お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS, ICTSSL
(共催)
2021-01-29
15:15
ONLINE オンライン開催 適応型拡張カルマンフィルタにおける初期値設定戦略に関する一考察
常田健斗塩原孝弘福井正博立命館大CAS2020-68 ICTSSL2020-53
リチウムイオン蓄電池の普及に伴い, 電池の保護・管理を行うバッテリマネジメントシステムが重要となっている. 同システムに... [more] CAS2020-68 ICTSSL2020-53
pp.152-157
SAT, SANE
(併催)
2020-02-19
13:25
沖縄 大濱信泉記念館(石垣市) ドップラーライダーによる到来風予測
北村尭之今城勝治酒巻 洋諏訪 啓三菱電機SANE2019-101
本稿では,ドップラーライダーを用いた到来風予測手法について述べる.ドップラーライダー前方の離れた複数位置における風速観測... [more] SANE2019-101
pp.25-30
SR, RCS
(併催)
(第二種研究会)
2018-10-30
10:30
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]Ambient Intelligent Wireless Sensor Network for Environmental Monitoring and Indoor Localization Using an Extended Kalman Filter
Karthik MuthineniAttaphongse TaparugssanagornAIT
In this work, we propose Ambient Intelligent (AmI) Wireless ... [more]
ITS 2016-05-28
15:15
北海道 北海道大学 距離/加速度センサの融合による高精度移動体追跡の実験的検討
佐保賢志高橋悠祐馬杉正男立命館大ITS2016-1
本稿では,レーダ・超音波センサ等の距離センサと,計測対象の有する加速度センサが通信可能な場合を想定し,これらのセンサデー... [more] ITS2016-1
pp.1-5
RCS, SR, SRW
(併催)
2013-02-27
14:30
東京 早稲田大学 Inter carrier interference reduction of OFDM system with a novel self-cancellation scheme
Thitapha ChanpokapaiboonTakayuki InoueKiyomichi ArakiTokyo Inst. of Tech.RCS2012-319
The implementation of OFDM system has suffered with the prob... [more] RCS2012-319
pp.213-218
SANE 2011-10-18
14:25
海外 Udayana University, Bali, Indonesia Embedded Motion Sensing System for UAV SAR
Tan Wei QiangLim Chot Hun・○Koo Voon ChetLim Tien SzeMultimedia Univ.SANE2011-89
Motion sensing and compensation is one of the key challenges... [more] SANE2011-89
pp.143-147
NC 2008-05-23
11:25
石川 金沢大学 拡張カルマンフィルタを用いたセンサスケジューリング則とその実験的検証
武田孝史滑川 徹金沢大NC2008-3
本論文では拡張カルマンフィルタを用いたセンサスケジューリング則の提案とその実験検証について述べる. まず観測ノイズが状態... [more] NC2008-3
pp.13-16
SANE 2007-01-19
13:20
長崎 長崎県美術館 複数センサ間の到来時間差/ドップラー周波数差を利用する追尾フィルタ
高林佑樹亀田洋志系 正義三菱電機SANE2006-125
複数のレーダで受信した電波の到来時間差を用いて目標を測位する方式は,単一レーダによる測位に比べて精度が測角精度に影響され... [more] SANE2006-125
pp.37-42
NLP, CAS
(共催)
2006-10-04
15:55
大阪 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス 連続時間確率的システムにおける拡張逐次的ウィーナ固定点スムーザとフィルタの設計
中森誠一鹿児島大
本論文は、連続時間広義の定常確率的システムにおいて、拡張逐次的ウィーナスムーザとフィルタを設計している。信号は、信号の非... [more] CAS2006-29 NLP2006-52
pp.49-53
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会