電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2019-11-09
15:40
広島 広島市立大学 ニホンオオカミの狼子の形状復元とニホンオオカミの群れの移動観察システムの開発
北中浩之板倉七海原田利宣和歌山大ET2019-55
ニホンオオカミの剥製は世界に4体しか存在しておらず,そのうち1体は和歌山大学が所蔵している.現在,その剥製は和歌山県立自... [more] ET2019-55
pp.43-48
MVE, ITE-HI
(連催)
2018-06-15
16:20
東京 福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター(会場変更になりました) 全天周画像群による実写VR空間の高品位化手法に関する研究
大橋 敢水口直哉鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2018-11
博物館では,全天周画像を用いたデジタルアーカイブデータをVR展示することで,対象への理解を深める試みがなされている.しか... [more] MVE2018-11
pp.173-178
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2015-07-02
14:00
東京 東京大学山上会館 視聴覚刺激による映像追体験システムでの鑑賞動作の誘発・誘導
大澤壮平田中遼平鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2015-12
過去に撮影された映像を,撮影者のカメラワークを追体験させながら鑑賞者に提示することで対象への理解が深まることが知られてい... [more] MVE2015-12
pp.29-34
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2015-03-06
13:30
福島 小名浜オーシャンホテル (福島県いわき市) デジタルアーカイブ作成を前提とした民具データベースの構築
羽生敏英宮田純子神奈川大)・森住哲也ネッツエスアイ東洋)・木下宏揚神奈川大SITE2014-77 IA2014-109
近年, 博物館でのデジタル化が進んでいるが, 各博物館の持つ資料情報をインターネット上で公開するデジタルアーカイブの公開... [more] SITE2014-77 IA2014-109
pp.215-220
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2014-07-01
11:00
東京 東京大学 山上会館(本郷キャンパス) 現地追体験型AR展示における並進移動誘発手法の基礎的検討
佐藤潤一井村 純鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2014-17
筆者らは,過去に撮影された風景を現在の風景と重ね合わせ,その場で過去の風景を自由に見渡すことのできる「現地追体験型AR展... [more] MVE2014-17
pp.23-28
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(併催) [詳細]
2013-01-23
09:30
京都 京都大学 デジタルミュージアム実現のための間接的展示技術
脇田 航田中弘美立命館大PRMU2012-87 MVE2012-52
近年,VR技術の発達に伴い,文化財を多感覚情報で多面的に計測・モデル化し,インタラクティブに展示する技術や,鑑賞支援等を... [more] PRMU2012-87 MVE2012-52
pp.41-44
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(併催) [詳細]
2013-01-23
17:10
京都 京都大学 バーチャル山鉾巡行のための6自由度振動台の利用とその評価
李 亮立命館大)・崔 雄群馬高専)・八村広三郎立命館大PRMU2012-100 MVE2012-65
筆者らの研究グループは,京都デジタルミュージアムの一環として,没入型立体視環境,3D音響再現環境,振動プラットフォームの... [more] PRMU2012-100 MVE2012-65
pp.169-173
IMQ 2012-10-12
15:20
京都 京都工芸繊維大学 工繊会館 [特別講演]京都工芸繊維大学美術工芸資料館収蔵染織関連資料の画像DB化と化学分析から分かること
佐々木良子佐々木 健京都工繊大IMQ2012-18
京都工芸繊維大学美術工芸資料館の染織関連資料調査研究委員会では,2003年より所蔵染織関連資料の確認と写真撮影,染織技術... [more] IMQ2012-18
pp.23-26
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2012-06-27
11:15
東京 東京大学山上会館 VRにおけるスケールと動作音のリアリティの関係性の研究
大原寛司荒川卓也上田雅道木山 亮鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2012-22
VR展示では実物とは異なるスケールで展示物を提示できるが,スケールを変えた展示物に実スケールの音を付加することが必ずしも... [more] MVE2012-22
pp.79-84
MVE, HI-SIG-VR
(連催)
2011-10-14
14:40
北海道 稚内総合文化センター 立体的織物文化財のリアルタイムかつ直接的VR展示システム
