お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OPE, LQE
(共催)
2020-11-20
15:30
ONLINE オンライン開催 Si光変調器の高消光比化
小島大輝早大)・藤方潤一NEC)・北 智洋早大OPE2020-70 LQE2020-50
近年, 実用化されつつあるデジタルコヒーレント光通信では高消光比を持つSi光変調器が求められている. 本研究では消光比を... [more] OPE2020-70 LQE2020-50
pp.125-128
EST 2020-01-31
14:15
大分 別府国際コンベンションセンター(小会議室31) テラヘルツ帯におけるTE透過/TM除去導波路型偏光子の解析
髙橋澄玲柴山 純山内潤治中野久松法政大EST2019-98
誘電体導波路に半導体層を装荷したテラヘルツ帯におけるTE透過/TM除去導波路型偏光子を提案する. はじめに,2次元偏光子... [more] EST2019-98
pp.97-102
AI 2019-09-13
14:20
鹿児島 霧島自然ふれあいセンター 人工衛星地球観測データによる認識の再構成 ~ 植生条件指標からデジタル言語学へ ~
得丸久文著述業AI2019-21
あらまし筆者は人工衛星地球観測データを利用した海洋環境監視システムを設計・施行・運用した経験をもつ.
システム設計は、... [more]
AI2019-21
pp.13-18
LQE, OPE, SIPH
(共催)
2018-12-06
17:10
東京 慶應義塾大学 Numerical design of metal-clad cavity device coupled to InP waveguide for on-chip optical interconnect
Yuguang WangYi XiaoTakuo TanemuraYoshiaki NakanoTokyo Univ.OPE2018-106 LQE2018-116 SIPH2018-22
 [more] OPE2018-106 LQE2018-116 SIPH2018-22
pp.43-46
MWP
(第二種研究会)
2018-08-06 島根 くにびきメッセ(松江市) 非線形連立方程式を用いた並列マッハ・ツェンダー変調器の評価方法
フレイレ ウーゴ早大)・稲垣惠三NICT)・川西哲也早大
 [more]
OPE 2017-12-07
13:15
沖縄 まりんぴあみやこ [ポスター講演]方向性結合器を用いた導波路型偏波スプリッタの消光比向上に向けた設計と評価
三津野翔哉丸山武男金沢大OPE2017-100
Si/SiO2導波路のように高い屈折率差は高密度集積を可能にするが、一方強い偏波依存性の原因となり、設計を複雑化させる要... [more] OPE2017-100
pp.59-62
OPE 2016-12-09
13:25
沖縄 石垣市商工会館(沖縄) 高消光比を有する多モード干渉計型電界吸収型光変調器の提案
沖津大輔山野 祐横浜国大)・盧 柱亨関東学院大)・荒川太郎横浜国大OPE2016-113
電界吸収型光変調器(EAM)と1入力-1出力型多モード干渉素子(MMI)を組み合わせた多モード干渉計型電界吸収型光変調器... [more] OPE2016-113
pp.51-56
MWP 2014-11-05
15:50
宮城 東北大通研 ナノ・スピン総合研究棟4階カンファレンスルーム アクティブY分岐集積高消光比光変調器による2トーン光信号生成
山口祐也関 和樹小谷野弘之早大)・菅野敦史川西哲也NICT)・井筒雅之中島啓幾早大MWP2014-46
アクティブY分岐を集積することで高消光比動作を可能とした光変調器を用いて高品質な2トーン光信号を生成した.また,アクティ... [more] MWP2014-46
pp.25-28
MWP, EMT, PN, LQE, OPE, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2014-01-23
09:50
京都 同志社大学(烏丸キャンパス) 光変調器を用いたPD周波数特性測定における不確かさバジェットの計算
稲垣惠三川西哲也NICT)・飴谷充隆黒川 悟産総研)・岩井英法及川陽一トリマティス)・市川潤一郎住友大阪セメントPN2013-36 OPE2013-150 LQE2013-136 EST2013-85 MWP2013-56
PDのような光電変換デバイスの周波数応答を高精度に測定する方法としてヘテロダイン法があり、それに用いる2トーン光を高消光... [more] PN2013-36 OPE2013-150 LQE2013-136 EST2013-85 MWP2013-56
pp.11-16
MWP 2013-11-29
15:15
東京 (公)鉄道総合技術研究所 低チャープ・高消光比光変調のRoF応用についての考察
川西哲也NICTMWP2013-50
光変調技術はデジタル、アナログを問わず光通信システムで重要な役割を果たしている。デジタル通信システムにおいては光周波数利... [more] MWP2013-50
pp.17-22
OCS 2013-07-25
15:50
東京 すみだ産業会館(東京) 非線形補償を適用した光伝送システムにおけるパルス形式及び送受信器の不完全性の影響
小山智史富士通研)・星田剛司中島久雄富士通)・大嶋千裕富士通研)・Zhenning TaoFRDC)・Jens C. Rasmussen富士通OCS2013-24
