お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
15:15
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) ガンマチャープ聴覚フィルタバンクを用いた車室内における音像の方位角推定モデルに関する基礎検討
阪本浩二デンソーテンテクノロジ)・中村将志前田昌宣デンソーテンEA2018-159 SIP2018-165 SP2018-121
本報告では,周波数領域両耳聴モデルを車室内でのオーディオ聴取環境へ適用し,音像の方位角推定の精度検証を行った.
そして... [more]
EA2018-159 SIP2018-165 SP2018-121
pp.353-358
EA, US
(併催)
2019-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]周波数領域両耳聴モデルを用いた複数話者同時発話時の話者識別に関する研究
清田佳偉イルワンシャー松岡光祐宇佐川 毅熊本大EA2018-94
近年,開発が進められている自動会議録作成支援システムでは,複数話者の発話が重畳したオーバラップ区間における,話者識別精度... [more] EA2018-94
pp.7-12
EA, US
(併催)
2019-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]周波数領域両耳聴モデルにおける前後判断機能の実装に関する研究
森 卓也古閑将大清田佳偉イルワンシャー宇佐川 毅熊本大EA2018-95
バイノーラル信号を用いた音源方向推定及び音源分離機能を実現する複数のモデルが,これまでに提案されてきている.これらの多く... [more] EA2018-95
pp.13-18
EA 2018-02-16
10:40
広島 県立広島大学 周波数領域両耳聴モデルにおける話者の位置情報を利用した音源分離制御機能の実装
御手洗宏樹清田佳偉イルワンシャー宇佐川 毅熊本大EA2017-97
周波数領域両耳聴モデル(Frequency Domain Binaural Model : FDBM)は,両耳間レベル差... [more] EA2017-97
pp.21-26
EA 2011-08-09
16:30
宮城 東北大学電気通信研究所 周波数領域両耳聴モデルに基づく補聴システムにおける前後誤判断の抑制手法
佐保貴哉苣木禎史宇佐川 毅熊本大EA2011-56
カクテルパーティ効果としても知られている聴覚の持つ音源方向推定および分離機能をモデル化した周波数領域両耳聴モデルを小型情... [more] EA2011-56
pp.37-42
EA 2008-11-21
14:45
大分 大分大学 両耳補聴システムのための周波数領域両耳聴モデルを用いた音源分離 ~ 時間-周波数フィルタリングによるミュージカルノイズの低減 ~
河野亮詞苣木禎史宇佐川 毅熊本大EA2008-98
特定方向の音を2 素子のみで強調できる両耳補聴システムの構築を目指し研究を行っている。
特定方向から到来するスペクトル... [more]
EA2008-98
pp.81-86
EA 2008-11-21
15:15
大分 大分大学 周波数領域両耳聴モデルによる音源分離性能における定量評価 ~ 音源方向への依存性についての検討 ~
冨田美奈子シャリファ サウン苣木禎史宇佐川 毅熊本大EA2008-99
音源分離の手法には様々なものが提案されてきたが, その分離性能の評価は, 他との比較やコストの面を考慮すると定量的かつ人... [more] EA2008-99
pp.87-92
EA 2008-06-27
15:00
秋田 秋田県立大学 両耳補聴システムにおける音声コーデックを用いた両耳間通信の検討
河野亮詞苣木禎史宇佐川 毅熊本大EA2008-34
これまで, 特定方向の音を2 素子のみで強調できる両耳補聴システムの構築を目指し研究を行っている。
本システムにおいて... [more]
EA2008-34
pp.45-49
EA 2007-11-15
13:00
熊本 熊本大学 音響情報により捕捉した画角外音源の追跡機能を備えた監視カメラシステムの構築に関する検討
長西将弘荒木潤一苣木禎史宇佐川 毅熊本大EA2007-73
周波数領域両耳聴モデルを応用した 3 素子アレイによる監視カメラ向けの音源方向推定手法が提案されている。マイクロホンによ... [more] EA2007-73
pp.1-6
EA 2007-11-15
13:30
熊本 熊本大学 周波数領域両耳聴モデルを用いた音源方向推定の精度に関する検討 ~ 正面ならびに側方における推定精度 ~
永田京子今村浩二郎熊本大)・中島栄俊熊本電波高専)・苣木禎史宇佐川 毅熊本大EA2007-74
本報告では, 周波数領域両耳聴モデルを用いた音源方向推定手法において,
自由空間における音源方向の推定精度について,... [more]
EA2007-74
pp.7-12
EA 2007-06-29
11:00
北海道 北海道大学 小型物体のための object related transfer function 自動測定装置
苣木禎史長西将弘高田俊亨神澤龍市宇佐川 毅熊本大EA2007-27
頭部伝達関数 (Head Related Transfer Function : HRTF) を用いた
周波数領域両耳... [more]
EA2007-27
pp.1-6
EA 2006-08-10
14:00
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館4階 大会議室 両耳間位相差およびレベル差を用いた複数音源の方位角・仰角推定手法の検討 ~ 音源方向の2次元推定手法による周波数領域両耳聴モデルの拡張 ~
河野 翔熊本大)・中島栄俊熊本電波高専)・苣木禎史宇佐川 毅熊本大
少数素子による音源方向推定および音源分離の手法が盛んに研究されており, ヒューマノイドの聴覚センサーや音声認識システムの... [more] EA2006-46
pp.25-30
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会