脇田 航立命館大)・赤羽克人東工大)・一色正晴愛媛大)・田中弘美立命館大MVE2011-51
近年,文化財を多感覚情報を用いて多面的にデジタルアーカイブ化し,デジタル技術を用いてより効果的に提示するためのデジタルミ... [more] MVE2011-51
pp.109-114
HIP 2011-07-24
10:25
富山 富山国際会議場 1次元の高周波パターンを用いた光透かし技術
小森瑞穂上平員丈神奈川工科大HIP2011-35
実物体の被写体の肖像権を保護する技術として光透かし技術を研究している.光透かし技術は光の中に目に見えないように透かし情報... [more] HIP2011-35
pp.37-40
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2011-01-21
15:20
滋賀 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 時間変化を考慮した画像に基づく鑑賞者の位置推定 ~ 博物館における検討 ~
河治寿都河村聡一郎山崎俊彦相澤清晴東大PRMU2010-185 MVE2010-110
本研究では,博物館内における鑑賞者が辿った経路の推定手法を提案した.本提案では,博物館などの展示会場内の位置情報を付加し... [more] PRMU2010-185 MVE2010-110
pp.291-296
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2011-01-21
18:25
滋賀 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス デジタルミュージアム構築のための通り景観復原 ~ 京都の三条通を事例に ~
矢野桂司瀬戸寿一立命館大)・河原 大速水貞彰キャドセンターPRMU2010-199 MVE2010-124
本研究は「祇園祭のデジタル・ミュージアム」において重要な,現在と過去の京都の通り景観のコンピューターグラフィックスを作成... [more] PRMU2010-199 MVE2010-124
pp.383-385
MVE, ITE-HI
(連催)
2010-06-29
15:50
東京 東京大学山上会館 デジタル展示ケースを利用した背景情報を伝達する博物館展示
梶波 崇林 織部鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2010-35
本研究では,従来からの博物館展示の形式を踏襲しつつ,デジタル技術によって展示物の背景情報を伝達可能にするデジタル展示ケー... [more] MVE2010-35
pp.67-72
MVE 2010-05-15
11:55
京都 京都産業大学 ミュージアムにおける鑑賞体験を反映した個人別リーフレットの提案
ソン ヨンア橋田朋子東大)・筧 康明慶大)・苗村 健東大MVE2010-19
博物館や美術館などのミュージアムにおいて,鑑賞者から如何にしてフィードバックを得るか,そしてそれをどうやってサービスに結... [more] MVE2010-19
pp.67-68
MVE 2010-03-12
10:35
神奈川 東芝科学館 インタラクティブなデジタル展示ケースに関する基礎的研究
梶波 崇林 織部鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2009-132
本研究では従来から博物館にある展示形態の一つである展示ケースに注目し,従来の展示ケースと同じ文脈で利用できるデジタル展示... [more] MVE2009-132
pp.15-18
MVE 2010-03-12
14:20
神奈川 東芝科学館 展示物の関連性によりミュージアム空間を拡張する展示ガイドシステム
杉田 馨中洲俊信山内康晋東芝MVE2009-137
博物館や美術館などミュージアムの展示支援を目的とした実空間拡張型展示ガイドシステムを提案する.展示室に設置された展示物を... [more] MVE2009-137
pp.41-44
MVE 2010-03-12
17:30
神奈川 東芝科学館 全方位カメラによる位置参照画像群を用いた屋内位置推定 ~ デジタルミュージアムでの鑑賞者の行動記録に向けて ~
畑田晃希河治寿都山崎俊彦相澤清晴東大MVE2009-141
複数視点設備負担や利用者負担の観点から,屋内において簡易に位置推定を行うことは容易ではない.我々は,全方位カメラ画像から... [more] MVE2009-141
pp.57-61
MVE 2010-03-12
18:00
神奈川 東芝科学館 前面投影型方向依存ディスプレイの提案と複合現実展示への応用
大島 遼筧 康明慶大MVE2009-142
ミュージアムにおける展示支援おいて,展示物に対してさまざまな観点からの付加情報を,自然な形で重畳提示する方法が求められて... [more] MVE2009-142
pp.63-64
MVE 2009-11-12
17:15
大阪 大阪工業大学 大阪センター デジタルミュージアム利用を考慮した観覧体験レコーダーの提案と試作
山本恭大久原政彦遠藤 守伊藤 誠中京大)・横井茂樹名大MVE2009-69
リアルミュージアムでの貴重な観覧体験を追体験することは通常困難である.本研究ではリアルミュージアムでの体験をデジタルミュ... [more] MVE2009-69
pp.35-36
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会