お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 58件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMM, IT
(共催)
2021-05-21
13:35
ONLINE オンライン開催 DCT係数の統計的な偏り観測における二重JPEG圧縮履歴解析に適した特徴成分選出に関する考察
竹下大地栗林 稔舩曵信生岡山大IT2021-12 EMM2021-12
スマートフォンやカメラなどで写真を撮影すると,撮影された画像は保存時にJPEG圧縮される.そして,その画像を加工する際は... [more] IT2021-12 EMM2021-12
pp.66-71
US 2021-02-22
17:15
ONLINE オンライン開催 薄層を介して送受信される超音波の理論モデルとその活用
燈明泰成東北大US2020-75
音波が薄層を通過する際,音圧透過率と反射率は周波数依存性を示し,共鳴周波数において前者は最大値を,後者は最小値を示す.本... [more] US2020-75
pp.41-44
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
10:50
ONLINE オンライン開催 減衰係数の振動数依存性を考慮したネット炎上対策技術
菊地伸一会田雅樹都立大NS2020-43
活性化が著しいオンラインソーシャルネットワークでは,ネット炎上に代表されるような爆発的なユーザダイナミクスがしばしば発生... [more] NS2020-43
pp.9-14
MBE, MICT
(共催)
2020-01-25
14:40
熊本 KKRホテル熊本 表面筋電の特徴抽出のためのウェーブレット係数集合のシフト選択法
永井秀利九工大MICT2019-49 MBE2019-78
表面筋電信号の特徴分析のために一般的に用いられているRMS や平均パワー周波数などは,設定した窓区間の平均的な特性を表し... [more] MICT2019-49 MBE2019-78
pp.51-56
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2019-07-17
14:50
北海道 札幌市民交流プラザ(札幌市) 特徴量に基づいた楽曲の自動要約に関する一検討
菊池雄大青木直史土橋宜典北大EA2019-19
本稿では,自動で楽曲の要約を行う手法について述べる.楽曲には繰り返しの構造が存在し,特徴量の変化の様子をもとにその繰り返... [more] EA2019-19
pp.99-102
US 2018-10-04
11:15
宮城 東北大学 基板付き薄膜共振子からの新規kt2評価法と従来法の比較 ~ 共振周波数比法、変換損失法、共振スペクトル法、共振反共振法 ~
戸塚 誠柳谷隆彦早大US2018-52
圧電薄膜を用いたBAW共振子の最終的な性能を決定付けるパラメータとして電気機械結合係数がある.電気機械結合係数(kt2)... [more] US2018-52
pp.19-24
SP 2018-08-27
11:35
京都 京都大学 [ポスター講演]嚥下障害診断における嚥下音からの咽頭残留判定
内野達貴橋詰 淳勝野雅央戸田智基名大SP2018-27
嚥下障害の診断法には,X線透視装置による咽頭残留量測定が用いられるが,硫酸バリウム等の造影剤を誤嚥する危険性もあり,小規... [more] SP2018-27
pp.23-27
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2018-07-24
13:00
北海道 北海道大学 [ポスター講演]楽曲の特徴量に基づいた楽曲内部の類似度の計算に関する一検討
菊池雄大青木直史土橋宜典山本 強北大EA2018-4
本論文では,楽曲要約を提供するための楽曲類似度の計算手法について述べる.従来研究として,楽曲の音響信号から最も繰り返し現... [more] EA2018-4
pp.19-23
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2017-12-14
15:10
沖縄 アートホテル石垣島 時間計測アプリケーションに向けた抵抗レスで面積利用効率の高い超低電力フルオンチップ弛張発振器
浅野大樹廣瀬哲也尾崎年洋黒木修隆沼 昌宏神戸大CAS2017-98 ICD2017-86 CPSY2017-95
本稿では,時間計測アプリケーションに向けた抵抗レスで
面積利用効率の高い超低電力フルオンチップ弛張発振器を提案する.
