お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-01-25
16:45
ONLINE オンライン開催 OD-ICAを利用した圧縮センシング脳波計測フレームワークにおけるICAアルゴリズムの比較
奥村 渡兼本大輔毎田 修廣瀬哲也阪大VLD2020-52 CPSY2020-35 RECONF2020-71
無線型の脳波計測装置における軽量化及び長時間の測定を可能にするには、脳波計の消費電力削減が必要となる。そこで我々は圧縮セ... [more] VLD2020-52 CPSY2020-35 RECONF2020-71
pp.75-79
EST 2021-01-21
11:15
ONLINE オンライン開催 リードフィールド行列に基づいた脳波源の位置推定に関する特性評価
森寺峻義ラシド イサム平田晃正名工大EST2020-57
近年,医療・産業分野において生体信号の有効活用が進んでいる.脳が活動した際,灰白質では神経物質の受け渡しが行われ,その際... [more] EST2020-57
pp.22-27
EMT, IEE-EMT
(連催)
2019-11-08
13:40
佐賀 ホテル春慶屋 リードフィールド行列に基づいたMatching Pursuit法による脳活動部位推定に関する実験評価
森寺峻義伊藤孝弘和坂俊昭名工大)・木田哲夫愛知県医療療育総合センター)・平田晃正名工大EMT2019-68
近年,医療・産業分野において脳活動から生じる生体信号の有効活用が進んでいる.脳が活動した際,灰白質では神経物質の受け渡し... [more] EMT2019-68
pp.207-212
MW, EST, OPE, MWP, EMT
(共催)
IEE-EMT, THz
(連催) [詳細]
2019-07-19
10:25
北海道 函館市中央図書館 Matching Pursuit法を用いた脳波源推定におけるノイズ耐性の評価
森寺峻義伊藤孝弘平田晃正名工大EMT2019-34 MW2019-47 OPE2019-38 EST2019-36 MWP2019-34
近年,医療・産業分野において脳活動から生じる生体信号の有効活用が進んでいる.脳が活動した際,灰白質では神経物質の受け渡し... [more] EMT2019-34 MW2019-47 OPE2019-38 EST2019-36 MWP2019-34
pp.161-166
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) Beamforming for Brain-Activity Reconstruction under Time-Correlated Interference
Takehiro KonoKeio Univ.)・Masahiro YukawaKeio Univ./Riken)・Tomasz PiotrowskiNicolaus Copernicus Univ./Interdisciplinary Center for Modern TeEA2018-116 SIP2018-122 SP2018-78
 [more] EA2018-116 SIP2018-122 SP2018-78
pp.99-104
MBE, BioX
(共催)
2017-07-29
11:15
徳島 徳島大学 視覚定常性誘発電位を用いたブレインコンピュータインターフェースシステムの実用化を目指して
定久裕和夏目季代久九工大BioX2017-14 MBE2017-23
将来的なヒューマンインターフェースとして脳波が考えられているが,その実用化にあたっては様々な問題がある.本研究では,視覚... [more] BioX2017-14 MBE2017-23
pp.25-30
MBE, BioX
(共催)
2017-07-29
16:50
徳島 徳島大学 没入型ヘッドマウントディスプレイと浮遊感覚が脳波に与える影響
梅澤俊介・○堀江亮太芝浦工大BioX2017-22 MBE2017-31
本研究では,入院環境において常にベッドで生活し視覚的な刺激が少ないことから生じるストレスを低減する方法として,リラックス... [more] BioX2017-22 MBE2017-31
pp.69-72
MBE, NC
(併催)
2017-03-14
15:50
東京 機械振興会館 没入型ヘッドマウントディスプレイと生体信号を用いた仮想ライブ体験システムの開発
和田みなみ渡部恵梨堀江亮太芝浦工大MBE2016-102
本研究では,ユーザの脳波や心拍数と連動して仮想ライブ映像に視覚的エフェクトが出現する仮想ライブシステムを提案,開発した.... [more] MBE2016-102
pp.95-98
MBE, BioX, NC
(共催)
2016-10-22
13:45
大阪 大阪電気通信大学 音楽聴取時における脳波の瞬時周波数の個人差
堀江亮太芝浦工大)・武 祥行HASBioX2016-25 MBE2016-39 NC2016-24
短い音楽聴取時の脳波において個人差を表す特徴量を調べた.曲の進行を反映した脳波の変化を時間で積算した特徴量として,各電極... [more] BioX2016-25 MBE2016-39 NC2016-24
pp.45-50
MBE, NC
(併催)
2016-03-23
16:00
東京 玉川大学 ウェアラブル脳波計を用いた実環境における歩行中のワークロードの推定
横田悠右NICT)・田中真悟宮本章尋澤村義肢)・成瀬 康NICTNC2015-108
脳におけるワークロードを知ることができれば,ヒトの内的状態の評価に役立つ.
