お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 297件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2021-07-03
13:35
ONLINE オンライン開催 言語学習を対象とした自学自習システムの研究 ~ 関連研究と脳波収集システムの開発 ~
梅澤克之湘南工科大)・中澤 真会津大短大部)・小林 学早大)・石井雄隆千葉大)・中野美知子平澤茂一早大ET2021-6
本研究の目的は,言語学習を統一的な枠組みで捉え,相手(学習者)を感じて助言を行う人工教師を搭載した自学自習システムを開発... [more] ET2021-6
pp.7-12
ET 2021-03-06
12:30
ONLINE オンライン開催 GitHub Flow を考慮した Git 学習 Web アプリケーションの開発
木下透弥新永悦司久松潤之阪電通大ET2020-55
現在、ソフトウェアの開発にはバージョン管理システムの利用が欠かせないものとなっている。バージョン管理システムの中で、現在... [more] ET2020-55
pp.23-28
ET 2021-03-06
15:00
ONLINE オンライン開催 ビジュアル型言語とテキスト型言語の学習状況の比較
梅澤克之湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大ET2020-72
近年,プログラミングの入門としてビジュアル型のプログラミング言語が使われるようになってきている.その後はC言語やJava... [more] ET2020-72
pp.115-120
ET 2021-01-23
13:10
ONLINE オンライン開催 参加型・双方向授業モジュールへのAIチャットボット機能の実装
飯高敏和熊本学園大ET2020-46
筆者がこれまで開発してきた参加型・双方向モジュールに,筆者は今回,AIによるチャットボット機能を実装した.これまで開発し... [more] ET2020-46
pp.1-6
ET 2021-01-23
13:30
ONLINE オンライン開催 coil式学習法を利用した英単語学習webシステムの提案および評価
木下透弥久松潤之阪電通大ET2020-47
本稿では、coil(Combination Of Initial Letters)式学習法を利用した英単語学習
web... [more]
ET2020-47
pp.7-12
ET 2020-12-12
12:30
ONLINE オンライン開催 コンセプトマップを利用した動画視聴型eラーニング支援システムの開発
佐藤秀真羽山徹彩長岡技科大ET2020-37
学ぶための場所や時間を選ばないeラーニングは,学習者の利便性が非常に高く,広く普及されてきたが,国内外で終了率の確保が重... [more] ET2020-37
pp.17-22
ET 2020-03-07
13:25
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
eラーニングシステムとVR授業システム視聴中の視線特徴の分析
中村修也東京理科大)・卯木輝彦フォトロン)・赤倉貴子東京理科大ET2019-81
本稿では,ビデオオンデマンド型eラーニングシステム利用時の学習者の視線と,開発したVR授業システム利用時の学習者の視線に... [more] ET2019-81
pp.29-34
ET 2020-03-07
10:35
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
音声認識を用いた語学学習補助モジュールの実装及び評価
川村裕介陳 春祥侯 仁鋒県立広島大ET2019-87
深層学習(Deep Lerning)の発達により,音声認識技術,音声合成技術の進歩は著しいものとなった.端末が音声からテ... [more] ET2019-87
pp.63-67
ET 2020-03-07
11:00
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
プログラミング演習を支援するe-ラーニングシステム
タンヤコンディロク ナッチャノン宮武明義篠山 学香川高専ET2019-98
本e-ラーニングシステムはWeb上でプログラミング演習と教育と学習を支援する。授業では、学習の進捗は個人差が大きいため、... [more] ET2019-98
pp.127-130
ET 2020-03-07
14:55
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
Web上で動作する四択出題システムの開発
竹原一駿香川大)・阿瀬川都樹香川高専)・富永浩之香川大)・宮武明義香川高専ET2019-104
近年,大半の学生がノートパソコンやスマートフォンをはじめとしたIT機器を保有している.