... [more]
CAS2017-98 ICD2017-86 CPSY2017-95
p.141
RCS, SR, SRW
(併催)
2017-03-01
13:10
東京 東京工業大学 複数事業者間における利用率を考慮した基地局共用方式の一考察
村上 誉NICT/東大)・沢田浩和石津健太郎児島史秀NICT)・森川博之東大SR2016-91
第5世代移動通信システム(5G)で導入されるマイクロセル基地局は,その小さなセルの特性ゆえにエリアを面的にカバーすること... [more] SR2016-91
pp.1-8
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2016-02-19
11:15
沖縄 沖縄大学 ブリルアンゲインスペクトル形状モデルに基づく円環の円周方向ひずみ計測
成瀬 央・○小川武志西野隆典三重大OFT2015-67 OPE2015-232
本報告では、ブリルアンゲインスペクトル(BGS)周波数シフトのひずみ依存性を利用した光ファイバひずみ計測を用いた、円環の... [more] OFT2015-67 OPE2015-232
pp.67-71(OFT), pp.93-97(OPE)
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2015-05-20
12:30
沖縄 沖縄産業支援センター 表面筋電のウェーブレット係数に基づく筋活動量評価値を用いた前腕多動作識別
吉村恭介永井秀利中村貞吾九工大HCS2015-28 HIP2015-28
我々は,筋電義手の開発を目指している.表面筋電のノイズ低減にはウェーブレット縮退の活用が効果的であることから,我々の従来... [more] HCS2015-28 HIP2015-28
pp.181-186
NC, MBE
(共催)
2015-03-16
15:50
東京 玉川大学 適応ノイズキャンセラにおける係数平滑化
金森隼斗戸田尚宏愛知県立大MBE2014-126 NC2014-77
適応フィルタによる適応ノイズキャンセラを用いる際,最小二乗法に基礎を置く適応アルゴリズムによって,パルス状信号に加わった... [more] MBE2014-126 NC2014-77
pp.57-62
EMCJ 2015-03-06
13:55
東京 機械振興会館 近傍電磁界用キャップ型電波吸収体の吸収量推定精度の改善に関する解析的検討
川崎友也須賀良介青学大)・前田益利宇野 誠ウイセラ)・橋本 修青学大EMCJ2014-104
これまでに集積回路保護用キャップ型電波吸収体の吸収量推定法が提案されているが,同手法では製作誤差や電波吸収体の配置位置誤... [more] EMCJ2014-104
pp.13-16
MW, ICD
(共催)
2015-03-05
13:45
福井 福井大学 LC並列結合回路を用いて帯域幅偏差を抑制したリコンフィギャラブルバンドパスフィルタ
加藤 匠小林綾介齋藤哲成山尾 泰電通大MW2014-209 ICD2014-122
近年,携帯通信端末は通信システムの国際化および大容量化の対応が求められ,割当られた広い範囲の周波数帯に対応できるよう,複... [more] MW2014-209 ICD2014-122
pp.37-42
RCS, SR, SRW
(併催)
2015-03-04
14:30
東京 東京工業大学 [パネル討論]周波数有効利用に向けたスペクトルセンシング技術の研究開発
上原一浩NTTSR2014-120 SRW2014-46
情報通信端末が広く世の中に普及し,無線の利用は増加の一途を辿っており,5G and beyondの世界に向けても周波数有... [more] SR2014-120 SRW2014-46
p.59(SR), p.7(SRW)
WPT 2015-02-13
13:55
神奈川 YRPセンター1号館ホール 電磁誘導と磁界共振の中間的な構成による電力伝送のシミュレーションと実験 ~ 二次側のみに共振構成を有する電力伝送モデルを理論的に検証する ~
牛嶋昌和ネオテス)・湯浅 肇エイコー)・荻野 剛ネオテスWPT2014-89
磁界共振というと一次側と二次側に共振構造を持つものが広く検証されていて,共鳴フィールドを形成していると言われているが,実... [more] WPT2014-89
pp.7-12
AP, RCS
(併催)
2014-11-14
09:55
山形 山形大 米沢キャンパス ストリートセルモデルにおける直交円偏波MIMOの伝搬特性解析
大場郁弥齋藤寛史石川博康日大)・北藪 透中野雅之KDDI研AP2014-147
電波の偏波方式の一つで,時間の経過と共に電界の振動方向を表す偏波面が回転する円偏波は,互いに直交関係にある右旋円偏波と左... [more] AP2014-147
pp.103-108
MoNA, CQ
(併催)
2014-09-12
14:45
宮城 石巻市河北総合センタービッグバン(石巻市) アンテナ毎のピーク電力を考慮した帰還型MIMOシステムにおける帰還ビット誤り影響下での送信重み制御手法に関する検討
大木雄介牟田 修古川 浩九大CQ2014-64
送受信空間フィルタを用いるMIMO空間分割多重伝送において,各アンテナ素子から送信可能な電力(送信ピーク電力)が制限され... [more] CQ2014-64
pp.141-146
MICT, WBS
(共催)
2014-07-29
12:30
大阪 大阪市立大学 文化交流センター [ポスター講演]ストリートセル簡易モデルにおける円偏波MIMOの伝搬特性評価
大場郁弥石川博康日大)・北藪 透中野雅之KDDI研WBS2014-17 MICT2014-31
電波の偏波方式の一つで,時間の経過と共に電界の振動方向を表す偏波面が回転する円偏波は,互いに直交関係にある右旋円偏波と左... [more] WBS2014-17 MICT2014-31
pp.45-50
 58件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会