お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SAT
(併催)
2021-08-27
14:30
ONLINE オンライン開催 容量制約付きフロントホールを用いたスケーラブルセルフリー大規模MIMOのためのアンテナ構成及び受信機設計
安藤研吾電通大)・飯盛寛貴アブレウ ジュゼッペJUB)・高橋拓海阪大)・石橋功至電通大RCS2021-114
本稿では,フロントホール接続に通信容量制約があるスケーラブルセルフリー大規模 MIMO (CF-mMIMO: Cell-... [more] RCS2021-114
pp.79-84
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2021-03-26
11:20
ONLINE オンライン開催 レジスタ転送レベル回路における故障診断容易化のためのコントローラの制御信号のドントケア割当て法
土渕航平細川利典日大)・山崎浩二明大CPSY2020-62 DC2020-92
近年の半導体微細化技術の進歩に伴い,超大規模集積回路において,故障解析は歩留まりの向上のために重要である.被疑故障を事前... [more] CPSY2020-62 DC2020-92
pp.73-78
ICTSSL, CAS
(共催)
2020-01-30
13:10
東京 機械振興会館 [招待講演]MOSアナログLSI回路のサインオフ検証の適正化
小川公裕サクセスインターナショナルCAS2019-70 ICTSSL2019-39
MOSアナログ回路の設計歩留まりを保証するためのサインオフ検証では、デジタル回路のサインオフとは異なる検証方法が必要な事... [more] CAS2019-70 ICTSSL2019-39
pp.35-41
QIT
(第二種研究会)
2017-11-17
10:50
埼玉 埼玉大学 Parameter Estimation of Quantum States from Optimal Design of Experiments
Jun SuzukiUEC
 [more]
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2014-02-28
09:55
石川 山代温泉 瑠璃光(石川県) ストリームデータの利用とプライバシー保護に関する倫理的考察 ~ 「気持ち悪さ」と健康見守りサービス ~
川口嘉奈子千葉大SITE2013-66 IA2013-91
近年、ビッグデータを利用するサービスが広く展開されてきている。また、そうしたデータを分析することで初めて明らかになるさま... [more] SITE2013-66 IA2013-91
pp.109-114
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2011-11-29
17:00
宮崎 ニューウェルシティ宮崎 [基調講演]リソグラフィの歴史と今後の展望
野嶋茂樹東芝VLD2011-81 CPM2011-161 ICD2011-93 CPSY2011-48 DC2011-57 RECONF2011-49
リソグラフィ技術は,半導体を微細化するために大きな役割を担ってきた技術の一つである.例えばリソグラフィ工程で用いられる露... [more] VLD2011-81 CPM2011-161 ICD2011-93 CPSY2011-48 DC2011-57 RECONF2011-49
p.171(VLD), p.65(CPM), p.65(ICD), p.33(CPSY), p.171(DC), p.45(RECONF)
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2009-12-03
13:45
高知 高知市文化プラザ テスト容易性と救済可能性を考慮した歩留まりモデルに関する考察
天野雄二郎吉川祐樹市原英行井上智生広島市大VLD2009-54 DC2009-41
LSI の微細化による過渡故障および永久故障の増加に伴い,LSIチップの歩留まり低下と市場不良の増加が問題となっている.... [more] VLD2009-54 DC2009-41
pp.89-94
WBS, SIP
(共催)
2007-08-07
09:05
高知 高知グリーン会館(2階,グリーンホール) WLS Design of Odd-Order Variable Fractional-Delay Filters Using Coefficient-Symmetry
Tian-Bo DengToho Univ.SIP2007-73 WBS2007-22
可変非整数遅延(Variable Fractional-Delay: VFD)ディジタルフィルタはディジタル通信における... [more] SIP2007-73 WBS2007-22
pp.7-12
CAS, SIP, VLD
(共催)
2007-06-22
11:30
北海道 北海道東海大学 札幌キャンパス マルチメディアホール Power Constrained IP Core Wrapper Design with Partitioned Clock Domains
Thomas Edison YuTomokazu YonedaNAIST)・Danella ZhaoUnive. of Louisiana)・Hideo FujiwaraNAISTCAS2007-25 VLD2007-41 SIP2007-55
 [more] CAS2007-25 VLD2007-41 SIP2007-55
pp.37-42
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会