お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 571件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMT, IEE-EMT
(連催)
2022-06-23
10:05
東京 電気学会会議室 電荷生成消滅場によるディラック方程式の拡張とFDTD法による原子軌道形成過程シミュレーション
武藤秀樹リンク・リサーチ
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
EMCJ 2022-06-10
13:50
北海道 北海道大学 電波ばく露と青少年の健康影響に関する疫学研究を目的とした小児モデルの人体遮蔽特性推定
杉村海渡山本康平日景 隆大宮 学山崎圭子宮下ちひろ田村奈穂美池田敦子岸 玲子北大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
EST 2022-05-19
13:50
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
任意形状誘電体解析のためのCP-EP法に基づくFDTD法の3次元問題への拡張
竹谷和真岩本哲弥柴山 純山内潤治中野久松法政大EST2022-3
直交座標系の有限差分時間領域(FDTD)法を用いて曲面などを含む任意形状の誘電体を解析する際には,誘電体表面のモデリング... [more] EST2022-3
pp.12-17
AP 2022-05-20
13:25
兵庫 神戸ポートオアシス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
時間・空間適応を用いたMR/FDTD法の解析時間改善手法
朝日 慧・○有馬卓司宇野 亨農工大AP2022-27
近年,通信技術が発展し,自動運転や次世代通信技術の更なる発達が予見されている.この発達に貢献するため,都市のような大規模... [more] AP2022-27
pp.90-94
EST 2022-01-27
09:35
ONLINE オンライン開催 テラヘルツ帯における3次元TM透過/TE除去導波路型偏光子の設計と解析
田中宏季柴山 純山内潤治中野久松法政大EST2021-56
誘電体導波路のコアの両側に半導体層を装荷したテラヘルツ帯におけるTM 透過/TE 除去導波路型偏光子を提案する.はじめに... [more] EST2021-56
pp.1-5
EST 2022-01-27
11:40
ONLINE オンライン開催 空間合成型ばく露用レンズアンテナのFDTD解析手法に関する一検討
尾﨑龍之介山本尚也日景 隆北大EST2021-62
第5世代移動通信サービス(5G)やBeyond-5Gの候補周波数帯となる60 GHz帯での生体反応の熱閾値に関する知見を... [more] EST2021-62
pp.27-31
EST 2022-01-27
17:00
ONLINE オンライン開催 音場数値シミュレーションによるインフラ状況把握技術
津野晃大加古啓晶木股有輝木村秀明中部大EST2021-74
近年,災害時における電柱倒壊被害を原因とする道路封鎖により緊急車両の通行止め等2次災害が大きな問題となっている.本研究で... [more] EST2021-74
pp.84-87
EST 2022-01-27
18:20
ONLINE オンライン開催 融雪を目的とした導波管スロットアンテナ用レドームの形状最適化
伊藤桂一飛沢瑠伽秋田高専)・丸山珠美中津川征士中村尚彦函館高専)・村本 充奈須野 裕苫小牧高専)・大島功三旭川高専)・山本綱之津山高専)・大宮 学北大)・玉山泰宏長岡技科大EST2021-78
近年,マイクロ波によってモルタルブロックを加熱する新しい融雪方式が注目されている.本研究では1スロットの導波管スロットア... [more] EST2021-78
pp.104-109
EST 2022-01-28
10:10
ONLINE オンライン開催 中間周波数帯接触電流による接触インピーダンスの数値解析
西川雄登ゴメスタメス ホセ名工大)・上村佳嗣宇都宮大)・上原信太郎大高洋平藤田医科大)・平田晃正名工大EST2021-81
国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)ガイドラインやIEEE規格では,接触電流を含む電磁波被ばくに対する防護限度が定... [more] EST2021-81
pp.122-125
EST 2022-01-28
15:10
ONLINE オンライン開催 テラヘルツ帯における誘電体基板上のInSb球配列のFDTD解析
黒田匠真柴山 純山内潤治中野久松法政大EST2021-92
誘電体基板上に半導体のアンチモン化インジウム(InSb)球を配置した周期構造の解析を3次元FDTD法を用いてテラヘルツ(... [more] EST2021-92
pp.173-177
EST 2022-01-28
15:30
ONLINE オンライン開催 DCP-FDTD法を用いたTHz帯における任意形状分散性媒質の解析
