屋工業大学 [特別講演]静止マルチビーム衛星における衛星搭載アンテナの指向方向制御
川上用一広島国際大SAT2016-6
社会インフラとなっている携帯通信網の補完および災害時のネット環境確保のため、30m級の大型展開アンテナを搭載した次世代静... [more] SAT2016-6
pp.31-36
SANE 2012-10-11
12:00
海外 The SONGDO CONVENSIA, Incheon Korea [ポスター講演]First Experiment using Small Passive Ranging System
Tadahiro GotohToshihiro Kubo-okaNICT)・Shohei TaniguchiSKY Perfect JSATSANE2012-63
We developed a passive ranging system for the orbit determin... [more] SANE2012-63
pp.41-44
SANE 2011-05-20
16:15
神奈川 防衛大学校 静止衛星の経度漂流について
川瀬成一郎石井佑佳防衛大SANE2011-16
静止軌道上にある衛星がステーションキーピングを停止すると,摂動により衛星は東西および南北に動くようになる.このうち東西へ... [more] SANE2011-16
pp.37-40
WBS, SAT
(併催)
2011-05-09
15:20
沖縄 NICT沖縄電磁波技術センター (旧名称:沖縄亜熱帯計測技術センター) [特別講演]通信衛星を利用した海洋観測・深海資源探査 ~ 陸上から海洋までのシームレスな通信を目指して ~
吉田 弘百留忠洋石橋正二郎中野善之笠谷貴史海洋研究開発機構WBS2011-5 SAT2011-2
海洋の観測研究は,プレート境界型地震発生の予測や,気候変動の予測の為に非常に重要な研究である.また,海洋資源の開発は,資... [more] WBS2011-5 SAT2011-2
pp.25-28(WBS), pp.7-10(SAT)
SANE 2009-06-25
17:50
茨城 JAXA筑波宇宙センター 静止衛星上での方向観測にもとづくニアミス回避について
川瀬成一郎NICTSANE2009-30
静止軌道上で2衛星が接近するとき,片方の衛星に設けた監視カメラにより他方の衛星を追尾して,ニアミスの発生を事前に予測する... [more] SANE2009-30
pp.87-91
SANE 2008-12-19
15:20
埼玉 日本工業大学 静止衛星の経度を測る小型電波干渉計
川瀬成一郎NICTSANE2008-92
静止軌道上で衛星が混雑する問題への対応として,衛星の軌道位置を監視するための小型で簡易な電波干渉計の技術を紹介する.C帯... [more] SANE2008-92
pp.31-34
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会