お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 94件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, IA
(併催)
2021-12-17
17:40
広島 広島大学東千田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]通信リンクの不均一性が情報指向遅延耐性ネットワークのコンテンツ配送遅延に与える影響
嵯峨山 央大西美知加松尾涼太郎大崎博之関西学院大IA2021-49
近年、ノード間の通信リンクが断続するような環境に対して、情報指向ネットワークの通信パラダイムを取
り入れた、 ICDT... [more]
IA2021-49
pp.93-96
NLC, IPSJ-NL, SP, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-12-02
14:20
ONLINE オンライン開催 スパース表現を用いたEnd-to-End音声認識システムの検討
矢崎礼一郎大木 真山梨大NLC2021-20 SP2021-41
本稿では,End-to-End音声認識システムの特徴量にスパース表現の導入を検討した.End-to-Endモデルの台頭に... [more] NLC2021-20 SP2021-41
pp.13-16
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
09:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]エンドツーエンドニューラルネットワークによる様々な音声処理技術の統一化の試み
渡部晋治カーネギーメロン大SP2021-8
本講演では、近年のエンドツーエンドニューラルネットワークによる音声処理の発展について解説を行う。エンドツーエンドニューラ... [more] SP2021-8
p.38
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
15:00
ONLINE オンライン開催 局所的な句構造の情報を用いたニューラル音声合成
海木延佳サクティ サクリアニ中村 哲奈良先端大SP2021-23
自然な韻律をもつ日本語音声を合成するため、局所的な句構造に基づくフレーズ成分を表す韻律記号をend-to-end音声合成... [more] SP2021-23
pp.107-112
NS 2021-04-16
13:00
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]E2Eスライスを構成するData NetworkスライスのD-Planeアーキテクチャと構成方式の検討
中村孝幸鳴海貴允天坂光男佐藤卓哉NTTNS2021-12
近年,5G時代に想定される多様なネットワークサービスに柔軟に対応するために,共通の物理リソース上にネットワークに対する要... [more] NS2021-12
pp.65-70
EA, SP, SIP
(共催)
US, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-03-03
14:05
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]大規模言語モデルによる未観測文の生成機構を持つEnd-to-Endインクリメンタル音声合成
佐伯高明高道慎之介猿渡 洋東大EA2020-74 SIP2020-105 SP2020-39
テキスト音声合成 (text-to-speech: TTS) は,テキスト情報から人間の発話音声を人工的に合成する技術で... [more] EA2020-74 SIP2020-105 SP2020-39
pp.85-90
EA, SP, SIP
(共催)
US, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-03-03
17:35
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]Comparison of End-to-End Models for Joint Speaker and Speech Recognition
Kak SokyKyoto Univ.)・Sheng LiNICT)・Masato MimuraChenhui ChuTatsuya KawaharaKyoto Univ.EA2020-78 SIP2020-109 SP2020-43
In this paper, we investigate the effectiveness of using spe... [more] EA2020-78 SIP2020-109 SP2020-43
pp.109-113
NLC, IPSJ-NL, SP, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2020-12-02
09:40
ONLINE オンライン開催 CTCとマスク推定に基づく推論速度の速いEnd-to-End音声認識
樋口陽祐早大)・稲熊寛文京大)・渡部晋治JHU)・小川哲司小林哲則早大NLC2020-13 SP2020-16
Connectionist Temporal Classification (CTC)とマスク推定により非自己回帰的なE... [more] NLC2020-13 SP2020-16
pp.1-6
WIT, SP
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2020-10-22
13:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]日本語End-to-End 音声合成に対するNHKの取り組み
栗原 清NHKSP2020-11 WIT2020-12
放送事業者であるNHKは,番組を制作し,それを放送することを主な業務としている.毎日,多くの番組を制作する中で,音声コン... [more] SP2020-11 WIT2020-12
pp.19-20
NS 2020-04-17
10:45
ONLINE オンライン開催 E2EスライスのD-Planeアーキテクチャと実装方法の検討
中村孝幸本間俊介天坂光男佐藤卓哉岡田智広NTTNS2020-6