本稿では送受信器の不完全性及びパルス形式が伝送特性に与える影響を127Gbit/s DP-QPSKの伝送シミュレーション... [more] OCS2013-24
pp.29-34
EMD, CPM, OME
(共催)
2013-06-21
14:00
東京 機械振興会館 Ag及びAgSnO2接点の開離アーク継続時間に対する接点開離速度の影響に関する実験的検討
長谷川 誠千歳科技大EMD2013-15 CPM2013-30 OME2013-38
負荷電源電圧DC14Vの直流誘導性負荷回路(L=20mH)及び抵抗性負荷回路において、約0.8~4Aの負荷電流をAg接点... [more] EMD2013-15 CPM2013-30 OME2013-38
pp.43-48
OPE, MW, MWP, EMT, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2011-07-22
10:45
北海道 北見工業大学 Broadband Optoelectronic Frequency Response Measurement Using Optical Amplifier with Automatic Level Control
Ukrit MankongKeizo InagakiTetsuya KawanishiNICTMW2011-58 OPE2011-45 EST2011-44 MWP2011-26
Optoelectronic frequency response calibration using high ext... [more] MW2011-58 OPE2011-45 EST2011-44 MWP2011-26
pp.115-118
EMD, OPE, LQE, CPM
(共催)
2010-08-27
11:40
北海道 千歳アルカディアプラザ 金属装荷導波路型偏光子の数値解析
山内潤治・○中野朋浩中野久松法政大EMD2010-49 CPM2010-65 OPE2010-74 LQE2010-47
TEもしくはTM波を選択的に透過させる金属装荷導波路型偏光子の特性を,3次元ビーム伝搬法により検討する.はじめに,等価屈... [more] EMD2010-49 CPM2010-65 OPE2010-74 LQE2010-47
pp.109-114
OPE, LQE
(共催)
2010-06-25
17:15
東京 機械振興会館 地下3階研修1号室 並列型LiNbO3光変調器のバイアス制御方法に関する検討
土屋佑太早大)・坂本高秀川西哲也NICT)・中島啓幾早大OPE2010-21 LQE2010-23
我々のグループでは,LiNbO3光変調器の基本構造となるマッハツェンダ型干渉構造の光入射側のY分岐部分に新たな電極を設置... [more] OPE2010-21 LQE2010-23
pp.31-35
CS, OCS
(併催)
2010-01-28
16:00
山口 海峡メッセ下関 光振幅差動位相変調-直接検波方式における最適光消光比と誤り率特性
岡野慎也乗松誠司京大OCS2009-106
振幅2値及び振幅4値光振幅差動位相変調方式(ADPSK)の誤り率特性を考察する.まず,誤り率を雑音分布の自由度を考慮し,... [more] OCS2009-106
pp.37-42
EMD 2009-12-18
13:55
千葉 千葉工業大学 津田沼キャンパス Ag接点の開離アーク消滅時ギャップ長と接点開離速度との関係に関する実験的検討
長谷川 誠須藤あすか千歳科技大EMD2009-108
Ag接点の開離アーク消滅時ギャップ長に対する接点開離速度の影響を検討するために、直流誘導性負荷回路ならびに抵抗性負荷回路... [more] EMD2009-108
pp.11-16
HIP 2009-10-29
15:40
福岡 九州大学西新プラザ 格子型消失錯視に及ぼす刺激の提示時間の影響
蘭 悠久北岡明佳立命館大HIP2009-80
格子型消失錯視の時間特性を検討した.黒い縁のある白い円が,黒い背景上の灰色の格子の交差点(交差点条件) あるいは交差点の... [more] HIP2009-80
pp.37-40
OPE, LQE, OCS
(共催)
2009-10-23
09:20
福岡 九州大学 電界制御Y分岐によるLiNbO3MZ変調器の消光比改善
小木曽義弘土屋佑太早大)・品田 聡中島慎也川西哲也NICT)・中島啓幾早大OCS2009-64 OPE2009-130 LQE2009-89
本研究では,LiNbO3 MZ変調器におけるY分岐部での電界を制御することで,単一MZ構造での消光比改善(50 dB)を... [more] OCS2009-64 OPE2009-130 LQE2009-89
pp.117-120
CPM, EMD, OME
(共催)
2009-06-19
16:45
東京 機械振興会館 Ag接点の開離アーク放電特性に対する接点開離速度の影響に関する実験的検討
須藤あすか長谷川 誠千歳科技大EMD2009-20 CPM2009-32 OME2009-27
Ag接点の開離アーク放電特性に対する接点開離速度の影響を検討するために、直流誘導性負荷回路にて14V-0.1~2.0Aの... [more] EMD2009-20 CPM2009-32 OME2009-27
pp.33-38
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会