お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2022-01-22
10:40
ONLINE オンライン開催 多様な計測機器とポリメトリクスに対応した歩行データ管理サーバの設計・構築
伊藤嘉浩香山瑞恵信州大)・永井 孝ものつくり大ET2021-43
高齢者の健康長寿と健康促進に向けて,健康データに注目が集まっている.我々は,健康データの中でも歩行データに着目した.高時... [more] ET2021-43
pp.1-6
EMCJ, MICT
(併催)
2020-03-13
10:35
東京 機械振興会館 地下3階-2
(開催中止,技報発行あり)
ドップラーレーダを用いた日常動作計測によるアパシーを有する高齢者の判別
菅野功貴佐保賢志上村一貴富山県立大)・松本三千人富山福祉短大MICT2019-52
本研究では,ドップラーレーダを用いた日常動作 (歩行,起立着座) の計測を通じて,高齢者のアパシー(無気力)に起因する運... [more] MICT2019-52
pp.1-4
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2020-03-05
15:45
福岡 九州工業大学 戸畑キャンパス
(開催中止,技報発行あり)
【オンライン】歩行支援ロボットの荷重センサによる歩行バランス評価手法の検討
岡田直人名大)・横矢真悠山田和範パナソニック)・吉田直人榎堀 優間瀬健二名大IMQ2019-51 IE2019-133 MVE2019-72
高齢者の増加に伴い,健康長寿社会の実現が望まれている.加齢に伴う筋力低下により転倒のリスクが高まるため,バランス能力を測... [more] IMQ2019-51 IE2019-133 MVE2019-72
pp.183-188
BioX 2018-10-12
09:00
沖縄 大濱信泉記念館 赤外線センサネットワークからの歩容情報抽出と個人認証
椿野駿平工藤峰一北大BioX2018-25
天井に設置した赤外線センサネットワークを用いて、部屋内の長さ約5mの通路部分を通る人をその人の歩容から見分ける方式を検討... [more] BioX2018-25
pp.33-38
MBE, NC
(併催)
2017-03-13
13:35
東京 機械振興会館 単振子と倒立振子に基づく歩行バランスに関する検討
香川高弘宇野洋二名大MBE2016-86
歩行バランスの定量化は高齢者や歩行障害のある患者の転倒リスクの評価において重要である.しかし,ヒトの2足歩行は,関連する... [more] MBE2016-86
pp.21-26
CNR 2015-12-18
10:30
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎 長距離歩行能力評価のための歩行計測ロボット
萬 礼応高橋正樹慶大CNR2015-24
高齢者の転倒予防のために地域保健活動において,数メートル歩行など歩行能力評価のための歩行試験が実施されており,歩幅などの... [more] CNR2015-24
pp.49-54
ET 2015-11-20
15:05
千葉 木更津高専 3次元加速度センサの計測結果に基づく歩行特徴に関する基礎的検討
松澤拓也香山瑞恵橋本昌巳信州大)・二上貴夫東陽テクニカET2015-66
本研究の目的は歩行動作の簡易解析手法の提案である.そのために,1台の小型慣性計測装置を用いた計測を対象に,歩行の安定性に... [more] ET2015-66
pp.41-46
ET 2015-10-31
18:10
大分 日本文理大学 湯布院研修所 3次元加速度センサの計測結果に基づく動揺性と円滑性からみる歩行特徴の基礎的検討
松澤拓也香山瑞恵橋本昌巳信州大)・二上貴夫東陽テクニカET2015-56
本研究の目的は歩行動作の解析を容易に行うための手法の提案である.そのために,1台の小型慣性計測装置を用いた計測を対象に,... [more] ET2015-56
pp.73-77
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 靴型歩行計測装置のための遊脚期の足位置推定
枝吉 拓ウィドド ロミ ブディ和田親宗九工大
臨床現場での歩行リハビリに,モーションキャプチャなどの大がかりな装置から得られる歩容情報が活用される場合がある.しかし,... [more]
MBE, NC
(併催)
2014-12-13
09:00
愛知 名古屋大学 ユーザの動作に基づく装着型ロボットのオンライン最適歩行パターン生成
加藤高之香川高弘宇野洋二名大MBE2014-74
装着型ロボットの制御において,使用者の意図に合わせて運動を補助することは重要な問題の一つである.本研究では,使用者の運動... [more] MBE2014-74
pp.1-6
NC, MBE
(併催)
2014-03-17
10:50
東京 玉川大学 慣性センサを用いた下肢角度計測に関する検討 ~ 健常者での通常歩行およびぶん回し歩行による評価 ~
照山裕太渡邉高志東北大MBE2013-118
我々の研究グループでは,慣性センサを用いた下肢角度計測システムの開発を行ってきた.これまで,運動軸と対応する1軸の角速度... [more] MBE2013-118
pp.19-24
MVE, IE, WIT, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2013-03-11
15:00
福岡 福岡工業大学 靴型歩行計測装置における位置計測精度の評価
滝川大介九工大)・和田 太蜂須賀研二産業医科大)・和田親宗九工大IMQ2012-64 IE2012-168 MVE2012-125 WIT2012-74
これまで,歩行リハビリなどに用いるための支援装置として足の位置を推定する靴型の位置計測システムを開発してきた.足位置の推... [more] IMQ2012-64 IE2012-168 MVE2012-125 WIT2012-74
pp.169-174
MBE, NC
(併催)
2012-11-16
11:15
宮城 東北大学 脳性麻痺児におけるリハ支援のためのウェアラブル歩行解析・ネットワークシステムの基礎的検討
本井幸介小山崇宣弘前大)・窪田美穂福永奈美子田中あすか藤元早鈴病院)・谷口早弥香湯地忠彦金沢大)・東 祐二藤元登四郎藤元早鈴病院)・佐川貢一弘前大)・田中直登山越憲一金沢大MBE2012-48
脳性麻痺の子供を対象とした小児リハビリテーション(以下、リハ)においては,療法や処方した装具の効果,さらには健康状態を的... [more] MBE2012-48
pp.17-20
MBE, NC
(併催)
2012-03-15
09:50
東京 玉川大学 外乱に対する補償動作に基づく歩行安定性の評価
橘 鮎郎香川高弘宇野洋二名大MBE2011-122
歩行中の転倒を予防するには,歩行の安定性を評価することが重要である.
本研究では,歩行の安定性が外乱後の収束速度に依存... [more]
MBE2011-122
pp.77-82
ISEC, LOIS
(共催)
2010-11-17
13:30
茨城 筑波大学 携帯電話を用いた歩行モニタリング
伊藤達明石原達也中村幸博武藤伸洋NTT)・阿部匡伸岡山大ISEC2010-51 LOIS2010-30
携帯電話を用いて人の歩行の様子をモニタリングするためのシステムを提案する.その特徴は,携帯電話に搭載されたGPSおよび加... [more] ISEC2010-51 LOIS2010-30
pp.9-14
NC, MBE
(併催)
2009-03-11
11:10
東京 玉川大学 水中ポールウォーキング手法の健康運動効果の検討
新居大介三輪浩二北大)・山本敬三晴山紫恵子北翔大)・龍田記方肥田理恵金上宣夫サンビオーズ新琴似)・村岡卓哉大堀克己北海道循環器病院)・川初清典清水孝一北大MBE2008-99
水中歩行の運動効果向上を目指し,水中ポールウォーキングという新たな歩行法を考案した.水深60 cmおよび100 cmでの... [more] MBE2008-99
pp.25-30
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会