お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2016-10-20
13:00
神奈川 YRP(横須賀) [依頼講演]同一周波数帯における4G LTEと5Gの共存に関する一検討
戸田和秀柴山昌也森脇和也末柄恭宏KDDI研RCS2016-165
現在,5Gサービス用の周波数帯として,主に高い周波数帯の割当が検討されている.高い周波数帯は連続した広い帯域を確保するこ... [more] RCS2016-165
pp.71-76
SR 2015-01-29
13:50
北海道 KKR はこだて QZSSショートメッセージSS-CDMA通信における同期精度の実験的検証
秋元浩平三宅裕士亀田 卓平 明徳末松憲治高木 直坪内和夫東北大SR2014-96
準天頂衛星を活用した災害時の安否確認システム向けに,地上端末から衛星への直接通信を実現するSS-CDMA通信システムを提... [more] SR2014-96
pp.13-18
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2009-03-04
14:55
神奈川 YRP RF MIMOフェージングシミュレータのためのIQインバランス補償法
齋藤真理子鎌田裕之阪口 啓荒木純道東工大SR2008-93
MIMO伝搬モデルを実装したRF~MIMOフェージングシミュレータにおいて,RF系の不完全性の一つである
直交変復調器... [more]
SR2008-93
pp.27-32
RCS 2008-08-27
17:40
北海道 北海道大学 参照送受信器を用いないIQインバランス補償法と実験的検証
齋藤真理子鎌田裕之阪口 啓荒木純道東工大RCS2008-70
高速データ通信システムを実現するとき,アナログ回路で生じる不完全性は無視できない深刻な障害となる.著者らは不完全性の一つ... [more] RCS2008-70
pp.103-108
NS 2006-06-23
11:15
岩手 岩手県立大学 ブロードバンドルータに適したフロー自律管理型パケット廃棄制御
篠原悠介山垣則夫戸出英樹村上孝三阪大NS2006-43
現在のIP網では,基本的にBest Effortサービスのみを提供しているため,各フローに対応したQoS保証が困難である... [more] NS2006-43
pp.29-32
RCS, AP, WBS, MW, MoNA
(共催)
2005-03-03
15:10
神奈川 YRP 素子間結合を考慮した2x2MIMOシステムの特性理論解析と実証実験
チュア ハイ ヨウ ユジン阪口 啓荒木純道東工大)・岩井 浩坂田 勉小川晃一松下電器
近年、高速伝送を実現できるMIMO通信システムが注目されており、実用化が進められている。小形端末にMIMOシステムを実装... [more] WBS2004-118 AP2004-299 RCS2004-386 MoMuC2004-169 MW2004-296
pp.117-122
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会