近年,5G時代に想定される多様なネットワークサービスに柔軟に対応するために,共通の物理リソース上にサービス要件に応じた論... [more] NS2020-6
pp.51-56
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-02
13:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
時間反転音声を用いた音声認識のためのデータ拡張 ~ 特徴量系列における反転 ~
芦原孝典田中智大森谷崇史増村 亮篠原雄介柏野牧夫NTTEA2019-110 SIP2019-112 SP2019-59
音声認識システムにおいて,学習データの音響的な網羅性を可能な限り担保し,過学習を防ぐ事を目的としたアプローチの一つに d... [more] EA2019-110 SIP2019-112 SP2019-59
pp.53-58
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-02
13:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
End-to-end音声認識における会議音声への適応および回り込み音声の影響軽減
大内一亜甲斐充彦静岡大EA2019-111 SIP2019-113 SP2019-60
会議音声の自動書き起こしのような実環境下での複数話者音声認識では,話者別に与えた近接マイクで収録しても,周囲の話者の音声... [more] EA2019-111 SIP2019-113 SP2019-60
pp.59-64
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
[ポスター講演]日本語end-to-end音声合成を用いた韻律シンボル教示とその音響的実現に関する音声教育的考察
吉澤風希東大)・熊野 正NHK)・峯松信明東大)・栗原 清NHKEA2019-137 SIP2019-139 SP2019-86
日本語教育における韻律シンボル教示の効果を検討するために、end-to-end音声合成システムの学習プロセスを人間の学習... [more] EA2019-137 SIP2019-139 SP2019-86
pp.207-212
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
14:25
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
円滑な音声対話のためのセミブラインド音源分離と音声区間検出の統合
和気雅弥戸上真人LINE)・吉井和佳河原達也京大EA2019-163 SIP2019-165 SP2019-112
本稿では音声対話システムの発話音源とその音声区間が既知の条件で,ユーザの発話音源の分離と音声区 間の検出を統合し... [more] EA2019-163 SIP2019-165 SP2019-112
pp.361-366
ITE-HI, ITE-MMS, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE, ITS
(共催)
(連催) [詳細]
2020-02-28
15:25
北海道 北海道大学
(開催中止,技報発行あり)
Make Your Presentation Better: Oral Presentation Support System using Linguistic and Acoustic Features
Shengzhou YiUTokyo)・Takuya YamamotoOsamu YamamotoYukiyoshi KatsumizuHiroshi YumotoP&I)・Xueting WangToshihiko YamasakiUTokyoITS2019-53 IE2019-91
 [more] ITS2019-53 IE2019-91
pp.317-322
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2019-12-06
13:55
東京 NHK放送技術研究所 [ポスター講演]ラベリング作業を必要としないsequence-to-sequence音響特徴量推定手法の有効性
栗原 清清山信正熊野 正NHKSP2019-37
End-to-end音声合成におけるsequence-to-sequence音響特徴量推定の入力として,読み仮名と韻律記... [more] SP2019-37
pp.49-54
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]情報指向遅延耐性ネットワークにおけるコンテンツルーティングの特性解析に関する一検討
南口宙太中村 遼大崎博之関西学院大
近年、無線通信の不確実さやネットワークトポロジの動的な変化などのさまざまな要因により、ノード間の通信リンクが断続するよう... [more]
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]断続的なリンクで接続された複雑ネットワークにおけるエンド-エンドルーティングの特性に関する一検討
大西美知加南口宙太大崎博之関西学院大
DTN (Delay/Disruption-Tolerant Networking) は、無線通信の不確実さやネットワー... [more]
SP 2019-08-28
14:40
京都 京都大学 [ポスター講演]End-to-End型テキスト音声合成におけるWaveNetボコーダの学習についての調査
安原和輝林 知樹戸田智基名大SP2019-14
本稿では,End-to-Endテキスト音声合成(E2E-TTS)におけるWaveNetボコーダの学習についての調査を行う... [more] SP2019-14
pp.31-36
ITE-HI, ITE-SIP
(共催)
MVE
(連催) [詳細]
2019-06-10
10:30
東京 東京大学 山上会館2F Impression Prediction of Oral Presentation Using LSTM with Dot-product Attention Mechanism
Shengzhou YiXueting WangToshihiko YamasakiUTokyoMVE2019-1
 [more] MVE2019-1
pp.1-6
 94件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会