お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-16
12:20
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス ワークフローエンジンを用いたインシデント切り分け自動化
瓦井太雄吉田直樹阪市大)・中山裕貴林 經正ボスコ・テクノロジーズ)・阿多信吾阪市大ICM2018-34
近年の情報インフラの普及と大規模化に伴い,ネットワークを含む情報システムの構造複雑化による運 用管理者の負担増加が深刻な... [more] ICM2018-34
pp.57-62
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2016-11-25
14:25
山口 下関商工会議所 Web品質劣化区間判定手法のフィールド検証
吉村憲子菊地繁実野尻秀樹岡本 淳NTTCQ2016-89
Webサービスにおいて品質劣化が発生した際には劣化区間を見つける方法が求められるが,端末,ネットワーク,サーバ等の管理主... [more] CQ2016-89
pp.89-93
CQ, ICM, NS
(併催)
2015-11-27
13:45
新潟 新潟大学 Navigation timing APIを用いたWeb品質劣化切り分け手法のフィールド検証
吉村憲子本多泰理野尻秀樹高橋 玲NTTCQ2015-88
Webブラウジングは多くのユーザが利用し,モバイル通信の主要なサービスの1つになっている.しかし,無線環境では常時安定し... [more] CQ2015-88
pp.71-74
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-28
15:35
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 多数決スイッチ回路によるn-フォールトトレラントシステムの諸考察
岩井仁司 VLD2014-111 DC2014-65
n 回故障を起こしても、その都度エラーを許容し、ミッションを継続する多重多数決冗長構成法を提案している.このような方法と... [more] VLD2014-111 DC2014-65
pp.257-262
ICM 2011-03-10
10:00
沖縄 宮古島マリンターミナル ネットワークデータ間の連動性解析による障害検出方式の検討
木原 拓立石直規瀬戸三郎NTTICM2010-57
ネットワーク保守業務では,高品質・高信頼なサービスを提供するために,障害発生からサービス復旧までの時間短縮に取り組んでい... [more] ICM2010-57
pp.17-22
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2010-01-27
14:05
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス SRAM型FPGAによる故障状況に適応可能な漸次縮退システムの実装
藤恵里司野地亮志吉川祐樹市原英行井上智生広島市大VLD2009-93 CPSY2009-75 RECONF2009-78
再構成可能デバイスを用いた高信頼システムとして,エラーを検出した際に正常な構成要素のみで再構成を行うことで,
構成前と... [more]
VLD2009-93 CPSY2009-75 RECONF2009-78
pp.149-154
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会