お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DC 2019-12-20
16:30
和歌山 南紀くろしお商工会 長期信頼性試験におけるオンチップ遅延測定による劣化観測
三宅庸資加藤隆明梶原誠司九工大)・麻生正雄二見治司松永恵士シスウェーブ)・三浦幸也首都大東京DC2019-85
最先端のVLSIでは経年劣化に起因する故障の増加が懸念されている.回路の劣化による遅延の増加を検出するには,フィールドで... [more] DC2019-85
pp.37-42
WPT
(第二種研究会)
2019-10-31
- 2019-11-02
海外 西安電子科技大学 Near-field focusing-based reflectarray antenna for wireless power transfer
Xinwang CuiMengfan WangPei ZhangXuanming ZhangLong LiXIDIAN Univ.
A near-field focused reflectarray antenna operating at C-ban... [more]
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-10
11:10
大阪 I-Siteなんば(大阪) 920MHz帯および2.4GHz帯の屋外無線環境の簡易実測評価
山下育男関西電力)・浅野愛治墨 忠彦かんでんエンジニアリングRCC2019-12
920MHz帯や2.4GHz帯の無線通信は,センサデータや計量情報の収集に向けて利用が拡大しており,屋外ではすでに帯域が... [more] RCC2019-12
pp.7-10
RCS, AP
(併催)
2018-11-22
13:40
沖縄 沖縄産業支援センター [依頼講演]トラック隊列走行への適用に向けた5G低遅延通信フィールド実験評価
三上 学山口 良吉野 仁ソフトバンクAP2018-135 RCS2018-210
第5世代移動通信(5G)では,従来のモバイルブロードバンド通信能力の拡張であるenhanced Mobile Broad... [more] AP2018-135 RCS2018-210
pp.185-190(AP), pp.181-186(RCS)
NS, IN
(併催)
2018-03-02
10:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 生体情報収集ネットワークにおける移動対応無線通信プロトコルのフィールド実験
濱上卓磨OKI)・原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・川本康貴OKI)・奥畑宏之ソリトンシステムズ)・福井 潔柳原健太郎OKIIN2017-120
ウェアラブルデバイスやICT技術を駆使し,運動中の人体から生体情報をリアルタイムにモニタリングすることができれば,熱中症... [more] IN2017-120
pp.183-188
SDM 2018-01-30
15:30
東京 機械振興会館 [招待講演]Sub-nm EOT Ferroelectric HfO2 on p+Ge with Highly Reliable Field Cycling Properties
Xuan TianLun XuShigehisa ShibayamaTomonori NishimuraTakeaki YajimaUniv. of Tokyo)・Shinji MigitaAIST)・Akira ToriumiUniv. of TokyoSDM2017-96
5-nm-thick ferroelectric Y-doped HfO2 was intensively studie... [more] SDM2017-96
pp.21-24
AP, RCS
(併催)
2017-11-09
10:25
福岡 福岡大学 [依頼講演]スーパーハイビジョン映像素材の移動伝送に向けた適応送信制御4×4TDD-SVD-MIMOシステムの開発
光山和彦鵜澤史貴伊藤史人居相直彦NHKAP2017-119 RCS2017-227
スーパーハイビジョン(4K・8K)映像素材の移動伝送を実現する次世代の1.2 GHz/2.3 GHz 帯FPU (Fie... [more] AP2017-119 RCS2017-227
pp.59-64(AP), pp.129-134(RCS)
RCS, SAT
(併催)
2017-08-18
13:25
新潟 新潟大学 5G無線アクセスにおける新規無線フレーム構成を用いた高信頼低遅延通信の屋外伝送実験
岩渕匡史ベンジャブール アナス岸山祥久NTTドコモ)・Tingjian TianGuangmei RenChen TangLiang Guファーウェイ)・高田輝文鹿島 毅華為技術日本RCS2017-165
2020年以降の移動無線通信システムである5G/5G+無線アクセスでは,URLLC (Ultra Reliability... [more] RCS2017-165
pp.117-122
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-01
15:45
長崎 長崎県勤労福祉会館 [フェロー記念講演]VLSIテスト技術によるシステムディペンダビリティ向上への期待
梶原誠司九工大VLD2015-44 CPM2015-128 ICD2015-53 CPSY2015-64 DC2015-40 RECONF2015-51