岩本哲弥柴山 純山内潤治中野久松法政大EST2021-93
直交座標系の有限差分時間領域(FDTD)法を用いて曲面を持つ分散性媒質を解析する際,階段近似を用いるためモデリングに注意... [more] EST2021-93
pp.178-182
EMT, IEE-EMT
(連催)
2021-11-04
10:00
ONLINE オンライン開催 FDTD法による導体円筒管近傍のICタグの数値解析
深瀨優介柴崎年彦都立産技高専EMT2021-28
RFIDはICタグの情報を無線で読み書きするシステムで,製品管理に広く用いられる.しかし,金属近傍に設置した場合に,金属... [more] EMT2021-28
pp.1-6
EMT, IEE-EMT
(連催)
2021-11-04
13:50
ONLINE オンライン開催 電磁ポテンシャルを用いたFDTD法による時間応答解析
東 貴範岸本誠也佐甲徳栄大貫進一郎日大EMT2021-31
電磁ポテンシャルをFDTD法により求める場合,電磁界を未知数とする定式化では計算コストの増大や精度の低下が問題となる.本... [more] EMT2021-31
pp.14-18
MIKA
(第三種研究会)
2021-10-28
10:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]人体遮蔽を考慮したローカル5G周波数帯屋内伝搬特性推定
吉田総希日景 隆山本 学大宮 学北大
企業や地方自治体等が自らの建物内や特定の敷地内で柔軟に構築できる第5世代移動通信システム(5G)であるローカル5Gの開発... [more]
EST, MW, EMCJ, IEE-EMC
(連催) [詳細]
2021-10-07
11:10
ONLINE オンライン開催 IoTセンサと振動シミュレーションを組み合わせたインフラ状況把握技術
津野晃大加古啓晶木村秀明中部大EMCJ2021-30 MW2021-42 EST2021-32
近年,災害時における電柱倒壊被害を原因とする道路封鎖により緊急車両の通行止め等2次災害が大きな問題となっている.本論文で... [more] EMCJ2021-30 MW2021-42 EST2021-32
pp.17-20
AP 2021-10-07
13:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]複合材料の等価的な誘電率推定方法に関する研究
相澤廣樹前山利幸拓殖大AP2021-80
屋内の伝搬特性を電磁解析手法により推定するためには,壁などの建築材料の正確な電気定数が必要である.一方,鉄筋コンクリート... [more] AP2021-80
pp.51-53
EST, MW, EMCJ, IEE-EMC
(連催) [詳細]
2021-10-07
13:50
ONLINE オンライン開催 光変調散乱素子を用いた高周波電界計測システムのFDTD法による性能評価
黒澤孝裕秋田県産技センターEMCJ2021-34 MW2021-46 EST2021-36
半導体を散乱体とした光変調散乱素子を用いた高周波電界計測システムについて,円板形状の散乱体から生じる変調散乱波強度と散乱... [more] EMCJ2021-34 MW2021-46 EST2021-36
pp.35-39
AP 2021-10-07
14:25
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]アンテナ反射特性の変化を利用するセンシング技術の距離推定のための検出指標の検討
新谷一貴同志社大)・清水 聡同志社大/ATR)・岩井誠人衣斐信介同志社大)・栗原拓哉鈴木義規ATRAP2021-85
人体などの物体がアンテナ近傍に存在する場合には,アンテナ特性に様々な変化が生じる.この特性をアンテナ周辺の物体のセンシン... [more] AP2021-85
pp.68-69
AP 2021-10-07
14:25
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]FDTD法におけるRCSを用いた周辺地物モデル化手法の検討
埜々考平藤元美俊福井大)・山口 良豊見本和馬ソフトバンクAP2021-94
同一周波数 Full Duplex の実現には,約 110 dB の自己干渉除去が必要となり,移動体では実質的に不可能で... [more] AP2021-94
pp.102-103
EST, MW, EMCJ, IEE-EMC
(連催) [詳細]
2021-10-08
11:35
ONLINE オンライン開催 反復クランク・ニコルソン法を用いた陽的FDTD法の開発
柴山 純・○西尾知将山内潤治中野久松法政大EMCJ2021-46 MW2021-58 EST2021-48
高い計算精度を有する陰的なFDTD法として,クランク・ニコルソン(CN)法を用いた手法が開発されている.注意すべきは,C... [more] EMCJ2021-46 MW2021-58 EST2021-48
pp.92-95
 571件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会