お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 166件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, NWS
(併催)
2021-01-21
16:20
ONLINE オンライン開催 [招待講演]映像会議のDXを支えるネットワーク基盤技術の動向
鎌村星平NTTNS2020-115
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] NS2020-115
p.30
NS, NWS
(併催)
2021-01-22
14:45
ONLINE オンライン開催 UAV-mounted Cloudletシステムにおけるリレー通信を用いた通信資源と計算資源の割当に関する一検討
島田隼人川本雄一加藤 寧東北大NS2020-119
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] NS2020-119
pp.53-58
CQ, CBE
(併催)
2021-01-22
09:30
ONLINE オンライン開催 実験環境構築が容易なエッジコンピューティングテストベッドの実装と評価
山中広明寺西裕一河合栄治永野秀尚原井洋明NICTCQ2020-91
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] CQ2020-91
pp.104-109
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-26
15:25
ONLINE オンライン開催 [招待講演]データ特性に応じて組み換え可能なモジュール型エッジコンピューティング基盤の開発と高機能暗号化技術の応用
渡邉英伸近堂 徹広島大)・大東俊博東海大NS2020-75 CQ2020-47 ICM2020-26
筆者らは,多様化するデータトラフィックに対する処理をモジュール化して広域ネットワーク上に能動的に配置することで,デバイス... [more] NS2020-75 CQ2020-47 ICM2020-26
pp.4-8(NS), pp.4-8(CQ), pp.38-42(ICM)
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-27
14:25
ONLINE オンライン開催 Named Data Networkingにおけるエッジコンピューティング資源探索に関する一検討
近藤大嗣谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2020-85
コネクテッドカーや仮想現実,拡張現実等のアプリケーションを実現する手法の1つとして,Named Data Network... [more] NS2020-85
pp.56-61
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2020-11-17
10:45
ONLINE オンライン開催 AIアクセラレータReNAへのYOLO実装
上村斗真中原康宏尼崎太樹木山真人飯田全広熊本大VLD2020-22 ICD2020-42 DC2020-42 RECONF2020-41
代表的なAI処理である物体検出は,高い精度で画像や映像の中のものが何であるかを認識できるため,様々な分野で注目されている... [more] VLD2020-22 ICD2020-42 DC2020-42 RECONF2020-41
pp.66-71
CS 2020-11-06
14:20
ONLINE オンライン+中央・野々市公民館
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
[依頼講演]AECCにおけるコネクティッドカー向けエッジコンピューティング技術の標準化動向
古澤 徹トヨタ自動車CS2020-62
ネットワークに接続された車であるコネクティッドカーの普及により,様々な車両向けコネクティッ ドサービスの実現が期待されて... [more] CS2020-62
pp.75-80
RCS 2020-10-23
10:25
ONLINE オンライン開催 移動体による地産地消データ配信システム ~ 車・車間通信システムのモデル化とシミュレーションによる検証 ~
宮田博司有本和民岡山県立大RCS2020-103
自動車の自動運転・安全運転支援に利用されるダイナミックマップデータのうち準静的、準動的データは車両などにより収集され利用... [more] RCS2020-103
pp.58-62
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-10
13:10
ONLINE オンライン開催 [招待講演]5G×エッジコンピューティングの技術動向
小野佑大KDDIIN2020-22
ネットワークの末端部に当たるエッジ環境へコンピューティングリソースを配備し,データトラフィックの削減,並びにネットワーク... [more] IN2020-22
pp.1-6
CQ 2020-09-03
13:30
大阪 大阪大学中之島センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Development of a crop monitoring system using edge computing
Yilong ChenCelimuge WuTsutomu YoshinagaUECCQ2020-38
 [more] CQ2020-38
pp.21-25
IN, CCS
(併催)
2020-08-03
13:50
ONLINE オンライン開催 タスクの失敗最小化のためのエッジコンピューティングにおけるモビリティを考慮したタスクオフローディングの研究
中島 涼関谷勇司東大IN2020-15
近年,Internet of Things(IoT)の発展など, ネットワークへの要求が高まっている.そこでユーザに近い... [more] IN2020-15
pp.37-42
MI, IE, SIP, BioX
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2020-05-28
15:40
ONLINE オンライン開催 AIカメラによるリアルタイム顔検出を用いた人数計測デバイス
武部晃季秋田純一金沢大
半導体技術の進歩によって,深層学習で用いられるニューラルネットワーク演算を高速に実行できる小型・安価なデバイスが現れ,エ... [more]
NS 2020-04-17
10:20
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]A Reliable Cooperative Operation Platform based on Mobile Edge Computing
Qinghao LiuTakafumi MoritaUTokyo)・Yoshihisa KishiyamaKensuke MiyachiTakahiro AsaiNTT Docomo, INC.)・Ping DuAkihiro NakaoUTokyoNS2020-5
 [more] NS2020-5
pp.43-49
LOIS 2020-03-12
11:05
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
エッジコンピューティングにおける見守りと効率的時系列データ抽出を両立した分散能動学習
税所 修柏木啓一郎齋藤由唯藤野知之NTTLOIS2019-73
エッジコンピューティング,特に生体信号などを対象とするものにおいて,通信帯域,従量課金のクラウ ドデータ容量を踏まえると... [more] LOIS2019-73
pp.97-101
NS, IN
(併催)
2020-03-05
11:40
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
多段階情報処理システムにおけるエッジノード間VM移動制御による性能改善
安食拓海村瀬 勉名大IN2019-95
本稿では、多段階情報処理システムにおいて、VMを適切なエッジノードにダイナミックに移動させることで、正確性の全プログラム... [more] IN2019-95
pp.115-120
NS, IN
(併催)
2020-03-06
09:30
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
コア/ペリフェリー構造に基づくネットワーク型複合現実サービスの実装と評価
高木詩織荒川伸一村田正幸阪大NS2019-218
近年、IoTの進展に伴い、数多くの新しいネットワークサービスが登場しており、サービスの応答性を向上させるためにMEC (... [more] NS2019-218
pp.221-226
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-05
16:25
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
直近計算結果に基づくApproximate Computingを用いた画像のエッジ検出手法の提案と有効性評価
尾地 肇宇佐美公良芝浦工大VLD2019-121 HWS2019-94
Approximate Computing (AC)は計算誤差を許容することにより消費エネルギーを削減する.とくに画像処... [more] VLD2019-121 HWS2019-94
pp.157-162
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-05
15:30
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
[依頼講演]スマート・ユーティリティ、スマート・シティの発展を支えるWi-SUN FAN技術
大澤武郎アイトロンSRW2019-75
IEEE802.15.4g/e/x規格をベースとするWi-SUN FAN技術は, スマート・ユーティリティ, スマート・... [more] SRW2019-75
pp.81-86
SWIM 2020-02-21
16:25
東京 機械振興会館 フォグコンピューティングにおけるセンサデータ管理方式の提案
工藤 司静岡理工科大SWIM2019-31
IoTの進展に伴い,大量のセンサがインターネットに接続されるようになっている.センサデータを効率的に転送するために,セン... [more] SWIM2019-31
pp.39-45
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-24
13:55
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 多様な画像への応用に向けたストカスティック数を用いたエッジ検出手法
篠崎直人宇佐美公良芝浦工大VLD2019-87 CPSY2019-85 RECONF2019-77
ストカスティックコンピューティング(SC)はビット列中の1の存在確率を値とした近似演算手法である.SCの演算ではストカス... [more] VLD2019-87 CPSY2019-85 RECONF2019-77
pp.199-204
 166件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会