VLSIの製造不良の検出を目的に行われる生産テストの技術は,テスト品質向上(故障検出能力の向上)とコスト削減を主眼に研究... [more] VLD2015-44 CPM2015-128 ICD2015-53 CPSY2015-64 DC2015-40 RECONF2015-51
pp.43-44(VLD), pp.9-10(CPM), pp.9-10(ICD), pp.19-20(CPSY), pp.43-44(DC), pp.19-20(RECONF)
OFT 2014-05-29
14:50
山形 山形大学(米沢) 融着接続型現地取付光コネクタ
福井潤治竹中 直鈴木裕司SEIオプティフロンティア)・大塚健一郎為國芳享住友電工OFT2014-3
データセンタにおいては、PUE(Power Usage Efficiency)の観点から空調効率を最適化する必要がある。... [more] OFT2014-3
pp.11-16
MoNA 2013-08-01
17:15
北海道 北海道大学 人体通信における歩行の影響
滝口清昭・○河野賢司近田恭之東大MoNA2013-19
人体に準静電界等の近傍電界を印加する人体通信では,人体は様々な環境ノイズの影響を受けやすく通信が安定し難くいうえ,さらに... [more] MoNA2013-19
pp.37-40
DC 2013-06-21
14:45
東京 機械振興会館 フィールドにおけるLSI劣化テストの可能性に関する一考察
佐藤康夫梶原誠司九工大DC2013-12
近年の電子機器に組み込まれたLSIは極めて高い信頼性を要求されている.しかしBTI(Bias Temperature I... [more] DC2013-12
pp.13-18
DC 2013-02-13
16:40
東京 機械振興会館 フィールドでの組込み自己テストにおける不定値処理に関するデータ量の削減手法
吉見優太奈良先端大)・畠山一実大和勇太米田友和井上美智子奈良先端大/JSTDC2012-90
圧縮テストを行う際に発生する不定値は圧縮効率やテスト品質に悪影響を及ぼすため,その処理手法について盛んに研究が行われてい... [more] DC2012-90
pp.61-66
NC, MBE
(併催)
2012-12-12
15:40
愛知 豊橋技術科学大学 マルコフ確率場モデルにおけるハイパーパラメータの分布推定
大野義典永田賢二東大)・庄野 逸電通大)・岡田真人東大/理研NC2012-86
近年, 観測技術の発展により, 自然科学の様様な分野で, 大量の画像データが得られている. 画像データの解析には, 情報... [more] NC2012-86
pp.55-60
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2012-11-28
14:30
福岡 九州大学百年講堂 フィールドテストのための温度・電圧モニタ回路構成の検討
津森 渉三宅庸資佐藤康夫梶原誠司九工大)・三浦幸也首都大東京VLD2012-101 DC2012-67
システムの信頼性の確保のために,フィールドでのLSIの劣化による回路遅延の増加を,障害の発生する前に検知する必要がある.... [more] VLD2012-101 DC2012-67
pp.243-248
R 2012-05-25
17:20
島根 出雲グリーンホテルモーリス システマビリティを導入したソフトウェア性能評価法に関する一考察
得能貢一山田 茂鳥取大R2012-10
本稿では,運用環境の不安定性・不確定性を考慮した信頼性特性と定義されるシステマビリティの概念を導入したソフトウェア性能評... [more] R2012-10
pp.53-58
OFT 2012-05-25
10:55
岐阜 飛騨・世界生活文化センター 被覆除去機能付き現地組立光コネクタ ~ 新被覆除去技術 ~
佐々木 大佐野知巳大塚健一郎高橋俊明住友電工)・為国芳享斎藤和人SEIオプティフロンティア)・白石維孝住電オプコムOFT2012-14
光ファイバの被覆を除去しない現地で組立可能な光コネクタを開発した。被覆を除去する力を低減する為に、被覆除去部材の先端形状... [more] OFT2012-14
pp.65-68
EMD 2011-03-04
15:30
埼玉 日本工業大学 直流機高出力化のための補極先端幅最適寸法の研究
遠藤慎也松下一成張 慶良上野貴博森田 登日本工大EMD2010-163
本研究は,鉄鋼圧延補機用等の中小形直流機の整流に関するものである。直流機は登場後,100年以上経過しているが,高出力化,... [more] EMD2010-163
pp.45-48
DC 2011-02-14
13:45
東京 機械振興会館 高精度遅延テストのためのテストパターン生成法
堀 慧悟奈良先端大)・米田友和井上美智子藤原秀雄奈良先端大/JSTDC2010-64
本研究では,システムクロックより速い複数のテストクロックを用いて,微小遅延を検出するテスト手法を提案する.半導体の製造プ... [more] DC2010-64
pp.33-38
R 2010-12-17
13:00
東京 機械振興会館 性能低下および運用段階特有の修復シナリオを考慮したソフトウェア性能評価のための統合モデル
得能貢一山田 茂鳥取大R2010-37
本論文では,運用環境を反映したソフトウェアシステムの性能評価のための統合モデルを構築する.ソフトウェアシステムの動的振舞... [more] R2010-37
pp.1-6
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会