お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITS, IEE-ITS, IPSJ-ITS
(連催)
2019-09-06
15:50
東京 サニー貸会議室(東京) 緊急車両遭遇時における回避減速モデルの事前減速走行への応用
難波秀彰愛知県立大)・澤田 学デンソー)・小栗宏次愛知県立大ITS2019-12
緊急車両遭遇時に車車間通信が他のメデイアに比較して緊急車両の接近を周辺車両に早期に認知させる事 が報告されている。しかし... [more] ITS2019-12
pp.61-66
US 2019-04-15
15:00
東京 電気通信大学 定在波熱音響システムにおける駆動温度に関する検討 ~ スタック内加熱による低温度駆動の実現 ~
川島裕斗同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・大西 陸黒木大地白木一希倉田侑弥渡辺好章同志社大US2019-4
エネルギー問題や環境問題などの解決策として,熱音響システムが注目されている.熱音響システムとは,熱と音の相互エネルギー変... [more] US2019-4
pp.15-20
WBS, ITS, RCC
(共催)
2018-12-06
15:35
沖縄 宮古島平良港ターミナルビル(マリンターミナルビル)大研修室 サイレン音処理を用いた緊急車両の接近検知に関する研究
海老塚勇貴産総研/東京理科大)・加藤 晋産総研)・伊丹 誠東京理科大WBS2018-55 ITS2018-38 RCC2018-86
自動運転車両において緊急車両が接近した場合には,緊急車両の走行を優先させる義務があるため,一時停止や道を譲るなどの運転操... [more] WBS2018-55 ITS2018-38 RCC2018-86
pp.153-158
SSS 2017-03-21
13:00
東京 機械振興会館 MRI検査における音環境の改善に向けた骨伝導通話システム
高橋康次郎武藤憲司芝浦工大)・八木一夫首都大東京SSS2016-31
MRI装置は人体の断層画像を得る医療診断装置であり,駆動音が100dB以上になる場合がある.騒音下で医師と被験者が通話す... [more] SSS2016-31
pp.1-4
US, EA
(併催)
2016-01-29
11:15
大阪 関西大学 100周年記念会館 電車内放送における最適音量制御指針の検討
斉藤 肇金田 豊東京電機大)・山本 聡家口孝一八幡電気産業EA2015-61
列車の走行中等の非常に大きな騒音下では,電車内放送が聞き取りづらくなる問題が生じる.この問題の解決法として音量の増加が考... [more] EA2015-61
pp.39-44
US, EA
(併催)
2015-01-29
13:00
京都 同志社大学 アレイトランスデューサのインピーダンス特性を考慮した駆動回路に関する研究
神保勇人後藤功太吉澤 晋梅村晋一郎東北大US2014-88 EA2014-66
低侵襲なガン治療法として強力集束超音波(HIFU)が注目されており,治療の高効率化が課題のひとつである.この解決策として... [more] US2014-88 EA2014-66
pp.75-79(US), pp.39-43(EA)
US, EA
(併催)
2013-01-25
14:20
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 凸端駆動による縞モードたわみ振動板型空中超音波音源の開発 ~ 凸端部を中央以外にした場合の基礎検討 ~
松本達也三浦 光日大US2012-108
空中に強力な超音波を放射する音源として平板の縞モードたわみ振動を利用した空中超音波音源がある.これまで,この音源は駆動点... [more] US2012-108
pp.113-118
EA 2012-10-27
14:15
富山 牛岳温泉リゾート(富山) [ポスター講演]自動車安全運転に有効なオーディオシステムに関する基礎的検討
三石真宏草川彰宏降旗建治信州大EA2012-66
近年,自動車の安全性向上を目指した研究や技術開発が盛んに行われている.しかし,深刻な交通事故は後を絶たない.従来から自動... [more] EA2012-66
pp.7-12
WIT 2012-03-09
11:00
茨城 筑波技術大学 倍音構造とピーク強調を用いた警告音の認識
板垣達也松本哲也竹内義則工藤博章大西 昇名大WIT2011-72
本研究では車外の警告音を認識してドライバーに伝えるシステムを提案する.システムは警告音の倍音構造の存在を示す倍音らしさと... [more] WIT2011-72
pp.13-18
US 2011-11-24
16:15
静岡 東海大学清水キャンパス 海洋学部1号館2階大会議室 パラメトリックスピーカにおけるキャリア超音波低減法
原 祥之堀野俊和野村英之鎌倉友男電通大US2011-75
近年,空気の非線形性に起因する有限振幅超音波の自己復調を用いて,非常に鋭い指向性の可聴音を再生できるパラメトリックスピー... [more] US2011-75
pp.53-58
US 2010-04-22
13:20
東京 電気通信大学創立80周年記念会館リサージュ3Fホール キャリア超音波の低減を目的としたパラメトリックスピーカの駆動方法
原 祥之前川陽州野村英之鎌倉友男電通大US2010-1
近年,空気の非線形性に起因する有限振幅超音波の自己復調を用いて,非常に鋭い指向性の可聴音を再生できるパラメトリックスピー... [more] US2010-1
pp.1-4
EA, US
(併催)
2010-01-25
15:00
大阪 関西大 パラメトリックスピーカ用位相反転駆動 ~ 超音波エミッタの配置が音場に与える影響 ~
菊地 哲前川陽州原 祥之鎌倉友男野村英之酒井新一電通大US2009-95 EA2009-103
従来の動電型スピーカに比べて格段に鋭い指向性を持つパラメトリックスピーカは,
その有用性が確認され,実用化されてきてい... [more]
US2009-95 EA2009-103
pp.43-46(US), pp.25-28(EA)
US 2008-11-27
14:45
静岡 東海大学(清水校舎1号館2階会議室B) キャリア超音波の音圧低減を目的としたパラメトリックスピーカ用位相反転駆動
菊地 哲愛甲英寿鎌倉友男野村英之酒井新一電通大US2008-63
従来の動電型スピーカに比べて格段に鋭い指向性を持つパラメトリックスピーカは,その有用性が確認されているが,依然として超音... [more] US2008-63
pp.13-16
NC, MBE
(併催)
2008-03-14
15:30
東京 玉川大学 パルスニューロンモデルによる音情報からの車両接近検出
藤角岳史岩佐 要マウリシオ クグレ黒柳 奨岩田 彰名工大)・中村友之秋田時彦アイシン精機)・渡辺文弘原口哲之理トヨタ自動車NC2007-186
近年,運転者の認知不足による交通事故が事故原因の多くを占めており,問題となっている.これに対して人間の聴覚は,死角領域か... [more] NC2007-186
pp.439-444
NC 2007-03-16
11:40
東京 玉川大学 パルスニューラルネットワークを用いた音源定位システムの自動車への適用に関する研究
小瀬龍太岩佐 要マウリシオ クグレ黒柳 奨岩田 彰名工大
近年,自動車の交通事故増加が問題となっている.事故の種類としては,交差点での出会い頭が最も多く,事故原因は運転者のわき見... [more] NC2006-205
pp.103-108
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会