お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS, MSS
(共催)
2020-01-14
16:30
広島 広島市立大学 サテライトキャンパス MapReduce 型の並列処理によるコードクローン検出アルゴリズムと試験的な実装
神谷年洋島根大)・崔 恩瀞京都工繊大MSS2019-48 SS2019-32
MapReduce 型の並列処理を取り入れた,大規模なコードベースに適用可能なスケーラビリティを持つタイ
プ 3 コー... [more]
MSS2019-48 SS2019-32
pp.43-48
SWIM 2017-02-24
16:10
東京 機械振興会館 系列データマイニングによるコードクローン検出 ~ Java SWINGソースコードの解析実験報告 ~
宇田川佳久東京工芸大SWIM2016-21
本文は,頻出系列検出アルゴリズムをソフトウェアのコードクローン(類似したソースコード片)の検出に適用する方法を提案し,J... [more] SWIM2016-21
pp.17-22
IBISML 2015-11-26
15:00
茨城 つくば国際会議場 [ポスター講演]Wildcardを許容した頻出部分グラフマイニング
岡崎文哉瀧川一学北大IBISML2015-56
頻出部分グラフマイニングにより見つかる部分グラフには一部のラベルが異なるだけの類似部分グラフが多数存在する.したがって,... [more] IBISML2015-56
pp.25-32
ASN 2015-05-15
10:00
東京 東京電機大学千住キャンパス Life Event Detection Based on Low Frequency Smart Meter Readings
Yujin TangMasato TayaNorifumi HirataChihiro OnoKDDI R&D LaboratoryASN2015-10
 [more] ASN2015-10
pp.53-58
PRMU 2013-03-15
10:00
東京 電気通信大学 グラフの共起性に着目した複数オブジェクトを含む画像からの自動オブジェクト発見
南部貴之古賀久志渡辺俊典電通大PRMU2012-209
画像からの自動オブジェクト発見において成功しているBag-of-Features(BoF)の課題として特徴点の空間情報を... [more] PRMU2012-209
pp.169-174
IBISML, PRMU
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2010-09-05
13:40
福岡 福岡大学 [特別講演]パターンマイニングの新しい落としどころ ~ クラスタリングを用いたパターンマイニング ~
宇野毅明NIIPRMU2010-66 IBISML2010-38
パターンマイニングには,似たようなパターンが大量に発見されるという弱点がある。この弱点を克服すべく多くの研究が行われてき... [more] PRMU2010-66 IBISML2010-38
pp.81-82
IA, ICSS
(共催)
2010-06-17
13:30
京都 京都大学 学術情報メディアセンター ダークネット観測データの時系列パタン発見によるスクリーニングについて
鶴田 悠正代隆義竹内純一九大/九州先端科学技研IA2010-2 ICSS2010-2
ボットネットなどによるインターネット上の脅威を早期に検知するためには,ダークネットなどのネットワーク観測による脅威の傾向... [more] IA2010-2 ICSS2010-2
pp.7-12
NC, MBE
(併催)
2010-03-11
15:00
東京 玉川大学 可変長圧縮基準によるテキストの頻出文字列検出
岡本勇人井上真郷早大NC2009-170
様々な生物種のゲノムDNA 配列やタンパク質のアミノ酸配列等から,頻出する部分を抽出し,遺伝暗号を解く手掛かりとすること... [more] NC2009-170
pp.485-489
AI 2010-01-22
10:00
東京 関学東京キャンパス 固定頻出パターン集合を持つシステムにおける頻出パターン決定時点の検出法の提案とその評価
李 思瑶王 家宏児玉英一郎高田豊雄岩手県立大AI2009-19
近年,データマイニングに関する数多くの研究が広く行われている.しかし,既存の研究は頻出パターンをいかに速く抽出するかに焦... [more] AI2009-19
pp.1-6
IN 2009-06-11
13:25
福井 福井大学 P2Pファイル共有システムにおける高頻度流通ファイルの実時間計測
松森智哉笹部昌弘滝根哲哉阪大IN2009-13
P2Pファイル共有システムでは,ファイルのやりとりが個々のノード間で行われることから,システム内の状況やシステムの挙動を... [more] IN2009-13
pp.5-10
DE 2007-07-03
15:25
宮城 秋保温泉(仙台) 垂直分割に基づいた超高次元データからの並列頻出パターン発見手法
森 紘一郎折原良平東芝DE2007-91
従来の並列頻出パターン発見手法は,レコード数が非常に大きなデータに対し,データを水平分割して各計算機に割り当てる手法が一... [more] DE2007-91
pp.417-422
COMP 2004-12-10
13:15
千葉 東邦大学 [チュートリアル講演]頻出パターンの高速列挙
宇野毅明NII
各項目がアイテムの集合になっているデータベースをトランザクションデータベースとよぶ.定数θに対して,トランザクションデー... [more] COMP2004-55
pp.17-19
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会