これまでの研究では,脳のワークロードを推定... [more]
NC2015-108
pp.223-228
MBE 2015-01-22
11:15
熊本 熊本大学 独立成分分析とフィルタリングによる脳波の体動アーチファクト除去手法の検討
鬼鞍和輝伊良皆啓治九大MBE2014-95
本研究では,オンライン性を考慮しつつ非拘束下における脳波計測の信頼性を向上させるために,独立成分分析およびハイパスフィル... [more] MBE2014-95
pp.13-16
MBE, NC
(併催)
2014-11-21
14:20
宮城 東北大学 脳波を用いた感性の定量化と応用に関する基礎検討
古賀 理吉村奈津江Abdelkader Nasreddine Belkacem辛 徳神原裕行小池康晴東工大MBE2014-60 NC2014-30
近年、コンピュータのもつインターフェースにおける使いやすさに対する関心が高まっている。脳波(EEG)は使いやすさを評価す... [more] MBE2014-60 NC2014-30
pp.11-15(MBE), pp.27-31(NC)
MBE, NC
(併催)
2012-03-15
13:45
東京 玉川大学 異なる感覚モダリティをSTOP信号として用いた手指の随意運動中断タスクにおける脳電位計測
福田浩士樋脇 治広島市大NC2011-160
本研究では脳電図(EEG)を用いて,手指の等尺性運動中に視覚または体性感覚で停止信号が与えられたときの運動の中断に関連し... [more] NC2011-160
pp.227-232
MBE, NC
(併催)
2011-11-25
10:25
宮城 東北大学 大学院工学研究科 信号源推定を用いた脳波から筋活動信号の再構築
吉村奈津江東工大)・ダサーラ チャールズ サヨ花川 隆国立精神・神経医療研究センター)・佐藤雅昭ATR)・小池康晴東工大NC2011-78
脳波(EEG)を用いたブレイン・マシン・インタフェース(BMI)研究ではこれまで動作や運動パターンの識別は実現されていた... [more] NC2011-78
pp.35-40
NC 2011-07-26
09:55
兵庫 神戸大学大学院工学研究科 視覚刺激によるアルファ波位相変調の検出
成瀬 康NICT)・瀧山 健東大)・岡田真人東大/理研)・梅原広明NICTNC2011-33
近年,脳波よって計測される周期的自発活動は,認知状態に応じて脳の部位間での同期性が変わることが数多く報告され,注目を集め... [more] NC2011-33
pp.71-74
WIT 2010-08-05
15:15
東京 NHK放送技術研究所 [招待講演]脳インターフェースは誰が使うのか
森 浩一岡田美苗国立障害者リハビリテーションセンター)・岡 さち子国立障害者リハビリテーションセンター/総研大)・丸岡稔典国立障害者リハビリテーションセンターWIT2010-22
医学の進歩によって,重度身体障害者が人工呼吸をしながら在宅での生活を選択することが増えている.このような状態での生活の質... [more] WIT2010-22
pp.25-30
NC, MBE
(併催)
2009-11-13
14:20
宮城 東北大学 A Topographic Analysis of Human Scalp Alpha EEG by the Complex-valued ICA
Zhan ZhangNorihiro KatayamaKazuma WatanabeTohoku Univ.)・Hiroto NakataniDENSO)・Akihiro KarashimaMitsuyuki NakaoTohoku Univ.MBE2009-69
 [more] MBE2009-69
pp.41-46
NC, MBE
(併催)
2009-03-13
10:35
東京 玉川大学 刺激に同期及び非同期した脳波成分の抽出手法の一般化
武田祐輔佐藤雅昭ATR)・山中健太郎野崎大地山本義春東大NC2008-166
反応時間課題中の脳波が示すように、脳波にはキュー刺激に同期した成分[Stimulus-locked component ... [more] NC2008-166
pp.371-374
MBE 2007-10-11
13:25
大阪 大阪電気通信大学 性格傾向と情緒刺激下での脳機能変化との関連性
水野(松本)由子林 拓世岡本永佳兵庫県立大)・石井良平阪大)・鵜飼 聡篠崎和弘和歌山県立医科大)・稲田 紘兵庫県立大MBE2007-55
個人のパーソナリティの特徴が、幼少期における両親の養育姿勢によって影響を受けることは、以前より指摘されている。本研究では... [more] MBE2007-55
pp.21-22
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会