端末自体の小型化により,普段か... [more]
ET2019-104
pp.157-162
NS, IN
(併催)
2020-03-06
15:30
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
途上国のeラーニング支援のための遅延更新許容型Webキャッシュサーバ群における学習用コンテンツの転送方式
蔵下雄大高見一正創価大IN2019-147
2017年に学校に通えない子供は1憶2300万人であり深刻な問題である。その解決のため、オフラインで学習を支援する遅延更... [more] IN2019-147
pp.411-416
AP, WPT
(併催)
2020-01-23
15:00
香川 サンポートホール高松 [依頼講演]機械学習を活用した都市部伝搬損失推定における学習地点誤差が推定精度に与える影響
久野伸晃山田 渉佐々木元晴淺井裕介鷹取泰司NTTAP2019-160
複雑な関数形の導出を必要とせず任意の非線形関数への回帰が可能な機械学習を活用した伝搬損失推定モデルを検討してきた.本稿で... [more] AP2019-160
pp.55-60
DE, IPSJ-DBS
(連催)
2019-12-24
16:55
東京 国立情報学研究所(NII) Quasi-Recurrent Neural Networksを用いた複合時系列データ予測
坂崎雄一朗安達 凛六井 淳静岡県立大DE2019-32
近年, 様々な分野で時系列データ予想を行う研究が報告されている. 時系列データ予測において従来のRecurrent Ne... [more] DE2019-32
pp.93-98
HIP 2019-12-20
09:00
宮城 東北大学電気通信研究所 防災教育映像による学習が避難喚起音声の印象変化に与える影響
山高正烈愛知工科大)・渋谷 壮坂本修一鈴木陽一邑本俊亮東北大HIP2019-72
テレビやラジオ,屋外拡声放送等による災害避難勧告に対して,住民が避難行動を起こさない原因の一つに,「正常性バイアス」とい... [more] HIP2019-72
pp.41-46
ET 2019-12-07
13:35
東京 東京農工大学 深層的類似性を有する誤選択肢を含む多肢選択問題の作問支援環境の構築に向けた調査
高橋龍哉小川修史兵庫教大)・松田憲幸和歌山大)・平嶋 宗広島大)・瀧 寛和和歌山大ET2019-63
学習者の誤理解を修正させる観点で,正選択肢と誤選択肢の弁別を意識した多肢選択問題は有効である。筆者らは,誤選択肢と正選択... [more] ET2019-63
pp.27-32
ET 2019-12-07
15:00
東京 東京農工大学 教員アバターと受講者のインタラクションを実現させるVR授業配信システムの試作
中村修也東京理科大)・卯木輝彦フォトロン)・赤倉貴子東京理科大ET2019-66
本稿では,非同期型eラーニングを想定し,ヘッドマウントディスプレイ型VRを用いた授業配信システムについて述べる.本システ... [more] ET2019-66
pp.43-46
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-15
15:45
愛媛 愛媛県男女共同参画センター 配線幅および配線間距離を考慮した特徴量によるリソグラフィホットスポット検出
片岡 岳稲木雅人永山 忍若林真一広島市大VLD2019-51 DC2019-75
半導体製造工程の一つであるリソグラフィにおいて発生する,異常な短絡や開放を引き起こす確率の高い回路パターンのことをホット... [more] VLD2019-51 DC2019-75
pp.185-190
AP, SANE, SAT
(併催)
2019-07-19
16:20
宮城 東北大学 [依頼講演]機械学習を活用した伝搬損失の端末高特性推定法
久野伸晃山田 渉佐々木元晴中村光貴守山貴庸鷹取泰司NTTAP2019-45
複雑な関数形の導出を必要とせず任意の非線形関数への回帰が可能な機械学習を活用し,都市環境における端末高に対する伝搬損失特... [more] AP2019-45
pp.129-133
ET 2019-07-06
13:00
岩手 岩手県立大学 グループ分け反転授業における自習時の理解度について
梅澤克之湘南工科大)・石田 崇高崎経済大)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大ET2019-19
我々は,学生が自宅で自習を行うときに学習ログを取得し,学習時間と理解度の関係から学生を複数のグループに分類した上で教場で... [more] ET2019-19
pp.21-24
ET 2019-03-15
14:10
徳島 鳴門教育大学 データベースの演習授業を支援するWebアプリケーションの開発と実授業への適用
國本倫平久松潤之阪電通大ET2018-93
データベースを扱う授業において,演習を行うためには,学生の計算機にデータベースを操作する環境を 構築する必要がある.しか... [more] ET2018-93
pp.35-40
 297件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会