電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, MBE
(併催)
2020-03-04
09:55
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
深層強化学習を用いたフリージングモデルによる冗長性を有する倒立振子制御
平河恒樹福村直博豊橋技科大NC2019-76
近年,様々な知能ロボットが研究・開発されており,巧みにタスクを行う多自由度ロボットの実現が期待されている.その実現にはロ... [more] NC2019-76
pp.3-8
SS 2017-03-09
09:30
沖縄 てんぶす那覇 クロック凍結機構を持つ稠密時間プッシュダウンオートマトンの記号実行
平岡 祥結縁祥治名大SS2016-60
本研究では,クロック凍結機構を持つ稠密時間プッシュダウンオートマトン(Dense-Timed Pushdown Auto... [more] SS2016-60
pp.1-6
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと ステッピング運動の制御に関わる深部脳活動
大谷啓尊神戸大)・片桐祥雅NICT
すくみ足歩行(FOG)の発生メカニズムを検証するため,我々はサイモン課題(一致/不一致刺激)によるステッピング運動中にお... [more]
MBE, NC
(併催)
2016-11-19
13:50
宮城 東北大学 ヒト3関節腕の到達運動における手関節フリージング制御戦略モデル
松井利一鈴木琢巳古屋友博群馬大MBE2016-56
手関節を動かすことを意識しないで腕を動かす場合(自由な腕運動),手関節はほとんど動かないことを経験する.到達運動の実測で... [more] MBE2016-56
pp.39-44
DC, SS
(共催)
2016-10-27
15:05
滋賀 彦根勤労福祉会館(彦根市) クロック凍結機構を持つ稠密時間プッシュダウンオートマトンのゾーン構成による検証
平岡 祥結縁祥治名大SS2016-25 DC2016-27
本研究では、クロック凍結機構を持つ稠密時間プッシュダウンオートマトンの状態到達可能性を保存するゾーン構成手法を提案する。... [more] SS2016-25 DC2016-27
pp.43-48
MBE, NC
(併催)
2014-12-13
09:40
愛知 名古屋大学 フリージングを再現する多自由度制御モジュールを用いた競合学習モデル
藁谷誠人福村直博豊橋技科大NC2014-46
ヒトの運動学習における冗長自由度問題に対し,モジュール構造を用いた自由度制御学習モデルが提案されている.このモデルは制御... [more] NC2014-46
pp.13-18
NC, MBE
(併催)
2009-12-11
16:10
愛知 豊橋技術科学大学 フィードバック誤差学習を用いた倒立振子制御における運動自由度制御モデル
塚本 誠福村直博豊橋技科大NC2009-67
ヒトの運動は非常に多くの関節や筋によって実現されている.このような運動の実現には,関節や筋に関する多自由度の問題を解かな... [more] NC2009-67
pp.25-30
NC, MBE
(併催)
2009-03-11
15:45
東京 玉川大学 手首関節のフリージング機構を持つヒト3関節腕2点間到達運動の最適制御モデル
竹下孝樹渋沢貴久松井利一群馬大MBE2008-104
手関節のフリージング機構(主働筋と拮抗筋の共収縮)を特徴とする従来の3関節最適制御モデルの評価関数に,エネルギー最小化項... [more] MBE2008-104
pp.51-56
ITS, IPSJ-ITS, IEE-ITS
(共催)
2007-09-19
13:30
東京 東京大学生産技術研究所 事例ベース推論を用いた凍結防止剤散布支援システム
池田芳紀仲谷善雄立命館大
市街地を対象とした凍結防止剤散布の意志決定支援システムの製作を行った.財政難の自治体に対応するために既存センサ類と過去の... [more] ITS2007-25
pp.7-12
NC 2007-03-15
11:20
東京 玉川大学 立位姿勢制御における運動自由度の学習制御モデル
植松顯治福村直博豊橋技科大)・宇野洋二名大
ヒトの運動学習は,学習初期において低自由度で単純で高速な運動学習が行われ,徐々に高自由度での複雑な運動学習へと移行してい... [more] NC2006-158
pp.31-36
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会